映画評「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2004年アメリカ=ドイツ=イギリス映画 監督ケヴィン・スペイシー
ネタバレあり

最近伝記映画が妙に多いが、これはクルト・ワイルの名曲「メッキ・メッサー」の英語版カバー「マック・ザ・ナイフ」で知られるお馴染みの歌手で、映画「突撃隊」などに出演した俳優としても知られたボビー・ダーリンの、セミ・ミュージカル形式の伝記映画である。題名はダーリンの代表曲による。

生来の心臓病で15歳までしか生きられないと告げられた彼は、母親ポリー(ブレンダ・ブレッシン)の勧めでシナトラを超える歌手を目指す。
 「スプリッシュ・スプラッシュ」で成功すると、61年映画にも進出、「九月になれば」で共演したサンドラ・ディー(ケイト・ボズワース)と結婚するが、お互い人気者同士のすれ違い人生で一人息子をもうけて破局。
 クラブでの歌手活動など不遇の時代が到来、ベトナム戦争の泥沼化で彼自身も自ら政治に首を突っ込みプロテスト・ソングを披露するが、古いファンからは相手をされない。そして、ベガスで華やかな世界に戻って成功した直後37歳の若さで夭折する。しかし、死んだのは<歌手ボビー・ダーリン>ではない。

主演のケヴィン・スペイシーが共同製作、共同脚本と監督を兼ねているが、心臓病を病み、母親から強い影響を受け、若手女優と結婚して破局、素顔を晒して成功その直後の死という人生行路がピーター・セラーズの伝記映画「ライフ・イズ・コメディ」と似ていているだけではなく、幻想を交えた演出も似ている。
 こちらの幻想は、晩年のダーリンが自身の過去を回想するという形式で進行する為に少年時代のボビー自身が対話役として現れるだけで、変装役者を演じている役者が、演じている変装役者よろしく変装して主人公を批判する(それでいて実際には内面モノローグという)複雑な二重構造になっていた前述作ほどの面白味がなく、幕切れで僅かに意味を見出せる程度。

ミュージカル場面の洗練度は今一つだが、姉と思っていたニーナ(キャロライン・アーロン)が実の母と判明する辺りは気取らずに素直に処理したのが却って胸に迫る。

ケヴィン・スペイシーはダーリンを演ずるには(映画の冒頭で言われたように)老けすぎだが、歌は上手い。60年代のアイドルで昨年亡くなったサンドラ・ディーに扮したケイト・ボズワースは似ているような似ていないような感じだが、なかなか雰囲気を出している。

"映画評「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント