映画評「けんかえれじい」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1966年日本映画 監督・鈴木清順
ネタバレあり

鈴木清順としては実に解りやすい作品で、高く評価する人が多い。公開当時はそういう空気がなかったが、80年代以降ならベスト10に入っていても不思議ではないと思える面白さがある。再鑑賞作品。

昭和10年、岡山の中学(現在の高校)で暴れん坊グループの一員として活躍していた高橋英樹がグループのリーダーになった途端に退学となり、会津の中学へ転校してそこでも大暴れするが、5・15事件に触発された彼はその足で東京を目指す。

硬派を気取り軟派とは付き合わずと宣言しながら、その実、間借りしている家のお嬢さん・浅野順子にメロメロになっている矛盾ぶりが楽しい。ロマンティストなのである。

二人が桜の下を歩く場面は移動撮影が美しい。喧嘩の場面の横移動や俯瞰撮影にも感嘆すべきものがままあり、撮影に関しては、こんな感性の人は世界広しと言えどそうそう見当たらない。

他方、突然の上京など余りに唐突の印象があったり、物語の展開に疑問がないわけでもないのがこの監督らしくもある。

"映画評「けんかえれじい」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント