映画評「糸」

☆☆★(5点/10点満点中)
2020年日本映画 監督・瀬々敬久
ネタバレあり

瀬々敬久監督は近年の邦画界では珍しいサムライで、「感染列島」のような大衆的な作品から「ヘヴンズ ストーリー」のような純文学まで幅広くものすが、欠点もある監督である。彼の作品は、タイプを問わず、大袈裟なのである。
 特に「感染列島」のような完全な大衆作品となると、制御し切れずとんでもないことになりがちだ。「感染列島」はお話が成立しているとは思えない(どういう意味か正確には把握しかねるが、本人も“やりすぎた”と言っていたという)。
 本作はそこまではひどくないが、良いところとやはりやりすぎでダメなところが併存していて、残念な出来である。

北海道。平成元年生まれの漣と葵が13歳の時に花火大会で知り合う。葵は彼女の母親の内縁の夫が暴力的で怪我を負うことが多く、二人で青森への逃避行を決行しようとするが果たせず、その後警察まで絡んで離れ離れになってしまう。
 7年後チーズ工房で働いていた漣(菅田将暉)は、幼馴染(成田凌)の結婚式で、葵(小松菜奈)と再会するが、彼女は投資会社の青年社長(斎藤工)と昵懇の仲の現況では再会を喜ぶこともできない。破産した彼と切れた葵はキャバクラ時代の同僚・玲子(山本美月)のいるシンガボールで彼女とその腰巾着のような若者・冴島(高杉真宙)とでネイルを軸としたファッション会社を起業して成功するが、玲子の使い込みにより破産して帰国する。
 葵は、相変わらずシンガポールで企業を起こした冴島の誘いを無視し、少女時代に食べ物を振舞ってくれ現在は子ども食堂で評判の老婦人(倍賞美津子)を訪れる。工房の先輩・香(榮倉奈々)と結婚したものの先立たれた連の娘・結が母親の言いつけを守って、老婦人の子ども食堂で号泣する葵を抱きしめる。
 この絡みで葵と漣はすれ違うわけだが、中学時代の思い出を辿るように青函フェリーに乗ると知った連が彼女を追いかける。

大袈裟すぎる例は、青年企業家が破綻し、ヒロインが破綻するといったエピソードが続いたり、冴島が新会社を相変わらずシンガポールで起こしたりする辺り。作為が臭くて感心できない。
 最後のフェリー場でのすれ違いの後、何故かフェリーに乗らなかった葵が連に体を寄せて来る、のも実に不思議である。彼女は彼が来ると確信していたのだろうか? 来ると思っていても相手に会えなければ、彼女はそのままフェリーの人になるのが常識的な作劇である。
 香を殺してしまうのも本当は気に入らないが、するとその後の展開がなくなってしまうので、仕方がない。

作為性は必ずしも悪いわけではない。
 例えば、シンガポールで葵が“まずい”と言いながら牛丼を食べるシーンに、香の父親(永島敏行)が“うまい”と言って彼のチーズを食べるシーンを繋げるのは実に良い。その後数シーンの後子ども食堂でヒロインが“うまい”と言うのがシンガポールとシーンと感応し合うのも良い。作者が何を言いたいかと言えば、故郷(あるいはそれに相当する何か)は良い、ということである。
 個人的には、花火で始まり、花火で終わるという両端での呼応も良い。こういう手法を古臭いと嫌う人もいるが、僕はかかる定型を好む。

中島みゆきの楽曲「糸」にインスパイアされたお話ということで数回この曲が流れるが、僕はこの曲を数年前にクイズ番組に出題される迄全く知らなかった。カラオケで人気なんだってね。
 カラオケで二回歌われる「ファイト!」は知っている。僕がデジタル・ラジオでヒット曲を集めていた頃流行った曲だ。ヒットしたのはもう27年も前になるらしい。

榮倉奈々は10年くらい前にも「余名一ヶ月の花嫁」で末期がん患者を演じた。その時は健康的すぎる外見にがん患者に見えないという評判だった(笑)が、今回は体重を落としたそうで、前回よりはぐっとそれらしい。いと(糸)おかし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

浅野佑都
2021年07月08日 22:46
>瀬々敬久監督は近年の邦画界では珍しいサムライ

「64」なんかも、オーバーな演出が鼻について実に不味かったですねえ・・。「菊とギロチン」などは、かなり好きでしたが・・。
規制の中で技術力を試されることの多いピンク映画出身ですから、実力はありますね・・。でも、ほとんど詰まった当たりが多い(笑)
大谷を見習ってもらいたいですな!(笑)

先日、ファイザー製ワクチンの1回目を接種してきましたが、別段、変わったこともありませんでした。
僕は、インフルエンザワクチンも一度も受けてないので、やや不安がありましたが・・プロフェッサーは、お身内の方、ワクチン受けてますか?

報道では、インドのデルタ株が猛威を振るっているかのようですが、イギリスの様子をつぶさに調べると、従来鋳型に比べ感染力は強くとも、毒性は同等かやや低い?とも思われます。と、すれば、対策的には今のままでいいわけで、騒ぐ必要は全くないと思いますね・・。あくまでも、現状のウィルスならば、ですが・・。

日本人の感性として、ワクチンを受けたからと言って、直ちにマスクを外すのはあり得ない・・。外国人(特に欧米)は、医療を信頼しすぎなんじゃあないですか?
例えばアフリカの無医村の人たちって、日本人のボランティア医師を有り難がったりもするけど、基本、自分たち独自の健康法というか、生活習慣で暮らしていて変える気もなさそうですよね?
それでいて、けっこう健康に生きてるし(笑)・・。
煽ったり、五輪反対してるような、コロナごときで恐れているようでは、もっと重篤な病気でコロッと亡くなってしまうでしょう・・。


さて、いよいよ(あえて言わせてもらいます)待ちに待ったオリンピックですね!
これは、エントロピーの法則から言っても、よほどの変異がない限り、五輪賛成派の主張が通るのは決まっているのですが・・。明治維新の時と同じで、あの時も、最初は攘夷反対派が開国賛成派を上回っていましたし・・。

猪瀬直樹が、いざ五輪が始まれば日本人は掌返しで応援しまくる・・とコメントしてました(NBCの社長も似たようなこと言っていたが、猪瀬とはまたは違う思惑でしょうね)
けだし、その通りでしょう!猪瀬直樹は、朝まで生テレビの言動では人間性に欠陥のある男のように見えますが、彼の文章は昔から僕は好きですね。

特に僕は女子ソフトボールと陸上に期待しています。
ソフトは本当に面白いですよね!他に大きな大会のある野球やサッカーなどと違って、五輪が頂点。しかも、実力的にほとんど差がないと思える出場国わずか6チームの総当たり戦ですから、どの国が優勝しても不思議ではない・・。

陸上は男子100メートルでしょう!日本人9秒台スプリンターのうち3人が出ませんが、4年に一度、いや、5年に一度の大会に照準を合わせる難しさも加味すれば、現時点でベストメンバーでは無いでしょうか?
強豪選手の調子がいまいちと言われる今大会では、日本人の決勝進出&メダルも十分期待できますし・・。

プロフェッサーはどの競技に期待しますか?
オカピー
2021年07月09日 22:26
浅野佑都さん、こんにちは。

>「菊とギロチン」などは、かなり好きでしたが・・。

彼にしては抑制が効いている部類でしたね。娯楽映画ですから、部分的に作為があっても良いと思います。

>プロフェッサーは、お身内の方、ワクチン受けてますか?

僕の周囲はワクチンのデマを信じるリテラシーの低い輩が多くて弱っておりますが、姉夫婦が県央センターで一回目をしてきたそうです。副反応は腕の痛み(これはワクチンではなく注射の副反応)と、10日ほどたっての痒みだそうです。
 僕は、一昨日市がヘマをやったと聞き、かかりつけ医をやめて、やはり県央で接種することにしました。15日(木)と来月12日。見事にオリンピックを避けた日程を確保しました(オリンピック・マニアですから)。

>感染力は強くとも、毒性は同等かやや低い?

今回のコロナに関しては、感染力と毒性が互いに反比例するとはまだ言い切れませんが、一般論としてウィルスは感染力を増す為に毒性を下げる傾向がありますよね。
 余りに強すぎるエボラ出血熱は余りに強い為に広まる前に宿主が死んでしまい、一定以上増えない。

>日本人の感性として、ワクチンを受けたからと言って、直ちにマスクを外すのはあり得ない・・。

良くも悪くも他人の目を気にする文化ですから、それは僕も保証します(笑)

>猪瀬直樹は、朝まで生テレビの言動では人間性に欠陥のある男のように見えますが

そうですね。文章はまともには読んでいませんが、新聞等の短い文章を読んでもなかなか説得力があるような気がします。

実際、平均的な国民は諦めたのか、最近オリンピックの反対は減ってきましたね。
 前回のオリンピックも開催直前でも反対が9割だったと言いますし。

>特に僕は女子ソフトボールと陸上に期待しています。
>プロフェッサーはどの競技に期待しますか?

ソフトは、いまだに上野に頼って(いますよね?)るようではダメですが、確かに実力伯仲で面白そうです。メダルは確実か?
 野球は、アメリカがもっと本気になれば面白くなるのですがねえ。WBCにしてもアメリカはそこまで本気ではない。当初よりは良い選手を出すようになりましたけど。

陸上と水泳はやはり楽しみ。短距離も以前よりは上位に行ける可能性が出てきましたが、確かにコンディションの良くない選手が多いとは言え、100%の実力を出せなければ、決勝は難しいような気がします。その代わり、いくら特殊の状況下とは言え、100mの決勝に日本人が進出すれば、10秒を切った時以上に大きなニュースでしょう。

僕は何でも観たいんです。五輪があれば会社を休んできた人間ですからね(あくまでTVでの感染もとい観戦ですけど)。

民放では見ません。日本人や注目選手・注目競技にばかり力を注いで、選手の背景など僕の関心のないことに時間を割きますから。TBSの世界陸上がつまらないのはその為。当初のテレビ朝日やNHKは放映態度は良かった。
浅野佑都
2021年07月12日 05:36
 福島で開催予定の、有観客のはずだったソフトと野球も無観客試合になってしまいました・・。
数少ない有観客競技としての注目度もあり、張り切っていた熱心な地元ボランティアなどは、怒りを越して無気力になっているとさえ聞きます。

プロフェッサー、ジョコヴィッチが優勝を決めたテニスのウィンブルドン選手権決勝はご覧になりましたか?
トム・クルーズや、英王室のキャサリン妃も来場してましたね!もちろん、全員がノーマスクで一球一球、歓声を上げて大盛り上がりでした・・。
これぞスポーツというものでしょう・・。

ファイザー、モデルナの質の高いワクチンを優先的に供給されている日本が無観客とは・・。
台湾など各国は未だワクチン不足、あっても有効性に疑問のあるロシア製や中国製ワクチンだというのに・・。

プロフェッサーが言われるように、毎日トップニュースで報道される感染者の数などほとんど意味ないでしょう。
医療崩壊などと、見出しだけおどろおどろしくても、一番悪い東京であっても重症者病床は8割以上余力を残しており、ガラガラです。群馬にいたってはもっとガラガラです(笑)

以前にも触れましたが、尾身氏などの言ってることは、要するに「金持ち喧嘩せず」リスクのかかる面倒なことはやりたくないのと同じです。
規模の小さい病院や一般開業医が、重症患者を受け入れるために設備を整えても、コロナが収まれば用済みで割に合わぬということでしょう。
ネットなども段々と、気づき始めてる人が増えています。
浅野佑都
2021年07月12日 12:15
しかし、菅総理は側近が頭が悪いのか、「安全安心 ワクチンが切り札 五輪を人類がコロナに打ち勝った証に」といった、全く心に響かない非科学的なことを壊れたレコーダーのように繰り返すだけですね・・。
あれでは、安部さんの劣化版でしかない。
小池百合子のほうが一枚も二枚も上手ですね。
体調悪化は本当でしょうが、彼女は転んでもただでは起きない・・いや、拾うが為にわざと転んで見せることすらやってのけるでしょう。
無観客に舵を切ったのも、完全に再び国政を見据えてのことですから。

ただ、僕は、彼女と都民first自体は評価しています。少なくとも、彼女の前の男知事二人よりは遥かに仕事をしているので(笑)
こうなったら、僕らは史上初のリモート五輪として受け入れるしかなさそうです・・コロナで娯楽の減った分、各国の視聴率も高そうなので!
オカピー
2021年07月12日 21:21
浅野佑都さん、こんにちは。

>有観客のはずだったソフトと野球も無観客試合になってしまいました・・。

心配のし過ぎですね。
 それに加えて、首都圏が無観客なのに・・・という変な配慮が働いて居るようにも感じます。
 脳科学者の茂木健一郎氏が、いざ始まったら観客を入れなかったことを後悔するのではないかという、僕ら寄りの発言をしましたね。

>毎日トップニュースで報道される感染者の数などほとんど意味ないでしょう

東京新聞も、日曜から、トップ面の首都圏コロナ情報から感染者数を削除しました。オリンピック反対論が依然のさばっているのは気に入りませんが、これは現実的な良い判断と思います。

>リスクのかかる面倒なことはやりたくないのと同じです。

一種のアリバイ作りもありますね。少なくとも政府とは違う意見を言っているわけで。
 しかし、厚労省と医師会はワクチン接種遅れの共犯。昨年12月の段階で在米日本人の接種データが2000件以上確認されているので、特別承認はその段階で出来たということです。すれば2か月接種が早くなり、今頃は大分落ち着いていたはずですね。
 メディアは、オリンピック反対をする時間があるなら、芸能人やスポーツ選手を使って、ワクチン接種のメリットを積極的に訴えさせたほうが建設的ですね。若い人がワクチンを一定以上打たないと、コロナ禍前の日常が帰って来ない。“かな”発言を蔓延させた人気者の大谷が言えば、みんな打ちますよ(笑)

>全く心に響かない非科学的なことを壊れたレコーダーのように繰り返すだけですね

そうですね。オリンピック開催賛成だからと言って、僕らは首相その周辺のバカな発言を擁護するには及ばない。それどころか、あんな発言ばかりしているから反対論が一時物凄い勢いになったのでしょう。いざ近づいてきたら、案の定、賛成派が少しずつ増えていますが。

>小池百合子のほうが一枚も二枚も上手ですね。

前回の都議選の後、希望の党党首として国政に戻ってきたら、面白かったろうと思いますね。知事になってすぐでしたので、それが難しかったのは解りますが。
 彼女自身自民党に近いものの、それでも、驕って議員としてのレベルが下がっている自民党議員の目を覚ます効果があったと思います。

>コロナで娯楽の減った分、各国の視聴率も高そうなので!

大いに盛り上げて、反対論者の鼻をあかしたい気がします。
それ以上に、僕は選手に頑張ってもらいたいですね。
日本選手が活躍しそうという意味では、個人的にもよくやった卓球やバドミントンも楽しみです。
前に言ったように、日本人云々で観戦はしないのですが、とは言っても日本の選手が出る競技・種目はモチヴェーションが上がって楽しくなる確かです。