映画評「魔術師」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1958年スウェーデン映画 監督イングマル・ベルイマン
ネタバレあり

製作から17年経って漸く日本に輸入されたイングマル・ベルイマン監督作で、公開時に旧作ながら高く評価され、興味を持った。その後東京に住むようになったが、終ぞ映画館で観るチャンスに恵まれず、結局、一緒に公開に至った「冬の光」(1962年)と共に日本公開から10年後くらいにレーザーディスク(LD)を購入して観たのだった。今回観たのはプライムビデオにて。LDより遥かに綺麗な映像で満足度は増した。

19世紀半ば。発声できない(と称する)マックス・フォン・シドウを団長とする奇術一座が、ある町に足止めされ、領事と医師(グンナー・ビョルンストランド)と警察署長にいびられる。非科学的なことを否定するのが彼らの立場で、一座は疑われる交霊術などはやっていないと証言、翌日の昼間奇術を披露することになる。
 奇術は他愛無いものだが、催眠術の能力は大したもので、署長夫人はべらべら夫の悪口を喋り、屈強な夜警は身動きが取れなくなる。ところが、催眠が解けた瞬間に夜警がシドウに飛び掛かり、殺してしまう。
 署長の横で医師が解剖して検視するが、その直後死んだはずのシドウが亡霊となって医師の前に現れて、いびり返す。実は、旅の途中で拾ってその後に死んだアル中男の死体を奇術師らしく自分と入れ替えたのにすぎない。
 そんなこんなで諦観した団員たちが帯同せず、団長と男装するその妻(イングリッド・チューリン)はがっくりするが、署長から無罪放免を宣告された後、王宮からお招きの通達が届く。

一種のどんでん返しと言って良い、文字通り陽光照らす中で馬車が進み行く幕切れが、冒頭の陰鬱なムードと鮮やかな対照を成し、内容もなかなか解りやすい為これからベルイマンを観ようかという方に向いていると思う。

スウェーデンの神秘主義の伝統を引き継ぐ作家ベルイマンらしく、非科学的な要素を科学と対立させているのも魅力で、中盤後半の怪奇劇のような見せ方はカメラワークが素晴らしく、実に楽しめる。
 勿論そこには神の存在の問題と対峙してきたベルイマンらしさが発揮されているわけで、登場人物の立場の対立はまるでベルイマンの心の中を見るようではないか。僕は、牧師の家に生まれて父に反発したベルイマンは宗教に否定的なのであって、必ずしも無神論者ではない、と思っている。

全編に渡って対立・対照で構成されている中で、真と偽という対立もある。一座の団長は鬘と付け髭で厳めしい雰囲気を偽装しているし、細君は男装している。真実を化粧の類に隠す人間の二面性(仮面性)の問題が「仮面/ペルソナ」(1966年)などに先駆けて出ている次第で、鑑賞者におかれては哲学的な考えに思いを馳せるのも良いだろう。

ハイキーの画面は序盤から断然の魅力を発揮し、それが最高潮に達するのはくだんの怪奇劇的場面である。痺れます。

スウェーデン語ではrgの綴りはryの発音となり、イングリッド・バーグマンは本国ではベルイマン(ベーリマン)となる。30年くらい前に絶頂期を迎えた人気テニス選手エドバーグも登場したての頃は本国の発音通りにエドベリと言うメディアが多かった。次第にメディアによって二つの言い方が並立する格好になったと記憶する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

モカ
2021年01月22日 13:44
こんにちは。

この作品をアップされていないのでベルイマン上級者の方には物足りないのかな、とずっと思っていました。
万年ベルイマン初級者の私はこういうのは大好きです。
昔レンタルで初めて見たとき、子供の頃にテレビで観た ”ヒッチコック劇場” を彷彿とさせるなぁ、と思いました。ドアルド・ダールの短編集にでも出てきそうな奇妙な味わいがありませんか?
 何度か観ていますが、これを書き終えたらまた観てしまいそうです。
そんな時間があるなら「野いちご」でも観たらどうじゃ、とかいう声がどこかから聞こえてくるようですが(笑)。
オカピー
2021年01月22日 19:42
モカさん、こんにちは。

> ”ヒッチコック劇場” を彷彿とさせるなぁ

トリュフォーに言わせれば、ベルイマンにもヒッチコックの影響が見られるとか。
それはともかく、恐怖とミステリーの趣向がありますから、ダールに通ずるかも。と言いつつ、本としては読んだことはないのですが^^;

>そんな時間があるなら「野いちご」でも観たらどうじゃ、
>とかいう声がどこかから聞こえてくるようですが(笑)

そりゃ僕のことですか?(笑)
ベルイマン好きの僕としては「野いちご」を見てほしいですが、「魔術師」で満足です。これもまた素晴らしい作品です。
vivajiji
2021年01月23日 12:50
ちょうど今「魔術師」観ていました。^^
知識豊富なモカさんとプロフェッサーの
やりとりから大好きなロアルド・ダールの
お名前が出て来ましたので参上仕りました。
大読書家プロフェッサーがダール未読とは!?
おっほん、彼のは恐怖ミステリーとも言えますが
ダールファンいわく大好物「奇妙な味」ですわ。^^;
「あなたに似た人」
「飛行士たちの話」
「キス・キス」
「来訪者」
以上、翻訳者も素晴らしく私の一押しダール短編集です。
偶然ダール原作のプライムビデオ「素敵なウソの恋まじない」も
お時間ありましたらどうぞ。肩の凝らない小品です。
モカ
2021年01月23日 20:28
こんばんは。

>そりゃ僕のことですか?(笑)

声には出さねどきっと内心では思っておられるでしょう。
昔少し観たのは確かで、ラストシーンは憶えていますが、殆ど寝ていたのか記憶がなくて・・・
  ダビングしてあるので近日中にトライいたします。


 ロアルド・ダール 
  私も昔4,5冊読みましたが、ダールがヒッチコック劇場のシナリオを書いていたとは先生のヒッチコック評を読むまで知りませんでした。 
 
昔は田村隆一が翻訳していましたが今は違うようですが、まずは「あなたに似た人」からですかね。
 来年の年頭の読書録が楽しみです! 
オカピー
2021年01月23日 21:55
vivajijiさん、こんにちは。

>ちょうど今「魔術師」観ていました。^^

プライムビデオもなかなか見どころがあります。もう少し無償映画が増えると良いですねえ。

>大読書家プロフェッサーがダール未読とは!?

大古典派なものですから。しかし、こちらが大分終わって来たので、これからはvivajijiさんやモカさんお薦めの作家、作品が読める可能性が増えてきましたよ。ご期待あれ(笑)

>ダール原作のプライムビデオ「素敵なウソの恋まじない」

無償であることを確認しました(笑)
短そうですし、今月中には観られるでしょう^^
オカピー
2021年01月23日 22:12
モカさん、こんにちは。

>ダビングしてあるので近日中にトライいたします。

悪魔とチェスをする場面のある「第七の封印」も面白いですよ。

>>ロアルド・ダール 
>ダールがヒッチコック劇場のシナリオを書いていたとは
>先生のヒッチコック評を読むまで知りませんでした。

おっ、そうでしたか!
 
>「あなたに似た人」からですかね。
>来年の年頭の読書録が楽しみです! 

vivajijiさんからのご推奨もありますし、これは読まねばなりますまい。図書館にあるのは、田村隆一のものです。
そこまで待たずとも、昨年から半年ごとに変えましたので、多分7月1日は触れられると思いますよ^^
モカ
2021年01月24日 21:55
こんばんは。

>悪魔とチェスをする場面のある「第七の封印」

 あぁ・・あれは悪魔だったんですね・・ビジュアル的に(笑)好みじゃないかも?とダビングしなかったです。 ベルイマンは探せば多分どこかで観られるでしょうから頑張ります。

 ダールがヒッチコック劇場のシナリオを書いていた件、ダールの古い本を引っ張り出してきて後書きをチェックしたら、ちゃんと書いてありました。
日本が舞台の007の脚本も書いていたんですね! 
「あなたに似た人」に入っている「南から来た男」にはS・マックイーンが出ていたとか。 ヒッチコック劇場はよく見ていましたけれど、何せ小学生でしたからタイトルで覚えているのは「瓶の中」(怖かった~!)ぐらいでした。
マックイーンといえば、「拳銃無宿」、クリント・イーストウッドといえば「ローハイド」(笑)
今にして思えばよくまぁあれだけテレビばっかり見ていたもんだと我ながら感心してしまいます。それもアメリカさんのばっかり。
オカピー
2021年01月25日 09:32
モカさん、こんにちは。

>あぁ・・あれは悪魔だったんですね

と軽く振られて疑問に思って調べた(調べるまでもなく)、悪魔ではなく死神でしたね。死神は悪魔と違って有無を言わせないからなあ。どうも失礼しました。

>ダールがヒッチコック劇場のシナリオを書いていた件、ダールの古い本を>引っ張り出してきて後書きをチェックしたら、ちゃんと書いてありました

僕は、小林信彦がヒッチコック関係の書籍の中で、中原弓彦の別ペンネームでどなたかとの対談中にダールを出してきたので、ダールの名前を憶えました。それから半世紀近く経つのにまだ読んでいないという。

>日本が舞台の007の脚本も書いていたんですね!

「007は二度死ぬ」。どちらかと言えば評判が悪いですけど、個人的に好きな一作です。

>今にして思えばよくまぁあれだけテレビばっかり見ていたもんだと我ながら感心してしまいます。それもアメリカさんのばっかり。

当時は、他の娯楽がなかったですからねえ。
僕は、地図と国語辞典とのにらめっこ以外に、山へ冒険に繰り出すことも多くて、他の子供に比してTVは観なかった部類でしょう。

アメリカが多いのは、色々な事情があるにせよ、GHQの間接的な影響もあるかもしれませんねえ。
しかし、僕はロシアに占領されなくて良かったと思いますよ。あるいは、アメリカとロシアとで分割統治されるのも。そんなことになったら、今頃北朝鮮と韓国みたいなことになっていたかもしれない。