映画評「ロープ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1948年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第34作。

アメリカで実際にあった殺人事件をモチーフにパトリック・ハミルトンが起こした舞台劇を映画用に脚色して作られた異色スリラーで、実際の事件をベースに作られた「強迫/ロープ殺人事件」やそのリメイク「完全犯罪クラブ」もある。「模倣犯」はそのヴァリエーションと言って良い。

二人の頭脳明晰な男ジョン・ドールとファーリー・グレンジャーが自らの優越性を示す為だけに同期生を絞殺し、道具箱に詰める。
 その箱が置いてある部屋でやがてカクテル・パーティーが始まり、その中には被害者の両親もいて、さらに箱をテーブルに見たてて食事までする。ところが、パーティーが終った後彼らの理論に影響を与えた教授ジェームズ・スチュワートに彼らの異常な犯罪が見破られてしまう。

というお話は、死体の上で食事をしたり、ネズミを絞め殺す話をしたり、本をロープで縛る、といった異常性の積み重ねでかなり面白いが、この作品がヒッチコック最大の問題作である所以はそれには全く関係がない。

映画を実際に観られた方ならお気付きであろうが、ヒッチは80分の長編をワン・カットで撮るという離れ業に挑戦したのである。実際にはプロローグの1カットと、本編の2カット、計3カットの1シーンで組み立てられているが、1カットで映画を撮ることがどれくらい離れ業かと言うと、野球で27のアウトを全て三振で取ることに匹敵するであrろう。
 まずフィルムは1巻約10分であるから物理的に1カットで撮る事は不可能。それをヒッチコックは人物の後ろ姿のアップで繋げることで誤魔化した。
 それ以上に難しいのは、スタッフの作業である。僅かなミス(例えばスタッフのフレーム・イン、同時録音時の関係ない音の発生)が一巻を丸ごとに無駄にしてしまう。映画俳優にとっても簡単なことではないが、舞台俳優なら10分くらい何ということはないはずだ。

しかもヒッチコックは映画の進行と一致する時間経過を如実に示す為に大きな窓から外が見える舞台(スタジオ撮影、背景は書割り)をわざわざ用意し、夕方から夜にかけての1時間半の外の刻々たる変化を表現しているが、結論から言うとこの部分が一番気に入った。ライティングの苦労は想像を絶する。

さて、この無謀とも言える挑戦には功罪がある。
 功は、何と言っても、映画が完全にリアルタイムに進行すること、役者に緊張感が与えることである。
 また映画に舞台的な効果が与えられるが、これは映画殊にスリラー映画にはマイナス。ロングショットばかりを使うわけには行かないので、舞台のように瞬時に全体の空間が把握出来ず、人物や物を繋いでいくうちに無駄が生じ、ひいては観客に緊張感を失わせかねない危険性をはらむ。ショックは連続性の中からは生みにくい、ということもよく分る。

だからと言ってこの作品に価値がないということにはならない、それどころか、ワンカットで映画を撮る時に発生する問題を示して後世に名を残した。言い換えれば、映画の良し悪しはカット編集の巧拙によりほぼ決まるという映画の本質を如実に示した<偉大なる失敗作>なのである。

因みに、ビデオを使えば物理的には簡単にワンカットの作品を作ることができる。ヒッチコック以来それに挑戦したのがアレクサンドル・ソクーロフ監督「エルミタージュ幻想」。撮影は大変だっただろうが、美術好きな方が大きな美術館を巡っている時に覚えるかもしれないタイム・スリップ感覚を表現したような内容故に、違和感なく面白い作品になっていた。

"映画評「ロープ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント