映画評「バルーン 奇蹟の脱出飛行」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年ドイツ=フランス=アメリカ合作映画 監督ミヒャエル・ヘルビヒ ネタバレあり 東ドイツから西ドイツへの脱出を描いたドイツ製映画では「トンネル」(2001年)がドラマ性もサスペンスも充実、超弩級と言っても良いくらいの秀作だった。最近観た「僕たちは希望という名の列車に乗った」は一種の青春映画と…
コメント:0

続きを読むread more