映画評「大脱走」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1963年アメリカ映画 監督ジョン・スタージェス
ネタバレあり

35年前にTVで初めて観て以来5年に一度くらいの割合で観ているが、いつ観ても面白い。初公開時に本作を紹介した43年前の「スクリーン」誌を持っていたが、どこに行ったか。ハイビジョンでの鑑賞は今回が初めて。

第2次大戦中、脱走常習犯ばかりを集めた難攻不落と思われる新しい捕虜収容所に、ジェームズ・ガーナー、スティーヴ・マックィーン、ジェームズ・コバーン、チャールズ・ブロンスン、デーヴィッド・マッカラムといった英米空軍の捕虜が送られて来る。ドイツ軍を混乱させる為リチャード・アッテンボローを作戦参謀とする250名が脱走を計画し、実行する。

というお馴染みのお話で、マックィーンが野球のボールを使って死角を捜したり壁の強度を調べたりする序盤から、ガーナーがドイツ人から財布を奪う中盤など見せ場の連続だが、特に土を外に持ち出す作戦の面白さとスリルが抜群。

そしていよいよ作戦決行する段になってプロンスンが閉所恐怖症の弱みを発揮したり、偽造係のドナルド・プレズンスが突然失明したり実行に支障をきたす事件が続くのだが、脱走して三々五々になってからの旅程のスリルとサスペンスもジョン・スタージェスのカットバック宜しく文句なく楽しめる。特にマックィーンがバイクで疾走する姿には今でもしびれてしまう。
 戦争映画だけでなく一般の脱獄映画を含めて文句なくNo.1に推したい脱走ものの決定版であります。

映画としての面白さとは別に、収容所所長ハンネス・メッセマーの人間性が瞬時に分ってしまう序盤の場面が印象深い。何故なら彼は役立たずとして最後に失脚してしまうからである。彼はどんな人間か。ヒトラーを嫌悪する人道主義者である。

"映画評「大脱走」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント