映画評「下り坂」

☆☆★(5点/10点満点中)
1927年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第4作。
 「下宿人」で成功を収めた直後のヒッチコック作品だが、スリラー映画ではなく一般ドラマである。ヒッチコックにとって、この当時は5本に1本ほどしか作りたい作品が作れなかった時代である。原作は主演しているイヴォー・ノヴェロの戯曲。

ロンドンの学生イヴォー・ノヴェロが女給に盗みの疑いを持たれて放校となる。真犯人は友人と知っての身代わりである。
 ヒッチコックは、ここで下りエスカレーターを映して彼の凋落を象徴している。サイレント的と言えばそれまでだが、ヒッチコックのシャープな感性が感じられる最も印象的な場面である。

ダンスホールやらいかがわしい場所で働き、やがてマルセイユの船の中で倒れる。何とか回復した彼は、結局実家に戻り、許される。

といった内容は取り立てて何と言うこともない。「ヒッチコック/映画術」によれば、上映時間122分、IMDbでは80分となっているが、僕の観たバージョンは83分である。恐らく現存のフィルムでは80分前後ということになるのだろうが、本当のオリジナルは120分前後なのであろう。そのせいなのか、物語が進行してもなかなかエモーションが増幅していかない。もしそうだとしたら大変残念である。

後記(2006年11月14日記す)
その後上映時間について考え、どうも昔の映写機のスピードがかなり遅かったのであろうという結論に至る。30%遅いと相当ゆっくりした感じだろう。

"映画評「下り坂」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント