映画評「バルカン超特急」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1938年イギリス映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック長編第22作で、「三十九夜」と並ぶ英国時代の傑作だが、日本で公開されるのは製作の38年後1976年のことである。

舞台は東欧の某国。雪に閉じ込められた宿屋で老婦人ミス・フロイ(メイ・ホィッティ)やアメリカの富豪令嬢アイリス(マーガレット・ロックウッド)など主要な登場人物が紹介された後、一同はロンドン行きの列車に乗り込むが、アイリスがうとうとしている間に同室になったミス・フロイが姿をくらます。他の乗客は彼女の存在を否定し、精神科医(ポール・ルーカス)は序盤で植木鉢を頭に受けた後遺症と決め付けるが、民謡研究の青年(マイケル・レッドグレーヴ)だけはアイリスを信じ、二人で車内を探すうちに、英国諜報活動を阻止しようと企むナチス・ドイツの脅威に晒されることになる。

ミステリー仕立ての巻き込まれ型サスペンスだが、ヒッチの諸作品の中でも細工の面白さが目立つ。老婦人が口すざむメロディーの使い方、ミス・フロイを狙ったのにアイリスに当たる植木鉢、列車の窓ガラスに書かれたミス・フロイの名前の扱い、窓に張り付くティーバッグ、突然飛び出す看板など、枚挙にいとまない。
 それらが一体となってスリル、サスペンス、ユーモアを醸成し、我々を興奮へと誘う。

しかし、この作品の最もヒッチらしい部分はどこかと言えば、ラスト5分であろう。ドラマ構成上のハイライトと言うべき銃撃戦の後に繋ぎの短い場面を加えるのが定石だが、彼は次にいきなり大団円に持っていく。こうした特徴は後の傑作「北北西に進路を取れ」でも見られたが、省略の芸術家ヒッチコックの真価ここに極まる、と言って良い。こうした思い切った省略は勿論、小さな省略の積み重ねが展開をスピードアップし、含みを生む。ヒッチコックに関しては今さら言わずもがなである。

余談。
 この作品は池袋で初めて見た。ヒッチコックが健在だった79年5月のことだが、何しろ貧乏学生でTVもなく娯楽に飢えている時にこれだけ充実した作品を観てしまったのである、映画館から帰ろうとしたが興奮の余り足が震えて立ち上がれなかった。家に何とか帰着し映画評を書き始めた時最初に浮かんだ言葉が文字通り【血湧き肉躍る】であったのは、むべなるかな。
 そんな経験をしたものだから、冷静に判断すれば「三十九夜」「海外特派員」や「疑惑の影」の方が上かもしれないと思いつつ、この作品が常に僕にとってヒッチコックNo.1作品になってしまうのだ。

"映画評「バルカン超特急」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント