映画評「竜馬を斬った男」

☆☆★(5点/10点満点中) 1987年日本映画 監督・山下耕作 ネタバレあり 時代小説家早乙女貢の同名短編小説を山下耕作が映画化。  坂本龍馬を扱った小説・映画・TVドラマは色々あるが、彼を殺したと言われる人物の一人・佐々木只三郎を主人公にした点が異色である。 佐幕派の会津藩士・只三郎(萩原健一)は、浪士組組織に奔走…
コメント:0

続きを読むread more