映画評「トラ・トラ・トラ!」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1970年アメリカ=日本映画 監督リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二
ネタバレあり

元々は黒澤明の単独監督で進行していた戦争映画だが、完全主義が災いして途中で降板、結局米国側をリチャード・フライシャー、日本側は舛田利雄と深作欣二が監督に当たることになった。いずれも実録ものが巧い監督であり、なかなか良い選択だったように思う。

昭和16(1941)年12月8日(米国時間7日)、日米双方の交渉が決裂した結果、日本軍は連合艦隊司令長官・山本五十六(山村聡)の総指揮の下に真珠湾を奇襲する。

日米の駆け引きを描く前半は、日米双方を独立させて扱う場面が多く各シーンの長さが足りず緻密さを欠く憾みがあるが、そんなことはどうでもいいと思えるくらい、真珠湾攻撃の模様が凄まじい。
 映画全体としては評判の芳しくない「パール・ハーバー」の戦闘場面もなかなか優秀だったが、本作ではCGは勿論、模型や映像の合成に頼らず、全て本物の飛行機と船(後記:巨大なミニチュアは本物に準ずる、としておきます)を使っており、その迫力たるや戦争映画史上最高と言っても良い。
 実際に破壊される飛行機の数メートル横で本物の人間が動いているが、合成は一切ない。スタントマンとは言え、よくこんな場面が撮れたもので、この映画の6年後に作られた「ミッドウェイ」が古い実写フィルムの使い回しでがっくりさせられたのとは対照的である。今のように役者のギャラが高騰していない時期の3300万ドル(固定相場制時代、約120億円)という製作費は伊達ではないことを思わせる。

完全な日米合作で、日本側の脚本は黒澤明のものが大きく変更なく使われ、名人・小国英雄と菊島隆三が参画しているので、日本側の描写に不具合がないのも嬉しい。

アメリカ側では、太平洋艦隊司令長官キンメル大将にマーティン・バルサム、ショート陸軍中将にジェースン・ロバーズ、スティムスン陸軍長官にジョゼフ・コットン、E・G・マーシャル、日本側では山村の他、南雲忠一海軍中将に東野英治郎、三橋達也、田村高広ら。どちらかと言えば通好みの配役が楽しめる。

"映画評「トラ・トラ・トラ!」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント