映画評「世界の中心で、愛をさけぶ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2004年日本映画 監督・行定勲
ネタバレあり

★「今、会いにゆきます」WOWOW初放映記念第3弾★

流行を追わない僕は昨年の夏ごろまでこのタイトルを知らずにいたが、片山恭一の原作は何と300万部の大ベストセラーである。夏目漱石もそのくらい売れたらよいのに。さて、これは大ロマンスである。

婚約者の律子(柴咲コウ)に置手紙をされた朔太郎(大沢たかお)は彼女を探しに故郷の四国へ向かうが、故郷へ戻り探す間に15年前(1986年)の高校2年時代への追想にふけってしまう。
 高校生の彼(森山未來)は、優等生で運動能力も抜群の同級生・亜紀(長澤まさみ)と交際をするようになる。心境を綴ったテープ交換が微笑ましく、これがなかなかうまい小道具として使われている。しかし、幸福な日々は長く続かず、彼は白血病を発病し髪も抜けてしまった彼女を憧れであるオーストラリア中部に連れて行こうとするが台風で果たせず、彼女は最後の吹込みをする。
 動けない亜紀に代わってテープを運んでいたのは何と小学生時代の律子だったが、交通事故でテープを届けられないまま15年の月日が流れ、律子は彼女なりに苦悩の日々を送っていたらしい。彼は亜紀の死に面と向かわない自分を恥じ律子に済まないと思う。二人がやっと再会を遂げると、15年前にできなかった豪州訪問を果たし、ここに二人は遂に心から結ばれるのである。

テープが届けられない事件は1957年の「めぐり逢い」のヴァリエーションみたいのもの。些か不自然ではあるが、アイデアとしては悪くない。但し、律子を前段で出したことで主人公の性格に些かの疑問を挟む余地が生まれたことは否めまい。
 とにかく、現実主義に走っていた世界特に日本の文芸界・映画界にあってかかる大ロマンスが人気を得て、甘い韓国ドラマがブームになる理由も分かる。韓国作品ほど大げさな作りをしていないのも好感が持てる。主人公たちが方言を喋らないなどのリアリティのなさも【映画上のリアリティ】として許容範囲であろう。

"映画評「世界の中心で、愛をさけぶ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント