映画評「嵐電」

☆☆(4点/10点満点中)
2019年日本映画 監督・鈴木卓爾
ネタバレあり

友人に鉄ちゃんがいるせいか、鉄道絡みの映画は比較的よく観る。本作は、京都の通称“嵐電”(京福電気鉄道北野線)の近くで起こる三組の男女のお話を綴る。

鉄道関係の著作をしている衛星(井浦新)は妻・斗麻子(安部聡子)との思い出のある嵐電について書こうと久しぶりに訪れる。彼と交錯する8mm電車オタクの高校生・子午線(石田健太)は、同じく彼の視野に入って来た青森県の女子生徒・南天(窪瀬環)と運命的な出会いをする。インディ映画のスタッフ・キャストに弁当を届けた女子店員・嘉子(大西礼芳)は、男優・譜雨(金井浩人)と昵懇になっていく。

まあこんなお話なのだが、最初は「阪急電車 片道15分の奇跡」のようなムードで進むかと予想するうち、そういうメジャー系の作り方ではなく、山田洋次が映画学校の生徒と共同して作った「京都太秦物語」に似て疑似ドキュメンタリーの要素すら出て来る(実際に本作も学生が絡んでいるらしい)極めてインディ的な作りと思っていると、やがて女狐の運転士と男狸の車掌が出て来て、前衛演劇のような人の出入りが目立つファンタジー的趣向が交錯してくる。

場面切り替えや繋ぎの呼吸の悪さもさることながら、上のパラグラフで述べたように、作品の性格が非常にはっきりしないところが大いに気になるわけである。
 内容は、最終的に女狐と男狸を見た恋人たちは変わる(別れる)という都市伝説を絡めてくるので、三つの恋愛というところに収斂すると言って良いのだろうが、恋愛と言いかねるところが多く、ピンと来ない。
 衛星はどちらかと言えば狂言回し的な位置にあるので、映画クルーと絡み合わないのは、中途半端。それなら高校生たちとも絡めず、三つのエピソードを全て独立したほうが良かったのではないだろうか。

演技については、本作の内容であれば、妥当である。大根という評価があるが、所謂“上手い人”はやり過ぎがちなので、こういうノンシャランな作りの作品ではやりすぎない彼らくらいが丁度良い。厳密に言えば、監督が演技に生難さを求めたのだろう。

しかし、“キネマ旬報”ベスト第9位の作品としては甚だ不満(観終わった後にこの順位に気付いたから、がっかりしたわけではない)。映画製作活動の価値を加味しての評価なのだろうが、映画はその中身が全てなので、映画の外である活動の価値や苦労は加味すべきではない。

現在コロナのワクチン開発が進むが、その先にあるのはどんなウィルスにも適用できる汎用ワクチンの開発だそうな。2月頃既にビル・ゲイツ絡みでその報道を読んだし、先日フジテレビの番組で木村太郎氏も言及していた。それが実現すれば、ウィルスとの闘いとは当面おさらばだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モカ
2020年04月26日 12:06
こんにちは。

これって京都シネマともう1館でしか上映していなかったですね。
当然、未見です。

多分、関係者とご当地モンを見たがる暇な年寄りくらいしか見ていないんじゃないですか。
「こんな卒業制作みたいなもん、金取って人に見せるもんと違うわ!」と怒り心頭のご老人がいましたが、「ええ歳して何を期待してこんなん見に行かはったん? 犬でも食べる前にクンクンしますやん?」と言いたかったけど、相手は文句言いのブロガーさんなのでスルーしました。 ま、ご本人も暇だったから、とは言ってましたが。 (笑)

あ、オカピー先生は別格ですから! 
在野の評論家ですから何でも見ないといけません。

余談ですが京都には路面電車はもう一つありまして、鴨川のY字の合流地点から北東、つまり都の鬼門方向に走っている叡山電車、通称叡電があります。
これも途中で分岐して八瀬からケーブル、ロープウェイを乗り継いで比叡山に行く線と、丑の刻参りに遭遇する貴船神社経由で牛若丸が修行した鞍馬山に行く線があります。 
観光ガイドになってしまいましたね。




オカピー
2020年04月26日 22:00
モカさん、こんにちは。

>こんな卒業制作みたいなもん

実際そんな感じで、高い金を払って映画館で観ようとは思いませんね。

>あ、オカピー先生は別格ですから! 
>在野の評論家ですから何でも見ないといけません。

かたじけないです。
 しかし、その僕も、最近は相当選んでいますよ。フィルムを使わなくなって本数だけやたらに増えていますから、つまらない作品が激増。もう付き合いきれん。本を読まなければ見られますけど。余生が見えて来たので、そう余裕をかましてもいられない。

>叡山電車、通称叡電があります。
友人の鉄ちゃん(現在石川県在住。会社時代の同僚)は当然乗っているでしょう。彼は路線を踏破して、各駅の写真などを撮って来るタイプでして、デジタルカメラ時代になって相当節約できているらしい。