映画評「ベル・カント とらわれのアリア」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ポール・ワイツ ネタバレあり 1996年にペルー日本大使公邸で起きた実話かと思って見たら、それを着想源にした小説(作アン・パチェット)の映画化でありました。結果は実際に近い感じ。 1996年、南米某国の副大統領公邸のパーティーに、日本人実業家・渡辺謙とその通訳・加…
コメント:0

続きを読むread more