映画評「アーヤと魔女」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2020年日本映画 監督・宮崎吾朗
ネタバレあり

御大宮崎駿が「ハウルの動く城」で取り上げた児童文学者ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学のTV映画化。スタジオジブリとしては彼女を扱う二作目となるわけだが、監督は代わって息子の吾朗。海外では劇場公開の予定、日本でもいずれ劇場公開されるのだろうか? 

12人の魔法使いから追われる赤髪美人(声:シェリナ・ムナフ)が、孤児院の前に赤子アーヤを置いて去る。10年後孤児院生活を謳歌する天真爛漫なアーヤ(声:平澤宏々路)の前に、いかにも不気味な背の高い男マンドレーク(声:豊川悦司)と肥った女ベラ(声:寺島しのぶ)が現れ、引き取っていく。
 実はベラは魔女で、彼女を下働きとしてこき使う算段。アーヤはベラに魔法を教えてもらうつもりでいたが、約束が反故にされた(と言うか半ば彼女の勝手な思い込み)為に、ベラと長い付き合いで恨みがなくもない黒猫ジジならぬトーマス(声:濱田岳)の協力を得て、魔法を会得していく。
 かかる状況で魔法で封鎖されているマンドレークの部屋に入ったアーヤは、二人が自分の持つカセットテープにある曲を演奏する三人組のロック・バンドのメンバーと知り、もう一人の赤髪の女性の正体を知りたがる。
 かくして、最初から割合好意的だったマンドレークに加えて、ベラも次第に懐柔していった彼女は遂に天下を取る。やがてクリスマスの夜、10年ぶりに母親が現れる。

原作原文ではヒロインの名前はEarwig。日本語でハサミムシや盗み聞きする人の意味であるが、それでは余りに変てこなので、原作和訳の際に発音に準じて“アヤツール(操る)”に変え、登場人物により“アーヤ・ツル”とされ、通常“アーヤ”と呼称されるらしい。翻訳ものの苦しいところであります。

駿御大の場合、翻訳ものより、海外のものを着想ベースに置いても(「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」等)オリジナル脚本のほうが楽しめる作品に仕上がる傾向があった。人間は自然の一部であるという世界観に基軸を置く作家性が、自由度の高いオリジナル作品にこそ生かされるのだと分析している。
 その点息子はどうかと言えば、まだ全然解らない。少なくとも強烈な作家性を今のところ現していず、本作でも、英国伝統の孤児院ものに魔法使いものを加えた内容や、「赤毛のアン」や「少女パレアナ」のヒロインたちに似た、若しくは匹敵しそうな溌剌とした少女の魅力を損なわない程度にお話を進めているだけという印象は否めない。現在のところは、映画作家というより演出家なのである。

本作で断然素晴らしいのは武部聡志による音楽で、1960年代後半から70年代序盤にかけてのアート・ロックやプログレッシヴ・ロックみたいで非常に楽しく、★一つ分プラス。

NHK Eテレ「100分de名著」が取り上げたブルデュー「ディスタンクシオン」が大変興味深かった。趣味すら多く出自、出身階層で決まるというのである。映画を中身以上に作り方で観る僕は出自の労働階級から逸脱しているということになり、例外の部類のようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

浅野佑都
2021年01月06日 14:24
 うーん、惜しい!これは、宮崎吾郎監督としてはK点(最高到達地点)近くまでいったのと違いますかね?
父の呪縛から逃れる術として3DCGを使用したのだとすれば、その目論見は成功していると言えるでしょう。
「ゲド戦記」「コクリコ坂から」の過去2作に比べると一番、宮崎駿臭が薄い(笑)

ヒロインの少女も、今までのジブリ作品にはなかった自分本位なところがあり、他者を操ることに汲々としていてお茶目で個性的。
原作がもともと未完成(作者が病死のため)なのだから、脚本にもっと手を入れて新しい命を吹き込めれば・・・・。
とは言いながらも、僕もプロフェッサーと似たり寄ったっりの評価ですねぇ。
ちゃんと調べたわけではないですが、宮崎吾郎と同程度の作品を作る力のあるアニメ監督は、少なくとも両手両足の指ほどはいるでしょう。

今回ジブリ初のCG作品ですが、主要キャラに声優を使わないジブリ流は踏襲していました。

僕も以前は、上手過ぎて却ってリアルさを損なうとして、声優以外の俳優起用に理解を持っていたのですが、ジャパニメーションと称される「この世界の片隅に」等の京都アニメ作成のような、繊細なフルアニメーションの吹き替えには、未熟な俳優はもちろんのこと、ベテランであっても個人の顔と個性を観客をして想像させてしまう有名俳優起用には、いささか疑問を感じます。

現在の日本アニメのような、細かい描写に的確な吹き替えするには上手すぎるくらいでないと・・。やはり体を動かさずに声だけで勝負できる声優が望ましい、というのが僕の希望であります。

ところで、初の大学入学共通テストが16,17日、前橋周辺の生徒は、我が母校の前橋高校で実施です。
僕の甥も前高3年なので正念場ですが、母子家庭で塾にも行けず、英数だけは僕が見てきた甥に「(試験会場が)ホームだから気楽にやれるな」と声をかけてきました。
僕と違って成績優秀ですので、プロフェッサーの甥御さんを見習って海外留学も視野に入れてほしいと思っています。

オカピー
2021年01月06日 22:13
浅野佑都さん、こんにちは。

>父の呪縛から逃れる術として3DCGを使用したのだとすれば

なるほど。そういう考え方も成り立ちますね。

>ヒロインの少女も、・・・他者を操ることに汲々としていてお茶目で個性的

ジブリのヒロインは大体において利他的ですからねえ。

>少なくとも両手両足の指ほどはいるでしょう。

検索エンジンで宮崎吾朗を調べようとすると、“才能ない”というのが付いてきたりするのですが、才能があるかないかというより、親父が作家主義的であるのに対し、今までのところ息子は演出家っぽい。この作品でも、アイデアは出したかもしれませんが、脚本は書いていない。本作には関係ないですが、アニメの場合、監督と演出が分れる場合もあり、複雑怪奇(笑)

>個人の顔と個性を観客をして想像させてしまう有名俳優起用には、いささか疑問を感じます。

それは確かにあるのです。しかし、事前に名前を知らないと、案外解らないこともありまして、特に芸人起用に文句を言う人は恐らく名前を見た上で聞いている。で、実際の上手い下手に関係なく、声優ではないからという理由だけで貶す傾向がなきにしもあらずと思っています。
 後はジャンルによっても考える余地あり。SF、ファンタジー、犯罪関係は声優に限りますね。アニメには少ないホーム・ドラマなどは俳優が向いているような気がします。

>甥に「(試験会場が)ホームだから気楽にやれるな」と声をかけてきました

それは良いですね。自分の庭で試験ができるのは、精神的にメリットがあるでしょう。

>プロフェッサーの甥御さんを見習って海外留学も視野に入れてほしいと思っています。

僕も高校時代の成績は甥に及びません。塾に行かず家で余り勉強しないのは似ていますが、何故彼はあそこまで成績が伸びたか不明。数学も中学時代は教えたことがありますが・・・

彼は留学する前から外国人との付き合いはあった方と聞いていますが、留学してリスニング能力(僕らの時代はヒアリングと言っていましたね)が凄く伸びたようです。マンチェスター訛りを聞いているだけに鍛えられたようです。
 甥御さんには我が甥のことを話してみてください。多分2~3年後にはコロナもそれなりに収束しているでしょう。

突然ですが、我が昔話。
 香港のバイヤーと会った時に、次回は木曜日打ち合わせということにしたのですが、その時彼がしきりにFursdayというので、Fridayの可能性もあると思って何度も聴き直したことがあります。何年か前にネットで調べたら、英国方言(若しくはネイティブスピーカーでない人の間)で、thをfもしくはvの発音をすることがあるとのこと。香港は英国統治であったし、そういうことなのかと多少納得しました。