映画評「歌行燈」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1943年日本映画 監督・成瀬巳喜男
ネタバレあり

泉鏡花の代表作である同名小説を劇作家・久保田万太郎を脚色、成瀬巳喜男が映画化した秀作。
 成瀬は戦中に当時の戦意高揚ムードに対して反骨精神を示しつつ、そこに留まらず優れた映像表現力を証明した。この作品もそうした一本に数えられる。

明治30年代、謡名人と鼻を高くしている按摩・宗山をやり抜いて自殺に追い込んだ東京の若き謡名人・恩地喜多八(花柳章太郎)が父親(大矢市次郎)から勘当され、博多節の門付に落ちぶれるが、身分を隠して死んだ宗山の娘・お袖(山田五十鈴)に謡を教えたことから紆余曲折の末勘当を解かれる。

真の芸道の厳しさと縁の不思議さが織り成す物語は妙味に溢れ、原作にも通じる幽玄なタッチが見事。戦中故にベストテンや賞などには縁がなく、当時の評価を知るべくもないが、鏡花ファンでもある僕の目には適う。僕は、所期の狙いをいかに完成度高く映像化できたかを評価の第一とする立場であるので、当時としても古めかしい物語とは言え、高く評価したい。

"映画評「歌行燈」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント