映画評「幽霊西へ行く」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1935年イギリス映画 監督ルネ・クレール ネタバレあり この作品を皮切りにドイツの敗戦まで10年間ルネ・クレールは英米で映画を撮っているが、この作品が一番上出来だろう。35年ぶりくらいの再鑑賞。 18世紀。スコットランドのグローリーの城主が宿敵マクラガン家に侮辱されて憤死、息子マードッ…
コメント:8

続きを読むread more