映画評「でーれーガールズ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・大九明子 ネタバレあり 大九明子監督シリーズ第5弾は、原田マハの同名小説を映画化した青春映画である。 舞台は、ヒロインがアイドルとする山口百恵が引退する1980年の岡山県。  お嬢様高校に進んだ東京出身の佐々岡鮎子(優希美青)が、慣れない方言を使いこなせず、周囲か…
コメント:0

続きを読むread more