映画評「007/カジノ・ロワイヤル」(1967年版)

☆☆☆(6点/10点満点中)
1967年イギリス=アメリカ合作映画 監督ジョン・ヒューストン、ヴァル・ゲスト、ケン・ヒューズ、ロバート・パリッシュ、ジョゼフ・マクグラス
ネタバレあり

僕の記憶では日本のTVに初めて登場した007がこれである。前後編に分けて放映され、ほぼカットはなかったと思う。
 そそっかしい僕の級友がご本家と信じて“つまんない”と言っていたのを思い出す。僕もその時に観て、どう考えてもご本家ではないと理解できた一方、(心の中で)面白くないという意見にはほぼ同意していた。尤も、パロディ満載な本作の元ネタを全く知らない時代に観たので無理もないわけだが。

ジェームズ・ボンドが、同僚美人ヴェスパー・リンド(ウルスラ・アンドレス)と組み、カジノでソ連の組織スメルシュの在仏工作員ルシッフル(オースン・ウェルズ)とバカラの勝負をする、という原作の設定はちゃんと踏襲しているものの、それまでとその後は殆ど映画オリジナルと言って良い。

色々ふざけたアイデアがある中でも引退したご本人(デーヴィッド・ニーヴン)を含めて七人のボンドが出て来るというのが筆頭。そうなった経緯は、英米仏ソの代表が平和を求めて、ある組織を壊滅させるべく、出馬を依頼して来たから。
 マタ・ハリを死なせた過去がある彼は、彼女の間にマタ・ボンドという娘(ジョアンナ・ペティット)まで設けているが、今ではすっかり女嫌い(笑いどころであります)。そこで彼は女性に耐性のある女好きを代理に選ぶ作業に入り、バカラ名人のトレンブル(ピーター・セラーズ)を任命、カジノに派遣するわけである。

かくして本物以外のボンドは6人出て来るわけだが、一人は娘、一人は甥(ウッディー・アレン)。偽装ボンドは4人で、そのうちヴェスパーともう一人エージェント(ダリア・レヴィ)は女性。
 女性007が話題になっている(先週末公開されたらしいが、知らなかった。その前日に本作を鑑賞したのは全くの偶然。しかし、アマゾンプライム無償枠に本作とシリーズの一部が入って来たのはその為だろう)が、この映画のほうが50年以上も早かったと言えないこともない。

当時日本では全く無名だったアレン扮する甥の扱いがなかなか面白く、言わずもがなの幕切れは相当ふざけている。
 パロディは多いが色々ありすぎて思い出し切れない。最初に印象に残ったのは「野性のエルザ」の音楽で、出演と監督を兼任しているジョン・ヒューストンの「赤い風車」の主人公ロートレックにセラーズが扮する場面など、パロディというより楽屋落ちそのものだ。逆発射ピストルは007シリーズのパロディのような「サイレンサー」シリーズのパロディみたい(パロディのパロディですな)。

といった具合に、部分部分は非常に可笑しく楽しめるわけだが、話の進行ぶりは出たとこ勝負的でまことに締まらない。監督がヒューストンを含めて5人いて、別々に演出したようではあるが、文字通り、船頭多くして船山に上ってしまったのだろうか?

た行にするか、さ行にするか。僕らが子供の時には“ゼロ・ゼロ・セブン”と当たり前のように言われていたので、こちらで行きます。因みに、この映画では誰かが“オー・オー・セヴン”と言っていた。これを採用すればあ行です(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2021年10月06日 19:22
こんばんは。

>当時日本では全く無名だったアレン

そうだったんですか?

>パロディのパロディですな

ビートルズの「And I love her」⇒加山雄三「夕陽は赤く」⇒ビートルズ「Don't let me down」と言う説をあげた人がいました。

>現在問題となっている地球の温暖化も解決

それを解決しようとしているのがコロナウイルスじゃないんですか?動物(特に人間)を減らして樹木を長い年月をかけて元通りにする。温暖化も解決する。

>この事件がなければ

瀕死の重傷に遭ったけど助かった人もいました。それも歴史の一つかも?

>「そんなヒロシに騙されて」

うまく取り込んだ結果、いつまでも残る曲となりました。

>単に中華思想だけでなく、鉱物資源

やはり資源。幕末に欧米が日本に来たのも資源。
2021年10月06日 20:21
テレビで見てる筈なんですがよく覚えていない、覚えているのは、ゲスト出演的にジャンポールベルモンドが出て来て、出演者と握手してたとこだけかな。
ベルモンド、亡くなられましたが、あれはすばらしいスターでしたよね。フランスにもあんなかんじのいい人がいるんですね!
オカピー
2021年10月06日 21:34
蟷螂の斧さん、こんにちは。

先程双葉師匠の評を読んだら総括部分が殆ど同じではないですかあ!
しかし、もともと僕の感じたこととほぼ同じというだけなので、仕方がないですわいね(笑)
もう50年も付き合って考え方まで身についてしまった!

>>当時日本では全く無名だったアレン
>そうだったんですか?

日本で有名になるのは、1973年の「ボギー!俺も男だ」ですね。監督はしていませんが、主演映画でした。

>ビートルズの「And I love her」⇒加山雄三「夕陽は赤く」⇒ビートルズ「Don't let me down」と言う説

「アンド・アイ・ラブ・ハー」と「夕陽は赤く」の相似は何となく解りますが、「夕陽は赤く」と「ドント・レット・ミー・ダウン」はちと解りません。イントロが似ているという説があるようですが、どうも?です(笑)

>それを解決しようとしているのがコロナウイルスじゃないんですか?

神(天)の配剤と言うやつですね。
僕も30年くらい前エイズが出た時に同じようなことを考えました。

イノシシやクマが市街に出没するのも示唆的ですよね。それで人間が減るわけではありませんが。
 この間町の案内を見て驚いたのですが、この辺はイノシシよりシカのほうが多いそうです。我が家の畑にイノシシ、ウサギ、タヌキ、ハクビシン等が出没しているのは確認できていますが(ハクビシン以外に遭遇したことなし)、シカがそんなにいるとは!
オカピー
2021年10月06日 21:46
nesskoさん、こんにちは。

>ジャンポールベルモンドが出て来て、出演者と握手してたとこだけかな

確かに最後の方に出てきます。多分握手するのはニーヴンでしょう。
しかし、それだけ憶えていれば大したものです。僕は49年前(調べたら1972年に初放映)ぶりで、何にも残っていませんでした(笑)

>ベルモンド、亡くなられました

元来ヌーヴェルヴァーグ系列の男優でしたけど、次第にメジャー映画にも出るようになりましたね。
 9年前に亡くなった亡父と同じ1933年生まれ。父はなかなかの伊達男で、サングラスをして煙草を持っているところなどまるでベルモンドみたいでしたよ。当時の人としては背も高かったし。
ベルモンドを見ると父を思い出します。
2021年10月09日 07:41
大好きです。
オカピー
2021年10月09日 21:36
ボーさん、こんにちは。

どのくらいのパロディーがあるんでしょうかねえ。
ウルスラ・アンドレスなど出演者自体がパロディーというところもありますよね。