映画評「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2018年フィンランド映画 監督クラウス・ハロ ネタバレあり 盲目の聖職者と元女囚の交流を描いた「ヤコブへの手紙」(2009年)という作品に甚だ感心させられたフィンランドの監督クラウス・ハロの最新作。モチーフ的に前述作と重なるところがある。 72歳の老画商オラヴィ(ヘイッキ・ノウシアイネン…
コメント:10

続きを読むread more