映画評「激突!」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1972年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

昨年の9月2日にブログを立ち上げたので今日で丸1周年ですが、映画評は9月3日からなので今日は365日目でもあります。そこで記念すべき一作をということで、この傑作中の傑作を取り上げることにしました。

映画史的なところから始めれば、これはスピルバーグの出世作である。当時25歳だったと思う。僕はどえらい新人が出たなと思い、スピルバーグはとんでもない天才だから今後注目していなさいと喧伝したが、果たしてその通りハリウッド一の監督になった。
 しかし、米国以外では劇場公開されたが、元々はTVムービーであるということに耳を疑った。TVでこの質の高さはわが日本ではとても考えられないからである。

スピルバーグの殊勲も相当なものだが、この作品の最大の功績者は脚本のリチャード・マシスン。「ヘルハウス」や「ある日どこかで」といった面白いお話を書いた作家兼脚本家である。勿論この作品が生涯のベスト1であろう。

平凡なうだつの上がらないセールスマン、デニス・ウィーヴァーが山岳地帯の一本道でのろのろと走っているディーゼル・タンクローリーを追い抜く。すると今度は猛スピードで追いかけてくるので、先に行かせてやるとまたのろのろ。
 「この野郎」と思って抜いた後、ガソリンスタンドで一服していると、あろうことか相手もそこに立ち寄る。
 せいぜい日常的なレベルだった嫌がらせによる不安が凶暴性による恐怖に変わる瞬間である。いかれたラジエーターを直さなかったつけも後で廻ってくる。

本作の最も優れたところは、極めて日常的な行為に恐怖を見出した着眼点である。そこがスピルバーグのもう一本の代表的ホラー映画と見做される「ジョーズ」と決定的に違う。「ジョーズ」もサスペンス醸成は優れているが、元来怖い鮫が主題では全く比較にならない。着想の妙から言えば「鳥」に匹敵するのは本作である。
 恐らく似たような話を考えた人はいるだろうが、マシスン以外は単純で直線的な話を膨らますだけの才能がなかったということであろう。エピソードの数々が非常に優れていて、タンクローリーに追いかけられるというだけの話をもってこれだけの恐怖映画に仕立てたことは賞賛に値する。

それを映像化する演出家が凡庸ではその芸術的な脚本も死んでしまうが、スピルバーグの演出がまた際立っている。主観、客観ショットを縦横無尽に交えたカメラワーク。そしてショットの繋ぎが抜群で、その為サスペンス醸成は圧倒的と言って良い。
 特に圧巻なのは、次の場面である。

タンクローリーが先にレストランを出る。後からゆっくり車を走らせていると、エンジントラブルのバスがあって応援を頼まれる。が、彼の乗るおんぼろプリマスではどうにもならない。徒労の後ふと見上げると、例のタンクローリーがこちらに向いて待っている。この瞬間の恐怖たるや声もない。
 さらに、バスから離れ後ろを振り返るとタンクローリーが親切にもバスを押している。ここぞチャンスとスピードを上げ距離を作り、長い貨物列車に塞がれた踏切で停車していると、突然車が後ろから押される。この場面のショックと続くサスペンスにも肝が冷やされる。
 ここまで来ると、もはや芸術の域と言うべし。

さて、本作を語る時に忘れてならないのは、タンクローリーの運転手が最後まで姿を見せないことである。運転手がどんな顔のどんな人物か解らないので、恐怖は必要以上にあおられる。マシスンはこのアイデアだけで天才と評しても差し支えないのだが、マシスンの脚本には隠し味があった。いや隠し味どころかそれが狙いであったはずだ。狙いとは何か。

タンクローリーも遂には崖から落下して最期を遂げる・・・マンモスの末期のような悲鳴をあげて。そう、マシスンは最初からこのタンクローリーを原始時代のマンモスに見立てていたのである。だから、運転手の顔を一切見せなかったのだ。一度見せれば観客はこのタンクローリー自体を生き物と捉えることが出来なくなる。マシスンは、現代の人間対人間の対決を原始人対マンモスの対決に置き代え、人間の本能的闘争心に迫ろうとしていたのである(主人公が恐妻家で、ラジオでは【生存競争が嫌で家にいる夫】の話が流れている。これも伏線となっている)。

主人公はタンクローリーが落ちた瞬間にマンモスを仕留めた原始人のように欣喜雀躍する。しかし、数分後には現代人の表情になり空しく崖の下に向って石を投げている。彼はこの1日で現代から原始時代へそしてまた現代へとタイムスリップしたのだ。サスペンス以外に大したドラマがないように見えるこの作品にも、実はこんな壮大な心の時間旅行があったわけである。

"映画評「激突!」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント