映画評「青春の蹉跌」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年日本映画 監督・神代辰巳 ネタバレあり 僕が読む石川達三は専ら社会派小説だが、彼は1960年代以降色々と若者を主人公にした作品も書いた。本作の原作となった同名小説もその一つで、映画は大学に入学してからロードショーより数年遅れで観た。大変興奮したので、後日大学の友達と少し話をしたが、今回…
コメント:2

続きを読むread more