映画評「用心棒」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1961年日本映画 監督・黒澤明
ネタバレあり

最初観た時は時間を忘れるほど楽しんだものだが、3回目になるとさすがにそれはない。

二組のヤクザが抗争している為に町民が大迷惑を被っている小さな町に、素浪人がやってきて、二つを一気につぶしてしまう、というお話は今さら説明するまでもないだろう。

「荒野の用心棒」「ラストマン・スタンディング」に留まらず、この作品のアイデアを使っている作品は数多い。後世に残した影響力は「七人の侍」の後塵を拝すものではない。

望遠撮影を駆使したシネマスコープの絵の見事さはスタンダードの「七人の侍」とはまた一味違う。映像のシャープさも増している。俯瞰で町ごと二組のやくざを収めるショットなど実に鮮やかで、殺陣の迫力も実は望遠使用によるものである。

三船敏郎も好演というよりは快演と言うべきで、「斬られると痛えぞ」といったとぼけた台詞に昔同様にこにこになる。

"映画評「用心棒」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント