映画評「何が彼女をさうさせたか」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1930年日本映画 監督・鈴木重吉
ネタバレあり

1930年度の【キネマ旬報】ベスト選出は変則で、洋画はトーキーとサイレントとに分かれ夫々二本と三本、邦画は現代劇と時代劇とに分かれて三本ずつ(全てサイレント)しか選ばれていない。
 その年の邦画現代劇部門で1位に選ばれたのが本作である。当時流行っていた傾向映画と言われる作品の一つで、焼失(消失)したとされていたが、近年ロシアで不完全ながら発見されたそうで、序盤と終盤の場面を除いて割合良好な状態で観られる。

序盤と終盤も字幕で全て紹介されるのでお話は解る。因みに、傾向映画というのは、政治的傾向映画の略(?)とも言われ、体制批判的な映画のことである。原作となった藤森成吉の戯曲は何年か前に読み、幕切れが印象に残っている。

十代半ばの少女すみ子(高津慶子)が父親の手紙を持って子沢山の伯父一家に預けられる。欲深い夫婦は彼女をサーカスに売り飛ばす。残忍な団長を嫌って彼女は好青年新太郎(海野龍人)と逃げ出すが、用で出かけた彼が交通事故に遭って離れ離れになり、詐欺師の片棒を担がされた後救貧施設を経て、県会議員の下女になるが、やがて追い返される。
 家政婦になった琵琶法師の家で主人に襲われて逃げ、その直前に再会した新太郎と所帯を持つ。やがて彼が劇団を首になり食い詰めた二人は入水心中しようとするが、別々に助けられ、彼女はキリスト教会系施設で改心を強要される。しかし、その偽善の恐ろしさに気づいて正気を失い、施設に火を放つ。

というお話で、社会主義的に言えば、搾取する側と搾取される側の対極がこれでもかこれでもかという感じで描かれるが、戦後の社会主義プロパガンダ的な映画と違って直接的な主張が薄い。
 つまり、実際には富裕層と貧困層の対極というより、伯父宅での話を見れば分るように、支配する側と支配される側という対比の構図のお話となっていて、そこには色々なタイプの悪があるわけである。現代風に言うと、セクハラとパワハラである。
 パワハラには神の名の下に理不尽なことを強要する教会の偽善もある。彼女を精神的に追い詰めるのは貧困ではなく、支配する側の度重なるハラスメントで、それをダメ押しするのが教会。怒りの対象はあくまで社会の総体なのである。

90年前のお客は現在の観客以上の理解力があったのではないかとさえ僕は思っているのだが、反面、民度が低くて、ある意味他人の不幸を喜ぶような傾向があったとも想像でき、演劇でも本作のような内容が受けたのだろう。
 その為、些か極端な作劇となっていて、義憤にかられると同時にその作戦に嵌ってなるものかと思わされたりもする。

可憐なヒロインに扮する高津慶子は、白血病から復帰しつつある水泳選手・池江璃花子に似た大変可愛らしい女優で、熱演。

NHK Eテレ【100分de名著】がマルクスの「資本論」を取り上げている。数年前に遂に完読した「資本論」は19世紀前半の英国労働事情を詳細に紹介しているが、労働時間が日に16時間から12時間に短縮されて大喜びしたという部分にインパクトを覚えた。12時間でも現在なら働きすぎと言われるよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

浅野佑都
2021年01月25日 14:52
 この作品とは関係ないですが、「明治大正昭和不良少女伝 莫連女と少女ギャング団」という本には
昭和初期の都会に住む中産階級家庭の子女(モガよりも若いこの映画のヒロインくらいの少女たち)が、男装して女性を待合に連れ込み痴態を繰り広げる(レズビアンではない)等々の風俗が描かれていて、川端の「浅草紅団」にも出てきます・・。

この映画は、エノケンの特集をした催しで触りの部分だけ見ましたが、プライムにあったとは驚きです。

傾向映画というわりにプロレタリア臭が薄いのは、当時の官憲による弾圧を避けるための暗喩が多いためでしょうね・・。

>反面、民度が低くて、ある意味他人の不幸を喜ぶような傾向があったとも想像でき、

貧者が自分よりも少しく貧しい者に安堵し、患者がさらに重篤な隣人に優越と哀れみを持つのはヒトの性ですからね。
ですが民度に関しては、当時より遥かに裕福になった現代人のほうが怪しいと思いますね。

ネットで芸能人の不倫や政治家の失言に罵詈雑言を浴びせるのは、高潔な精神からではなく、単純な嫉妬心の発散と僕は見ています。
数奇な運命に弄ばれるヒロインに、社会的不満が今より大きかった当時の人は、貧しい自分たちに彼女を重ね合わせ本気で涙したと・・。
浅草六区の劇場で、この映画の最後に弁士が「何が彼女をそうさせたか?」?と締めると、方々から「資本家!」と声が上がったそうです。

>可憐なヒロインに扮する高津慶子

確かに、池江瑠璃子を数段美人にした感じでありますね!
オカピー
2021年01月25日 22:30
浅野佑都さん、こんにちは。

>昭和初期の都会に住む中産階級家庭の子女が、男装して女性を待合に
>連れ込み痴態を繰り広げる(レズビアンではない)等々の風俗が
>描かれていて、川端の「浅草紅団」にも出てきます・・。

大正デモクラシーの時期に生まれた、エロ・グロ・ナンセンスの流れですね。
「浅草紅団」・・・確かに出てきました。

>プライムにあったとは驚きです。

僕もびっくりしました。500円の価値は十分あります。いつまでそんなのが続きますか(笑)

>当時の官憲による弾圧を避けるための暗喩が多いためでしょうね・・。

そうでしょうなあ。エロ・グロには割合甘かった時代ですが。

>>民度

実生活における道徳的感性においては僕もそんな感じが受けないではないですが、文化・芸術に関する感性のことを言っているわけです。
 例えば、50年前「巨人の星」を見てある程度の年齢の人まで感動させられたと思いますが、それから20年もすると「巨人の星」はお笑いの対象になりました。パロディーに関する理解度の向上なんかもそうでしょう。こういう例が文化・芸術の民度の変化と思います。
浅野佑都
2021年01月26日 10:03
>文化・芸術に関する感性のことを言っているわけです。
 >例えば、50年前「巨人の星」を見てある程度の年齢の人まで感動させられたと思いますが、それから20年もすると「巨人の星」はお笑いの対象になりました。

これはしたり!僕としたことが読み違え、いや、書き違えました・・。監督の術中に嵌ったのは、当時の観客よりも僕の方ですね(笑)

仰る通り、芸術に対しての感性は、時代と共に変化してきました・・。
件の「巨人の星」は、雑誌連載後20年で、主人公の目が炎のようにメラメラと燃えるシーンや「俺は今、猛烈に感動している!」などのオーバーアクトがパロディ化されました。

今の読者は、その当時の若者のニヒリズムを捨て、純粋に作品の持つヒューマニズムに感動できるようになりました。
所謂、「友情 努力 勝利」の方程式であり、現代の「鬼滅の刃」にも脈拍と受け継がれていますね。
(読者年齢層が高く、僕らが小学生の時分に大学生を想定して書かれた「巨人の星」には、それにプラスして”恋愛”の要素もありましたが‥)

ところで、僕は、昔から中平庸監督のファンで大島渚が大嫌いでして(笑)坊主憎けりゃ・・で罪もない細君の小山明子まで好きでないくらいです。
大島らを”松竹ヌーベルバーグ”と呼称するのを何をいまさらジロー!(笑)と思っていたので、「狂った果実」のプロフェッサーの評を読んで溜飲が下がりました。

アマゾンプライムには中平監督のあまり知られていない「誘惑」がありますが、大好きな作品です。
オールシネマのコメントも寂しい限りではありますが、ジュリアン・デュヴィヴイエと比較しておられる向きもあり、退会されぬうちにリクエストしておきたい映画です。
モカ
2021年01月26日 20:50
こんばんは。

アマゾンプライムに懐疑的だった先生が今やかなりな奥地まで探検されていますね。 これからは「隊長」と呼ばせていただきましょうか? (笑) よく見つかりましたね~
 
1930年 昭和5年? 大不況の真っ最中ですね。 
明治生まれの祖父母から大正末から昭和初めの深刻な不況の話は何度か聞かされました。 
実際東北では餓死者が出たり娘を遊郭に売ったり、この映画よりもっと酷い事もままあったようです。 その辺の政府の無策が5.15や2.26に繋がっていった面もあったんでしょうね。

ハンガリー映画の「誰のものでもないチェレ」を思い出しました。 これも1930年代が舞台でした。

ところでこの映画を発掘して再現に関わったのが京都の ”おもちゃ映画ミュージアム” の館長さんで、数年前に上映もされています。
映画にまつわる色んな情報を書いておられますのでお時間あればご覧ください。 
「おもちゃ映画ミュージアム」 HPのブログ 
 2016年 5月 16.18.24日 の欄です。
オカピー
2021年01月26日 21:47
浅野佑都さん、こんにちは。

>現代の「鬼滅の刃」にも脈拍と受け継がれていますね。

ヒットしても動じずに観られるときに観ようというのが、僕の良いところであり、悪いところ。
 昔「E・T」が大ヒットしている時を避けて、後1週間で終わりと言う時に観に行ったら親友K君に“ああいうのは、他の観客と一緒に盛り上がらなくちゃ”と馬鹿にされました(笑)

>昔から中平庸監督のファンで大島渚が大嫌いでして(笑)

おおっ、そうでしたか。
僕も大島渚より中平監督のほうが好きですが、大島監督もそこまで大嫌いではないです。
 しかし、我ながら、中平監督「密会」の映画評は出来が良いですなあ。いつもこんなのを書きたいものです。「狂った果実」も悪くない。この監督は、映画評を書く気にさせる数少ない監督なんでしょう。

>アマゾンプライムには中平監督のあまり知られていない「誘惑」が

おおっ、未見です。観てみます。情報、有難うございました。
オカピー
2021年01月27日 09:53
モカさん、こんにちは。

>これからは「隊長」と呼ばせていただきましょうか? (笑)

キング・ソロモンの冒険家よろしく、宝物がある限りは続けますがねえ。モカさんと浅野さんのご紹介で貴重なものにもありつけました。

>実際東北では餓死者が出たり娘を遊郭に売ったり、

この辺りは僕も色々と読んだりしています。小津安二郎の映画にも30年代の不況がテーマの映画が幾つかありました。「出来ごころ」なんてのはそうかな。

>ハンガリー映画の「誰のものでもないチェレ」を思い出しました。

懐かしい映画が出てきました。若い頃は新作でしたが。

>映画にまつわる色んな情報を書いておられますのでお時間あればご覧ください。 

読みました。面白いです。
 秋田雨雀というロシア文学者のコメントが、僕の本稿主旨に近くて、励まされます。画像のロシア語の新聞も見出しだけ読みました(笑)
モカ
2021年01月27日 22:58
こんばんは。

おもちゃ映画ミュージアムのコラムをさっそく読んでくださったのですね。ありがとうございます。

今夜はアマゾンプライムで前から見たいリストに入れていた
「夜の来訪者」を観ました。 あなたにお勧めのところに出ていたので内容もろくに確認していなかったのですが、映画を観始めてすぐに「これ知ってるぞ・・」となって、しばらくして
「あ! 本で読んだわ。 戯曲やったか?」という事でプリーストリーの同名の戯曲の映画版(正確にはBBCなのでテレビ版ですか)でした。
私は戯曲なんてめったに読みませんが隊長はよく読んでおられるので当然これも読んでおられますよね?
戯曲慣れしていない私なんぞは訳者に演じてもらったら大変ありがたいです。(笑)
良かったですよ~ タイムリーですね~
「何が彼女をそうさせたか」その3 (というか、”元祖何が彼女を・・” はこれだと思いました)
オカピー
2021年01月28日 19:00
モカさん、こんにちは。

>「夜の来訪者」を観ました。
>プリーストリーの同名の戯曲の映画版(正確にはBBCなのでテレビ版ですか)でした。
>隊長はよく読んでおられるので当然これも読んでおられますよね?

「夜の来訪者」なる作品は知っちょりますが、作者は記憶していなかったなあ。確かに戯曲は相当読んでおるものの、これは未読。岩波文庫にあって、県立図書館に発見。県立というのはネックで、すぐには読めませんが、興味が湧きました。
 TV映画も見てみます。vivajijiさんに紹介されたロアルド・ダール原作「素敵なウソの恋まじない」もTV映画でした。劇場用映画がだらしないので、こうしたTVの小品も無視できない時代ですね。