映画評「タワーリング・インフェルノ」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1974年アメリカ映画 監督ジョン・ギラーミン
ネタバレあり

久しぶりに再鑑賞してみても、圧倒的に素晴らしかった。

手に汗を握り続け、退屈する暇など全くない。つまらない人間ドラマも説教臭さもない。人間の愚かさ(物質主義、過信、功利主義など)に軽く触れているだけで、あくまでいかに燃え盛る135階の超高層ビルから抜け出すかという一点に焦点を絞っている。こういう純粋な映画らしい映画がImdbでベスト250にかすってもいないというのはどういうことなのか。単に面白い映画では駄目という気取りがあるのだろう。

30年前の映画だから当然CGもないのだが、燃え盛る高層ビルのリアルな感触は今でも素晴らしい。それどころかCGでは寧ろ出せないリアルさがある。

次から次へと繰り出されるピンチの数々とそれを乗り越える知恵。超重量級サスペンス。パニック映画のパーフェクト・ゲームである。

"映画評「タワーリング・インフェルノ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント