映画評「コンスタンティン」

☆☆★(5点/10点満点中)
2005年アメリカ映画 監督フランシス・ローレンス
ネタバレあり

CGにも派手なアクションにもキアヌー・リーヴズにも強い興味を覚えない一般的なファンには、「マトリックス」のオカルト版と紹介するのが手っ取り早い。
 再び暗い英雄を演じることになったのは俳優リーヴズ君にとっては不幸以外の何ものでもないが、莫大なギャラが手に入るのだからそんなことは構わないか。

さて主人公コンスタンティンが私立探偵感覚のエクソシスト(悪魔祓い師)というのが新機軸。
 しかも彼には悪魔と天使を見る力があり、それを苦にして自殺未遂を起こして以来20年間死を待つ暮らしを続けている。カトリックの教え通り自殺した者は地獄行きらしいが、地獄には行きたくないし、どうも悪魔達が不穏な動きをしているので寿命を長くしてもらいたいなどと思っているところへ、彼と同じ立場のイザベラ(レイチェル・ワイズ)の自殺を知った双子の姉妹で刑事のアンジェラ(レイチェル二役)が絡んで来る。

信心深くない仏教徒に過ぎない僕には地獄も天国もどうでも良く、結局CGを使ったぎらぎらした映像を見せたいだけと思えてくる(実際その通りだろう)。
 あれだけものものしい登場の仕方をした<槍>の扱いも疑問で、狂言回しにでもすれば面白くなっただろうに。

堕天使であるルシファーや悪さのし過ぎで人間になってしまう大天使ガブリエル(ティルダ・スウィントン)が絡んで来る辺りが、昔「ファウスト」や「フォースタス博士」といった戯曲を読んだ人間にとり一応の興味をそそる部分だが、それなら80年前のサイレント映画「ファウスト」(F・W・ムルナウ監督)のほうがずっと面白い。

"映画評「コンスタンティン」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント