映画評「天国と地獄」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1963年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

黒澤明通算第21作(オムニバスの1編を除く)、戦後第17作。

世界に誘拐ドラマは数多いと言えど、これほど重厚な演出で見せ切った作品は例がないのではないか。原作は有名なエド・マクベインの犯罪小説で、「悪い奴ほどよく眠る」とほぼ同じ脚本メンバーである黒澤明、小国英雄、久板栄二郎、橋本忍の4人が見事に翻案した。<船頭多くして船が山に登らない>ところがこのメンバーの凄いところだ。

全財産を投げ打って会社の株の占拠を狙う靴会社の常務(三船敏郎)の息子が誘拐され、多額の身代金を要求される。実際に誘拐されたのは運転手の息子だが、彼は野望と人命の板ばさみに苦しむ。
 完璧な室内劇に徹した前半は見事である。緩む部分は全くない。

後半、犯人(山崎努)が徐々に姿を現し、警察の罠に犯人が嵌っていく。
 モノクロ映画にあって犯人探しの糸口となる赤い煙の鮮やかさ。犯人が東京の裏町を歩き続ける場面は些か冗長に見えるかもしれないが、必要な長さと言って良いだろう。彼が獲物を探す最下層地区(麻薬街)の描写は黒澤の得意としたところで、独自の凄みがある。とても日本とは思えない。

犯人は医師の家に生まれた人物だから、貧困を<地獄>と主張する彼の立場は説得力不足気味と言えないこともないのだが、犯罪映画として申し分ないと言って良い出来。

"映画評「天国と地獄」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント