映画評「ニューオリンズ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1947年アメリカ映画 監督アーサー・ルービン
ネタバレあり

プライムビデオの無償リストに観ていない洋画は(ドキュメンタリー、TV映画を別にすると)殆どないが、この日本劇場未公開映画は初鑑賞。音楽の見識を増やそうと観てみた。

1917年のニューオリンズはベイズン・ストリートからお話は始まる。
 ベイズン・ストリートのストーリーヴィルという赤線地帯で賭博場兼演芸場を経営しているアルトゥーロ・デ・コルドヴァと知り合ったオペラ歌手の卵ドロシー・パトリックが彼のちょい悪の魅力に参ってしまう。しかし、娘を過保護に扱うWASP的精神の権化たる母親アイリーン・リッチが町の実力者の軍人と図って軍隊を繰り出し、風俗紊乱のかどでコルドヴァやラグタイムを演奏するルイ・アームストロング以下の楽団を追い出す。
 彼は彼女の為を思って黙って町を去ってシカゴで再出発。そこで新しいスタイルと合体させて出来た音楽を観客の一言からジャス(Jass)と名付けると大流行、アメリカ各地どころか海外でも引っ張り凧になり彼らの音楽はやがてジャズというジャンルになって発展していく。
 並行してドロシーも有名な声楽家となり、遂には有名なシンフォニー・ホールに出演することになる。ドロシーが彼の誠心を理解した後、今や音楽に専心しているコルドヴァを理解したアイリーンおばちゃんは主催者に黙って彼やジャズ・バンドを招聘する。

ロマンスの枠を使った音楽映画で、お話は何と言うこともないが、WASPと黒人・下層階級との対立をクラシックとポピュラー音楽との対立関係に重ねつつ、ジャズ史の一端を見せる。

アームストロングが本人役で出ているが、1917年当時は16歳なので実話のように思って貰っても困ります。また歌手として名前の登場する作品は大量にあるビリー・ホリデイが女優として出た唯一の作品という噂があるが、勿論歌います。曲名はDo You Know What It Means to Miss New Orleans?というらしい。未だジャズ(あるいはブルース)・ヴォーカルやこの時代の音楽は勉強中と言うしかない僕には、まだまだビリー・ホリデイの偉大さは解らないので、論評は避けるが、1960年代以降のジャズと違って純粋に楽しい音楽であると納得させられる。YouTubeに完全なサントラ盤があるデス。

有名な「ベイズン・ストリート・ブルース」をこの映画の中でもアームストロングが歌っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

モカ
2021年03月23日 20:23
こんばんは。

これは随分前に観ましたがビリー・ホリデイのメイド姿しか覚えていません。 歌もやっつけ仕事で歌ってるだけみたいだった記憶があります。
ビリー・ホリデイのレコードは完璧ではありませんがほぼ持っていまして、DECCA時代の録音には何曲かサッチモと楽しそうにデュエットしているのがありました。

プライムビデオの無償で最近観たのが

 アマンダと僕
 ベスト オブ メン 最高の人間
 ベイビー ブラザー

 小品ですが良かったです。 未見ならお試しください。
前にお勧めした 「ミッッション ワイルド」「夜の来訪者」はご覧になりました?

 ここの所知らない作品が続いているのでリクエストいたします。

 追伸 ビリー・ホリデイの I'll Be Seeing You
「 君に読む物語」の路上ダンスシーンで流れていましたが、
(ラストシーンのセリフもここからきてました)
 これを聞いて何も感じなければビリー・ホリデイに関しては縁がないという事で・・・(笑) お試しくださいませ。

オカピー
2021年03月24日 17:50
モカさん、こんにちは。

>ビリー・ホリデイのレコード

僕も、EUで作られた安い10枚組CDを買ってはあります。曲名以外のデータが全くないので困りますが(彼女の歌はもう全てパブリックドメインになっているのかな?)。まだ半分も聴いていません。

>I'll Be Seeing You

彼女独自の歌い方がよく聞ける曲ですね。あの個性的すぎる、ねちょっとした(?)歌い方は寧ろ好きで、人気のある歌い手に共通する “代替えの利かなさ” 度が半端じゃないです。それだけで解ったつもりにはなれませんが(笑)

彼女の歌い方でこの歌詞を解釈すると、未来形ながら、そこにあるのは追憶ばかりという感じがして、切ないです。どう思われます?

>アマンダと僕

は昨年の10月に観ています。採点は☆☆☆★ながら好きな作品でした。

>ベスト オブ メン 最高の人間
>ベイビー ブラザー

現在録画機のHDDがかなりいっぱいになって観ることによって処分(笑)しないといけないので、プライムビデオにも専念できませんので追って見ます。ご了解ください。

>ミッッション ワイルド」「夜の来訪者」

「夜の来訪者」は今日見ます。来週アップできるでしょう^^
オカピー
2021年03月24日 20:27
追記です。

「アマンダと僕」を観たのは昨年9月・・・でした。
モカ
2021年03月25日 13:48
こんにちは。

切ないですね。 あの情感はどこから湧き出てくんでしょう!

>ねちょっとした歌い方 
 
 身も蓋もない言い方ですなぁ (^_^)
 マイルス デイビスは
「ビリーホリデイのバックにホーンはいらない。何故なら彼女がホーンだから」
のような事を言ったらしいです。 

 実は彼女は正調ブルースは殆ど歌っていなくて、ティンパンアレイっていうんですか? 流行り歌を好んで歌っていたけれど彼女が歌うとブルースになってしまうと、言われていますね。 

 CD 10枚セットが簡単に手に入る時代は多分良いんでしょうね…でも…音楽のありがたみが薄くなりそうな…
 ビリーホリデイを聞き出した70年代初め、大学生になったのでバイトに邁進しだしてなけなしのお金でレコードを買い出し、ビリーホリデイなんか暗いドツボにハマったように聴きまくりましたよ。
あの時代らしく浅川マキ経由で知ったビリーホリデイですが、そんな風に聴くのが相応しい様にも思いますが…
あ、映画にもなりましたね。あれはあかんかったですけど。


オカピー
2021年03月25日 22:20
モカさん、こんにちは。

>身も蓋もない言い方ですなぁ (^_^)

なかなか良い表現が見つからなかったので。どうもすみません<(_ _)>
モカさんなら、彼女のあの歌い方は、例えではなく、オノマトペ的に何と表現しますか?

>マイルス デイビスは
>「ビリーホリデイのバックにホーンはいらない。何故なら彼女が
>ホーンだから」のような事を言ったらしいです。

さすがに上手いことを仰るデイビスさん!
僕も一流の歌手は楽器と思っているので、そうした表現は何となく解ります。
そう言えば、同時代にレナ(リナ)・ホーンという歌手がいたような?(笑)

>でも…音楽のありがたみが薄くなりそうな…

全く同感。
僕の場合は映画に感じます。学生時代東京中をかけずりまわって昔の映画を観ましたからね。トリュフォーの「突然炎のごとく」なんて見られませんから、日仏学院という学校でやっていた英語字幕のものを見ましたよ。しかし、立ち見で下の方に出て来る英語字幕が全く読めず、一緒に観た親友LK君と“こりゃ観たことにならんわな”と苦笑いし合いましたよ。しかし、二階から一階にパン(ティルトのような上下のパン)するところなど映像が良いとだけ僕は思いました。

同時に、YouTubeで、CD でもなかなか買えなかったスプーキー・トゥースが全て手に入れられるなど、お金も寿命も限られた我が状況においては嬉しいものもありますね。

>浅川マキ

「夜が明けたら」一曲しか知らないです。モカさんのように、日本人にはそういうルートを辿る人が多いかもしれませんね。
モカ
2021年03月26日 14:08
こんにちは。

>オノマトペ的に何と表現しますか?

 昨夜徹夜で考えましたが断念しました。(笑)
 独特ではあるけれどもそこまで変わった歌い方だとも思えないです。かなり変わっているといわれているダイナ・ワシントンでさえ、(好きですが)どう変則的なのかはよくわからないです。言葉のセンテンスを切る位置がユニークらしいのですが。

 Karen Dalton ってご存知ですか?
 60年代ディランをして一番好きなシンガーの一人と言わせた人ですが声がビリー・ホリデイにかなり似ています。ビリー・ホリデイが60年代に蘇って哀愁を込めたアメリカーナ?フォーク?を歌っている感じです。

 声がホーンといえば、ZAZが最近のお気に入りです。
ご存じかもしれませんが、ご存じでなければ 
  youtubeで ZAZ  Je veux (Live) を聴いてみてください。
21世紀のエディット・ピアフらしいです。
 私ビリー・ホリデイと同じくらいエディット・ピアフも好きなんです。古いのばっかりですけど・・・
を聴いてみてください。

 
オカピー
2021年03月27日 10:28
モカさん、こんにちは。

>独特ではあるけれどもそこまで変わった歌い方だとも思えないです。

或るビリー・ホリデイ嫌いな人が“歌のリズムを途切れさせるような歌い方”と言っていますが、僕にはそういう印象はないです。
 ”Don't Explain"をヘレン・メリルと比べるうちに、歌い方ではなく、発音そのものが黒人を含め他の歌手とは違うのだろうと思えて来ました。

>かなり変わっているといわれているダイナ・ワシントンでさえ、
>言葉のセンテンスを切る位置がユニークらしいのですが。

発音は平均的ですが、確かに断ち切るような歌い方は独特と思います。歌い方自体はホリデイより変わっている気がします。

>Karen Dalton ってご存知ですか?

知らなかったけれど、実に面白いです。フルアルバムがアップされていたので、時間があったらCDにします。

>声がホーンといえば、ZAZが最近のお気に入りです。

ふーん、こちらも面白いです。世の中には色々いらっしゃいます。音楽は本当に広いなあ。
 最近息子が独立して時間が出来た我が姉が色々と若い日本人アーティストを紹介してくるので、新たに新しいものを開拓する精神は貴重だなあと感心しています。ただ、洋楽好きで僕に大きな影響を与えた姉が、最近は“日本人凄い!”的なところに低回している(感がある)のは少々寂しいのですが。

>私ビリー・ホリデイと同じくらいエディット・ピアフも好きなんです。

3枚組(60曲入り)を持っています。
 少年時代彼女の縮緬ビブラートが苦手でしたが、戦前から戦後にかけては大半の歌手が縮緬だったようで、ピアフが独特だったわけではなさそう。マヘリヤ・ジャクソンでさえ、30年代ごく初期の録音を聞くとかなり縮緬です。
 最近は当たり前のように聴けるようになりました。寧ろフランス語らしいRの巻き舌に怖れをなしています(笑)

冗談はともかく、古い音楽に全く抵抗はないです。
 戦前活躍したジミー・ロジャーズのベスト盤や、戦前の民衆音楽を大量に収録したアンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージックも高い金を出して買ったくらい(高いのは後者のみ)。

しかし、コンポで大音量で聴くことの多い為、ノイズが多く中音が強い古い盤に当たることが自ずと少なくなるというのはありますね。管球アンプの方が古い音楽を聴くのに向いているのではないですか?
モカ
2021年03月27日 23:06
こんばんは。

>管球アンプの方が古い音楽を聴くのに向いているのではないですか?  

 多分そうなんでしょうね。 うちは古いのばっかりですから較べようがないという・・(笑) 
SP音源のものはSP盤を蓄音機で聴くのがいいらしいです。 
当地には酔狂というか趣味人が結構生息しておられるので何度か聴かせてもらいましたが中々味わい深いものがありましたね。
レコード盤が回っているのを見ていると目が回りそうになりましけど。
V盤だけ聴く会ってのもありましたよ。あれ分厚いんですよね。戦地にはレコードを持参していたのかと思ってましたが(米軍の話)飛行機で物資と一緒に投下していたんですって。
そうそうV盤にビリー・ホリデイも入ってました。
音楽は人それぞれの好みの問題なので好きなものを好きに聴くのが幸せですね。

 トリュフォーの映画を観るのに苦労されたお話に映画愛を感じました。私はそこまでじゃなかったな・・・ただで観られるから映画館でバイトはしていましたけれど。なんせスクリーンも兄が買ってきたのをたまにパラっと見る程度で自腹で買ったことがないですし・・・何を考えて生きていたのやら(笑)
モカ
2021年03月28日 00:23
訂正です。
米軍の慰問様レコードはv盤ではなくてVdiscというんでした。

縮緬ビブラートって初めて聞きました。へぇ〜面白いですね。
私の場合は70年代初めに聴いたエディットピアフはロックに聴こえましたよ。もちろん音の外面的な事ではなくてコアな部分というか心意気のようなものが、ですけれど。 ちあきなおみの喝采はブルースでしたしね。
オカピー
2021年03月28日 19:25
モカさん、こんにちは。

>SP音源のものはSP盤を蓄音機で聴くのがいいらしいです。

安い管球アンプはともかく、ちゃんとした蓄音機はさすがに手に入らないですねえ。
 SP当時は録音はダイレクトなので、機材の質の割には音が案外良かったりする場合があります。

後悔すること。
 7年前の大雪の時に屋根が壊れ、その修理の際に人災が加わり、二階のオーディオ室が雨でずぶ濡れになり、僕のオーディオ人生も終わりかと思い、高級アンプも壊れているし(これは雨に関係なし)・・・ということで、ケーブル類を大量に処分したのです。ドイツの技術者が自作した特製スピーカーケーブル(貰ったのでどれくらいか解りませんが、買えば十万円くらい?)もその中にありました。大体スピーカーのケーブルは太くなると、低音がゆったりして朗々と鳴るものです。このケーブルなら管球アンプっぽくゆったり鳴るかなと思い、突然思い出しました。
 その後結局安いとは言えアンプを買いましたので、つくづくあのケーブルで音楽を聴きたいと思う次第。人生における大失敗の一つ。

>V盤もといVdisc

知らなかったなあ。
 Vdiscを調べようと検索したら、懐かしい富士レコード社が一番最初にありました。僕は全く関係ないのですが、国内担当とは取引していた会社で、同社が企画した中古盤の出張販売の時に僕も個人的に買いました。買った後で “〇〇社の者です” と言ったら、 “先に言ってくれたら、値引きできたんですけどお” と言われたのを憶えています。ああ損した(笑)

>音楽は人それぞれの好みの問題なので好きなものを好きに聴くのが幸せですね。

僕もそう思うのですが、10日ほど前に彼岸の墓参りに来た姉に“アメリカで評価の高いボブ・ディランとかジョニ・ミッチェルとかブルース・スプリングスティーン(の良さ)が解らないのは悔しいので、(恐らくネガティヴに直球的に訴求しているであろう)詩を研究しているのだ”と言ったところ、ふーんという呆れたような顔をされました(笑)
 実際ジョニ・ミッチェルの「ブルー」の詩を徹底的に理解してから聴くと一味違うように聞こえてきました。まだアメリカのインテリが絶賛する境地にまでは達しませんが。

ローリング・ストーンズの「べガーズ・バンケット」も、聞き取りにくい歌詞を把握した上で、コンポの大音量で聴くうちに魅力が解ってきましたよ。
来月は「レット・イット・ブリード」を聴く月間とします。

>縮緬ビブラートって初めて聞きました。へぇ〜面白いですね。

我が家では亡父を含めて当たり前のように使いますよ。

千葉県知事になった森田健作のように、歌の素人が、意図しないままに抑えが聞かず縮緬ビブラートになるケースがままあるので、イメージが良くなかったんです。
 僕の青春時代には比較的長めのビブラートが大半だったせいもあると思います。近年になり宇多田ヒカルなど日本でR&Bと言われている連中に縮緬タイプが増えているので、今の若い人には抵抗がないでしょう。

勿論、エディット・ピアフのようなプロは、純然たる技術として縮緬ビブラートを生み出しているわけで、素人と違います。
 モカさんお薦めのニーナ・シモンも、縮緬が多いものの、曲によってはもっとゆっくりビブラートする場合もあります。ジャニス・ジョプリンもそういう感じがします。技術であることがよく解る二人なのでは?
モカ
2021年03月29日 17:36
こんにちは。

オーディオ受難! (笑)
私も実家に預けていたレコードが雨漏りで濡れたとの連絡があってダンボール箱を持って1tトラックで(嘘です)救出に行ったことがあります。
母が大げさに電話してきたので壊滅的被害かと予想して行きましたが何枚かのジャケがふやけてボコボコになっていた程度でした。
レコード盤のカビは拭けばとれましたしね、酷い話ですけれど。
再生装置の被害はショックですよね。お悔み申し上げます。

ケーブルで音が違うというのを最近知りました。うちのは計り売りのベルデンのオレンジと黒のネジネジの毒蛇みたいなやつです。

レコードは回転数が早いほど音が良いとマニアの方が言ってました。だから同じ録音ならLPよりシングルの45回転のほうが良いんですって。溝の中の情報量が違うとか・・・頭悪いから理解不能ですけど(笑)

ジミー・ロジャース 
 聞いたことあるけど探すのが面倒・・・レギュラー選手以外のレコードはキチキチに入れすぎて取り出しにくいのです。
戦後シカゴブルース畑で一人発見。ついでにシナトラ発見、これはロンサムロードが入っているので聞きましょう。

ロジャースじゃなくてジミー・ウェイクリーという方がおられました。何々?歌うカウボーイ? そういえば昔の西部劇って突然歌ってましたね。夜空に向かって「ケンタッキーの青い月」とか・・・

ベガーズ・バンケット! 渋い! このレコードは初回日本発売の盤は直輸入盤なので音も渋くて良いです。
例のジャケのデザインで揉めたので発売が遅れて日本でプレスしている時間がなかったらしいです。
うちの夫みたいに予約していて、発売日に体育の授業をサボって買いに行った(いまだに語り草です)小僧がいたわけで・・・体操服でレコード屋まで走ったんかい?(笑)
歌詞カードを見たらギターのコードがぎっしり書いてあってmercy
の上に”憐れみ”とか書いてあって、うい奴だったんだ。
レコードは高かったですからね、なめるように聴いたもんです。

ジミー・ヌーン楽団っていうのもありました。戦前みたいです。

音楽のお話は楽しいです。 




オカピー
2021年03月29日 22:46
モカさん、こんにちは。

>うちのは計り売りのベルデンのオレンジと黒のネジネジの毒蛇みたいなやつです。

僕のもベルデンです。生れて初めてスピーカーを買った時に店がサーヴィスで付けたものです。低音の量感は余りないですが、バランスが良い音を出してくれるケーブルです。

>溝の中の情報量が違うとか・・・頭悪いから理解不能ですけど(笑)

小匙一杯の砂糖より大匙一杯の砂糖を入れたコーヒーの甘いといったような理屈です。
 レコードは角速度一定なので、同じレコードでも内側は情報量が少なくなって音が悪い。

>ジミー・ウェイクリーという方がおられました。何々?歌うカウボーイ?

知らんなあ。
 昔の西部劇は結構歌いますね。それとは別に、戦後の西部劇はバラッド形式と言って、歌でお話を説明しながら進行するものが結構ありました。フランキー・レインの主題歌が有名な「OK牧場の決闘」なんかもそれに近い。
 ビル・モンローのCDも持っています。「ケンタッキーの青い月」はプレスリーも歌いましたね。最初はブルーグラス調子に歌い、再録音ではロック調に歌ったりして。

>ベガーズ・バンケット! 渋い! 
>このレコードは初回日本発売の盤は直輸入盤なので音も渋くて良いです。

そうですか。
当時は輸入盤のほうが音が良いものが多かったと思います。兄が持っていたポール・モーリアに比べて、その友人の持っていた同一LPの輸入盤が遥かに高音質なのに腰を抜かしました。中学生の野球を見た後プロ野球を見るくらいの差がありましたよ。

今回は歌詞無しのCD(輸入盤は歌詞がないのが普通)を、スマホで歌詞をチェックしながら聴きましたが、そう言えば歌詞付きのレコードを持っていたのでした。結構無駄な努力をしたものです(笑)
僕が持っているLPは再発なので、モカさんのような楽しみはできません。初版を買う価値はそういうところにるのかもしれませんね。
オカピー
2021年03月31日 14:06
モカさんへのコメントの追記

>歌詞カードを見たらギターのコードがぎっしり書いてあって
>mercyの上に”憐れみ”とか書いてあって、うい奴だったんだ。

モカさんは「べガーズ・バンケット」は買わなかったのですか?
しかし、趣味が近いのは良いですねえ。

当時15歳くらいでしょう。コードを書き加え、解らない英単語があれば調べる。青春ですよ。

15歳の僕は「サージェント・ペッパー」を自分の小遣いで買いました。昨日の記事にも書いたように、"getting Better"のcoolを冷たいという意味と思い、歌詞の内容を把握できなかった記憶があります。
 ということは、ビートルズならあると思うけど、対訳がなかったのかな? まあ当時からあのくらいの英語は解ると思って読まなかったのかもしれない。生意気だったんだ(笑)