映画評「亀も空を飛ぶ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
2004年イラク=フランス=イラン合作映画 監督バフマン・ゴバディ
ネタバレあり

存在のない子供たち」の映画評へのコメントで常連のモカさんが紹介してくれたのがこの作品である。「酔っぱらった馬の時間」(2000年)という秀作を放ったイランの監督バフマン・ゴバディの作品だから題名は知っていた。
 しかし、今世紀に入って消極的な映画鑑賞生活を送っている為、WOWOWに出て来ない作品はまずスルーされてしまうことになる(たまにNHKでフォローされることがあるが、ごく稀でござる)。本作もそうした作品の一つ。
 図書館にあるので借りようと思うといつも借りられているので、ずっと待っていた。意外な人気作なのである。

さて、「存在のない子供たち」を「アルジェの戦い」(1966年)の物凄いドキュメンタリー的衝撃と比較したが、本作も物凄い。内容の苛酷さから言えば、本作の方が圧倒的と言って良いくらい。

2003年サダム・フセインが米軍に追い込まれ、民衆に銅像が倒される前後のお話で、舞台はイラク軍がガス攻撃を加えたと言われるトルコ国境近くのクルド人集落。
 その中に機械に強く片言の英語(殆ど単語か簡単な成句だけ)を放つ為、村の長老たちからも重宝され、彼の年齢以下の子供たちの絶対的なリーダーとして支持されるローティーンの少年サテライト(本名ソラン)がいる。仇名通り衛星放送のアンテナの扱い(売買を含め)に長じてい、あるいは子分たちに除去させた地雷を売ったりもする。
 そのライバルとなるのが難民の腕のない少年ヘンゴウ(ヒラシュ・ファシル・ラーマン)で衝突を起こす一方、その妹アグリン(アワズ・ラティフ)に惹かれて親切にすることで歓心を買おうとするが、彼女はどうにも素っ気ない。少女は金魚を使って弱視の弟リガー(アブドル・ラーマン・キャリル)の目を直そうとする一方、この子に対しても冷たい。

というのが前半のお話。
 少年が衛星アンテナを扱ったり大人に伍して商売するだけなら、戦後の日本映画を含めそんな逞しい少年をたまに観ることができたが、地雷や銃器を扱うのだから度肝が抜かれる。

こりゃ凄いと思いつつ観続けると、後半になってもっと衝撃的なことが観客たる我々に知らされる。弟と思っていたリガーは何とイラク兵に犯されて産んだアグリン自身の子供なのである。子供の父親故に子供を嫌っていたわけだが、それでも別れるとなると涙を流す。

彼女が子供を置いた地雷原の描出は純粋に手に汗を握らせる。ハリウッド映画のように細工を弄してサスペンスフルに見せるのではなく、即実のうちにサスペンスがあるのだ。
 この救出騒動で怪我を負ったサテライトは、中盤でその予知能力にすっかり驚かされたヘンゴウが、フセインが敗北し米軍がやって来る夢を見たと知り、子分たちを移動させる。ヘンゴウはリガーが沼で溺死する夢を見る。子供を沼に置き去った後崖から飛び降りたアグリンの靴を兄は拾い、米軍の戦車が激しく移動する中、サテライトに渡す。

苛酷な生活を生きる子供たちの逞しさは、親がいなかったり大人が無力さを示すうちに自然と培われたもので、それが当たり前の生活である為、自分達が大人のような行動をしているとか、逞しいといった意識もなく生活を営んでいる。その感覚をゴバディ監督はよく掴んでいて、悲劇・悲惨といった言葉を超えた厳しさがある。繰り返しになるが、もはや言葉にならない。少女の絶望にも胸を裂かれる思いがする。

山岳地帯が舞台ということもあるが、この映画の厳しい態度には「路」「群れ」で知られるトルコ人(母親はクルド人)監督ユルマズ・ギュネイに通ずる。こんな映画を観た後は、暫し商業的な映画は見る気が起こらなくなる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

モカ
2021年05月11日 14:58
こんにちは。

こういう場合毎回使い回しの定型文になってしまいますが、
的を得たレビューと高評価ありがとうございます。

以前映画通の知り合いとの会話で「『亀も空を飛ぶ』が良かった!」と言ったら何だか変な反応をされてしまって「???」だったのですが、後日邦画の「亀は意外と速く泳ぐ」と勘違いされていたのが判明しました。(笑)
「日本映画界!笑ろてる場合と違いますがな!しっかりせい!」
と思いますけど・・・私、最近”浪花千栄子”化してきました。
東山千栄子みたいに上品なおばあさんになりたかったのですが・・・
浪花千栄子さんも決して上品でないことはないんですが・・とか言うと「そんな奥歯に物の挟まったような言い方せんときなはれ!」と草葉の陰から叱られそうです。
 映画に関係ない事ばっかり書いてからに。あきまへんえ! あぁ・・・浪花千栄子化が止まらない・・・はい、止めました。


オカピー
2021年05月11日 21:03
モカさん、こんにちは。

有難うございます、そして、有難うございました。凄い映画でした。
“てにをは”その他がありましたので、少し修正しました。

>「亀は意外と速く泳ぐ」と勘違いされていたのが判明しました。(笑)

結構近い時に公開されたんですよね。

>浪花千栄子さんも決して上品でないことはないんですが

僕もそう思いますよ。
 “なんこうきくの”という本名のせいで、オロナイン軟膏のCMに出ることになったとか。
 長生きされた北林谷栄は、田舎のおばあちゃん役が多かったですが、ご本人はおばあちゃんというより老婦人という感じの方でしたね。
vivajiji
2021年05月12日 13:27
http://blog.livedoor.jp/vivajiji/archives/50356202.html?ref=head_btn_next&id=1098504

確か、書いたはずと思い出して調べましたら
ありました、15年前の拙記事持参でございます。
で、プロフェッサーが未だ未見だったとは驚きです。
こういう衝撃作にはただただ圧倒されるのみ。
のほほんとした題名に誘われて観た日にゃ
エライ目に遭います。
観るべき映画ではあるけれど
観る人を選びますし、急にまた観なさいと
言われたら・・・はい、体調整えないと。(^^);
浅野佑都
2021年05月12日 18:58
 こういう作品は、あまり、感想をどうのこうのと言い合うものではないですが、vivajijiさんが書かれてるように、15年位前の日本のミニシアターには、こういう良質な戦争作品を、スクリーンの中で疑似体験しようと大勢の女性を中心とした観客が三々五々集ったのですよね・・。

翻って、今の劇場には、甘く切ない若者向け映画か、中高年向けの"回春映画”みたいなものが多い。
それも悪くはないですが・・

アマゾンプライムで、イギリス版「この世界の片隅に」と謳われたアニメが観られます。

「エセルとアーネスト ふたりの物語」
穏やかでありながらも力強い画力と、名優たちのアテレコも素晴らしく、エンディングのポール・マッカトニー作の曲がこれまた胸を打ちます。

御用とお急ぎでなければ是非!

オカピー
2021年05月12日 22:05
vivajijiさん、こんにちは。

>プロフェッサーが未だ未見だったとは驚きです。

本文でも書いたように、消極的態度がたたりまして、何と今頃に。
多くはないでしょうが、まだ観ていない秀作・傑作もあると思います。

>観るべき映画ではあるけれど
>観る人を選びますし

人間そのものに興味があれば、抵抗はないと思いつつ、
しかし、内容はきついかもしれませんね。
オカピー
2021年05月13日 17:30
浅野佑都さん、こんにちは。

>甘く切ない若者向け映画か、中高年向けの"回春映画”みたいなものが多い。

これは事実ですなあ。
今日あげた犯罪映画も、広い意味で後者に属しましょう。
確かにそうした作品の中には良いものもありますが、昔から映画を観てきた人間にとって寂しい内容の作品が目立ちますね。

>「エセルとアーネスト ふたりの物語」

今月のWOWOWは最悪で観るべきものがないので、早速観てみました。
画調は極めて日本的で(」かぐや姫の物語」の影響を受けた作品とか?)、厳しくも温かい作品でした。まだ感想をまとめておりませんので、後日映画評にて再会いたしましょう^^

>エンディングのポール・マッカトニー作の曲がこれまた胸を打ちます。

最近のアルバムを調べても、該当するタイトルがないので、映画の為に書いた曲なのかな? 近年の彼の特徴が良く出ている佳曲と思います。