映画評「騙し絵の牙」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・吉田大八 ネタバレあり 新聞社を扱った映画は結構多いが、出版社の内幕を描く作品は殆ど観た記憶がない。作家を中心にしたものなら洋画で幾つかあるが。  本作は、塩田武士の小説を吉田大八監督が映画化した出版社内幕サスペンス。 出版社の大手・薫風社の社長が急死し、保守派と…
コメント:0

続きを読むread more