映画評「洲崎パラダイス・赤信号」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1956年日本映画 監督・川島雄三
ネタバレあり

芝木好子の小説「洲崎パラダイス」を川島雄三監督が映画化した人間劇である。本当は人情劇と言いたいのだが、この言い方では山田洋次の作品群のようなものを想起させてしまうだろう。強い恋愛感情でも腐れ縁の類であるから、まして恋愛映画とは言えない。

1980年代後半に衛星放送で一度観たことがある。川島雄三は早世したせいもあって、遍く定まった評価が映画ファンにない感があり、僕も東京各地の名画座を駆けずり回った東京時代に「幕末太陽伝」以外に観た記憶がない。
 今回、弊ブログ常連のモカさんから、YouTubeにおいて期限付きで無料で見られるという情報を得た為、急遽再鑑賞したという事情がある。有難うございました。

売春禁止法が施行される1957(昭和32)年の前年。江東区の赤線・洲崎パラダイスの直前で、内縁の夫・義治(三橋達也)を連れた蔦枝(新珠三千代)がバスから降りる。彼女はその中で働いていた過去があり、誘われるように降りたのであろう。彼女は、小さな居酒屋兼貸しボート屋を営むお徳(轟夕起子)に雇ってもらえないかと掛け合う。
 昔取った杵柄で男性の扱いの巧い彼女は、早速神田(秋葉原)のラジオ商店主落合(河津清三郎)をたらし込み、後にアパートまで借りて貰うと、さっさとこの居酒屋を去っていく。
 お徳に蕎麦屋を紹介して貰った義治は遂に堅気になる気になるが、そんな折に彼が恋しくなって落合のアパートを出て来た蔦枝は酒場に戻ると、蕎麦屋の可愛らしい店員玉子(芦川いづみ)がどうも彼を好いているらしいと知り、益々義治への情熱をたぎらす。結局二人はまた寄りを戻して洲崎を去っていく。

二人のこれからの人生を考えれば全くハッピーエンドではないが、元気にバスを追いかける幕切れが良い後味を残すことは確かである。

大体において昔の良い映画は、相似と対照をうまく使う。本作では、中盤から後半の初めにかけて三橋が懸命に探し回り、終盤では蔦枝が彼を探す。バスを降りるところから始まる映画は、バスに乗るところで終わる。これは相似と対照の組合せで、きれいな対称を成す。義治以外の男性は女性に去られ、お徳の戻って来た夫(植村謙二郎)は愛人に殺される。これらは義治との対照。

中盤義治が蔦枝と落合を探す長いシークエンスでは、連続的にすれ違い(寿司屋や劇場)を見せる。これにより映画は観客に義治の蔦枝との関係を運命論的に終らせると予想させるが、実際には寧ろ逆で、すれ違いをものともしない二人の腐れ縁が運命論的に強調されるような印象を、僕は持つのである。

81分という短尺で、お話が物凄いスピードで進行する。ちょっと慌ただしい感じを受けなくもないが、その慌ただしい中で当時の、他人との距離があらゆる意味で近い日本人(都会人)の他人観がよく感じられる。今の人間は他人に対して丁寧であるが概して親切ではない。丁寧なのは他人行儀であるからで、実際には冷たいと同義語である。そこへ行くと、当時の人間は、現在に比べると非道徳な感がある一方で、道端に倒れた義治を見も知らぬ工夫(こうふ)たちが助け起こし、おにぎりを与える。この映画で一番印象に残ったのは、才人川島監督には申し訳ないが、実は工夫のおにぎりなのである。

「細うで繫盛記」の賢婦人のイメージが強い新珠三千代が、そのイメージを全く裏切る婀娜っぽいヒロインを演じて(僕らの世代には)新鮮。同時に、見続けるうちに彼女らしい顔に見えて来るのだから、面白い。

1956年は日本の評論家がきちんと評価すれば、世界の日活になった可能性がある。本作もそうであるが、大向こうにそれ以上の黙殺を受けた「狂った果実」を正当に評価したのはフランソワ・トリュフォーである。「太陽の季節」のセンスも優れていた。これはヌーヴェル・ヴァーグ以前にヌーヴェル・ヴァーグしていた作品群と僕は思っている。3年後にヌーヴェル・ヴァーグが台頭、その直後に松竹の新感覚の映画が“松竹ヌーヴェル・ヴァーグ”と言われる。いや、勿体ない。日本の医学界が無視した為にノーベル賞が取れなかったにちがいない、ビタミン発見の鈴木梅太郎と似た例ではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

モカ
2020年06月11日 17:27
こんにちは。

書きにくいと仰っていたのに、早速にありがとうございます!

>81分という短尺で、お話が物凄いスピードで進行する。ちょっと慌ただしい感じを受けなくもないが、

  
「暖簾」「わが町」はもっとダッシュしてますよ。 
この関西を舞台にした2作は何をそんなに慌てているのですか?と言いたくなるほど前のめりな感じで、今は亡き米朝師匠から「芸には間(まぁ)がないと品が悪なる」とお小言をくらいそうな感じがちょっとします。
 監督が自身の先がそう長くはないという予感があったのかもしれませんね。
なので較べるのも気の毒かもしれませんが、さすがに市川崑監督の「ぼんち」や「細雪」は上方の間があってええ塩梅でございます。

それにしても、この時の新珠三千代は出色の出来ですね。
着たきり雀の着物の裾をはだけて下駄ばきでカラカラと走りだす後ろ姿がたまりません。この頃はまだ着物が普段着だったので流石に生活着としての所作が板についていますね。
轟夕起子がこれから店の掃除でもするんでしょうか、着物の裾をさっとめくって(着物だけですよ、襦袢はそのままで)帯に挟んで店の中にすたすた入って行く所なんか、今時の監督も女優も思いつく人は少ないんじゃないでしょうか。

 
 >その慌ただしい中で当時の、他人との距離があらゆる意味で近い日本人(都会人)の他人観がよく感じられる。

 大阪の下町はまだそんな感じですよ。おばちゃんが優しすぎておせっかいとも言う・・・(笑)

 西成の路上生活の人が亡くなったら、同じ路上生活者が自分のなけなしの100円から50円だして弔いの足しにしたってんか、という人がいるような町です。

 冒頭の橋の上の二人の会話
自虐的にグダグダいう三橋に新珠三千代が「人間、死ぬまでは生きなければ」みたいなことを言って突き放しますが、この時代の大抵の日本人は「取り合えず今日は生きねば」とすり減った下駄を鳴らして走ってたんだと思います。 新生を買うのに100円札(懐かしい!板垣退助)で40円おつりが・・・
 横に缶のピースもありました。 新生にピース、名前からして戦後です。

 
 
オカピー
2020年06月11日 21:40
モカさん、こんにちは。

>監督が自身の先がそう長くはないという予感があったのかもしれませんね。

ああ、そういうことか。卓見と思います^^ゝ

>おの時の新珠三千代は出色の出来ですね。
>着たきり雀の着物の裾をはだけて下駄ばきでカラカラと走りだす後ろ姿

モカさんのこのコメントに触れ、本稿に何が欠けているか解りました。
 多分この映画を語るには、そういう生活部分を述べる必要があるのだと思いますが、左脳が勝っているわがこちこちの頭ではそういうところになかなか思いが行かない。

>大阪の下町はまだそんな感じですよ。
>おばちゃんが優しすぎておせっかいとも言う・・・(笑)

関東でも田舎は、東京に比べれば人との距離は近い感じがしますが、それでも昔に比べると、親身さが足りない気がします。その代わり昔は何かへまをすると凄く叩かれた。良くも悪しくも人が遠慮をしなかった記憶があります。

>この時代の大抵の日本人は「取り合えず今日は生きねば」と
>すり減った下駄を鳴らして走ってたんだと思います。

良い表現ですね。こういうのは1950年代のリアルタイムに、男性ではなく、女性作家がうまく小説に書いていそうな気がします。
浅野佑都
2020年06月12日 02:27
>YouTubeにおいて期限付きで無料で見られる
僕も観ました。有難いことです・・只というのはうれしい(笑)

>バスを降りるところから始まる映画は、バスに乗るところで終わる。
相似と対照の妙ですね!
シリーズ中唯一、プロフェッサーが高得点(といっても5点ですが笑)を付けた「女囚さそり701号恨み節」でも、地下道で始まり、地下道で終わっています・

>「細うで繫盛記」の賢婦人のイメージが強い新珠三千代

宝塚の娘役出身(タチ役と両方できる人も)女優はみんな演技が上手いです・・。男役はアキませんて!ターキーの昔から、ヅカ時代の癖が抜けていない人が多いです。

ひたむきなヒロイン像が印象深く、小股の切れ上がった感じの庶民のビューティアイコンである新珠美千代ですが、今でいう不思議ちゃんでして、凄い美人なのかファニー顔なのか、よくわからないときがあります。。
「なるほどザ・ワールド」などバラエティー番組にもよく出ていて、亡くなった志村けんに「新珠下駄代さん」などといじられていたので、本人も気取らない性格なのでしょうね・・。
東宝に移ってからの活躍が凄く、「女の中にいる他人」川島雄三がメガホンを取るはずだった「江分利満氏の優雅な生活」の彼女も好きですね・・。
浅野佑都
2020年06月12日 02:50
>この時代の大抵の日本人は「取り合えず今日は生きねば」

袖すり合うも他生の縁であり、寄り添っていないと自分も生きづらさを覚えるような時代でしたでしょうか?

今は十分お金もあり、掃除洗濯は機械がやってくれ、ご飯はマイコン炊飯器が炊いてくれるが、僕など「昔のほうがお焦げができたから良かったのに・」と文句を言っている(笑)

SNSがわが世の春なのも、孤独を享受できる時代に人々の意識が却って人心を求めるから、なんでしょうねぇ・・。
モカ
2020年06月12日 11:19
こんにちは。

>左脳が勝っているわがこちこちの頭ではそういうところになかなか思いが行かない。

 そんな! こちこちじゃないですよ。人間X線のような鑑賞力で映画の骨格と仕組みを見抜いていらっしゃると思います。
 私は何というか・・・大阪のおばちゃん目線(大阪人じゃありませんが)というか、バリバリの生活者目線がどうしても出てしまうのです。リアリティーを追求するという意味ではないのですが、細部に目がいってしまって大局をみていないことが間々あります。だから先生の評には「なるほどなぁ~」と感心しております。
(時折繰り出されるおやじギャグには・・・お元気そうで何よりと安堵しておりますです。)


 ひとつお聞きしたいのですが、轟夕起子が子供たちにご飯のおかずは何、と聞かれて「とろろ」と答えますが、これは関東では山芋とか長芋とかをすりおろした物の事ですか? それとも「とろろ昆布」の事ですか? 気になります。
モカ
2020年06月12日 19:25
追記

>良い表現ですね。

 ありがとうございます!

>こういうのは1950年代のリアルタイムに、男性ではなく、女性作家がうまく小説に書いていそうな気がします。

 やはり原作を読まないといけませんね。
 これ以上必読本を増やすのもどうかと思いますが・・・
 芝木好子は「湯葉・隅田川」を昔読みましたがまた違う系統のお話でした。

 調べてみたら、溝口の「赤線地帯」もこの人の本を元にしているようです。洲崎は30歳くらいで書いてますね。すごいですね。

 
 

オカピー
2020年06月12日 21:14
浅野佑都さん、こんにちは。

>相似と対照の妙ですね!

相似と対照が合わさって最初と最後に配置されると、綺麗な対称になりますよね。僕はこういうのが好きで、昔のフランス映画に多い手法だと思います。

>宝塚の娘役出身(タチ役と両方できる人も)女優はみんな演技が上手い
>男役はアキませんて!

僕もそう思います。真矢みきなんて、人気がありますが、特に口跡が男役時代の癖があって好きになれない。

>新珠三千代
>東宝に移ってからの活躍が凄く、

東宝に移ってからも後の「細うで繫盛記」のイメージとは違いますが、ここでその根っこが出来た感じがしますね。

>袖すり合うも他生の縁であり、寄り添っていないと
>自分も生きづらさを覚えるような時代でしたでしょうか?

その時代のことはなかなか解りませんが、日本人がねじ曲がったのは、バブル崩壊により、そして、それ以降のような気がします。経済が人心に与える影響は、僕らが思うより大きいのかもしれませんね。
オカピー
2020年06月12日 21:46
モカさん、こんにちは。

色々と有難うございます。
自分の特徴が出せればとりあえず良いとは思います。

>時折繰り出されるおやじギャグには・・・
>お元気そうで何よりと安堵しておりますです。

思ったより早く復調しました。100%でなく、時におかしくなることもありますが、すぐに戻りますので、自分でも一安心なのです。

>これは関東では山芋とか長芋とかをすりおろした物の事ですか?
>それとも「とろろ昆布」の事ですか? 気になります。

関東で、少なくともこの辺で、とろろと言えば、山芋・長芋をすりおろしたもののことですね。よく食べます。

>やはり原作を読まないといけませんね。

芝木好子では、原作は読んでいませんが、芥川賞受賞作となった短編「青果の市」は読みました。大分(おおいた・・・じゃないですよ)前のことで内容はおぼろげ。多分【朝の連続テレビ小説】みたいな話ではなかったでしょうか。

>溝口の「赤線地帯」もこの人の本を元にしているようです。

おおっ、そうですか!
 僕は割合昔の花柳小説が好きです。永井荷風は言うに及ばず、近松秋江(しゅうこう)の「黒髪」、里見弴の「多情仏心」なんかもこのジャンルに入れちゃう。戦後のものはよく解りませんが。
モカ
2020年06月14日 15:22
こんにちは。

 ☆ とろろ ☆

  ほぼ全国的にとろろは共通しているんですね。
 川島の「暖簾」に”とろろ昆布”が出てくるので「とろろ」とは長芋のすりおろしかとろろ昆布か、どちらのことかな、と思った次第です。
 当然ご覧になっているはずですが、ちょっとおさらいしますと、原作は山崎豊子で、山崎の実家(大阪では有名な塩昆布の老舗、小倉屋山本)がモデルのお話でして、山田五十鈴の養子娘のところに森繁が婿養子に入って家業を盛り上げるお話で、森繁がとろろ昆布(おぼろ昆布)を発明?するんです。
 それで川島の頭に「とろろ昆布」がインプットされたのかと思ったのですが ウィキで調べたら「暖簾」は本作の2年後に作られているので実際どうだったかは定かではありません。

 でもわざわざおかずが「とろろ」って言います?
 子供はあんまり嬉しそうな反応してませんしね。
 この頃庶民のおかずはどんなんだったんでしょうね?
私は辛うじて?生まれてましたけどおかずの記憶はないですね。
古い記憶では小腹がすいて砂糖をなめた記憶はありますが(泣)

ウィキによると織田作と親しかったらしいのでそっち経由かもしれませんが。太宰が嫌いで織田作が好きだったのが作風に出てますね。
 結構原作物を監督してますね、梅崎春生とか。
 観たいですけど観る術があるんでしょうか・・・
 
オカピー
2020年06月14日 21:11
モカさん、こんにちは。

>川島の「暖簾」に”とろろ昆布”が出てくるので「とろろ」とは長芋の
>すりおろしかとろろ昆布か、どちらのことかな、と思った次第です。

なるほど。この作品との合体で、そういう思いに至ったわけですね。

>当然ご覧になっているはずですが、

それが何とも言えんのです。IMDbに採点していない作品は見ていないということになっているのですが、二十数年前に家でネットが出来るようになった時にIMDbが現在に比べると日本映画の掲載が限られていて、判然としないのです。
 モカさんのお話を読むと見たことがあるような気もしますが、錯覚かもしれません。

>この頃庶民のおかずはどんなんだったんでしょうね?

我が家は貧乏でしたので、参考にならないなあ。我が家は1960年代半ばでも、一つの卵を醤油で量を増やし、母と三人兄弟の四人で食べたものです。父がかき回していましたが、食べなかったようです(兄貴の記憶)。
それから数年後に、一人一つの生卵が食べられるようになった時は、おいしいと思いましたねえ。

>結構原作物を監督してますね、梅崎春生とか。
>観たいですけど観る術があるんでしょうか・・・

フィルモグラフィーを眺めますと、前期はオリジナル脚本が多いようですが、後期は殆ど原作ものですね。

なかなか自ら選択して観ることは難しいかもしれませんねえ。映画会社関連の動画サイトくらいしか思いつきませんが、2000年代半ば以降に映画の著作権の保護期間が公開後50年から70年に延びましたが、それでも1950年代半ばくらいまでは著作権が切れているので、もっと自由に(無料で)観られると良いのですがねえ。
 長くなればなるほど無名の映画は埋もれていく。著作権保護期間を長くして良いことはないです。本の類もそれ以上に悪い。死後70年なんてどうかしていますよ。