映画評「レベッカ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1940年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第24作。「鳥」の原作者であるダフネ・デュ・モーリアの長編小説の忠実な映画化である。

内気なアメリカ娘(ジョーン・フォンテーン)が英国貴族の中年紳士ド・ウィンター(ローレンス・オリヴィエ)と結婚するが、男は謎の死を遂げた先妻レベッカへの思いに囚われいて、レベッカを神のように崇めている召使ダンヴァース夫人(ジョディス・アンダースン)が比較し嫌がらせをするので、そうでなくても上流階級の生活に萎縮している彼女はすっかり脅えきってしまう。

というのが中盤までのお話で、霧の中から現れる大きな屋敷といったロマンティックなムードがよろしく、振り向くとそこにいるという演出が為されているダンヴァース夫人の不気味さが恐怖を醸成する。しかし、それ自体は決して絶賛するほどのものではなく、若妻を演ずるジョーン・フォンテーンの演技と一体となった時凄みを覚えると言うべきである。

さて、後半になると趣きが変る。
 難破船と同時に発見されたヨットからレベッカの死体が発見され、ド・ウィンターが新妻に語ったその死を巡る真相は、彼女が考えていたこととはまるで違い、この瞬間に彼女は大人になり、寧ろ夫を守護する立場に変っていく。
 ド・ウィンターが回想する場面は、当時を再現せずにリアルタイムのカメラを動かすことだけで、彼の心理を際立たせる演出が鮮やか。トリュフォーもこの点を指摘していたように思う。

終盤ミステリー的な趣向が出て来るが、全体としては「嵐が丘」の伝統を感じさせるゴシック小説的メロドラマで、大衆作品の良さが十二分に発揮されていることが功を奏してアカデミー作品賞を受賞した。
 しかし、ヒッチコックはこの受賞を喜ばず「私はオスカーを獲ったことはない」と言っている。「作品賞は製作者のものだ」という意味だろうが、セルズニックの製作作品においてはヒッチコックも最終編集権を持っていず、「製作者のセルズニックが最終的に編集したので、私の作品とは言えない」というニュアンスも十分考えられる。

ジョーン・フォンテーンとジュディス・アンダースンを同時に収めた構図などショットには優れたものが多く、僕はヒッチ御大自身よりはこの作品を買っているが、ジョーンなしにここまでの手応えはなかったと思う。

"映画評「レベッカ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント