映画評「私をくいとめて」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・大九明子 ネタバレあり 「勝手にふるえてろ」でミュージカルは心の声を表現しているという(当たり前の)ことを明確に示したことと、その軽みの感覚が大いに気に入った大九明子監督が、同じく綿矢りさの小説を映画化した。  パワーアップしてよりポップになったが、ポップさが増せば軽…
コメント:0

続きを読むread more