映画評「イル・ポスティーノ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1994年イタリア=フランス=ベルギー合作映画 監督マイケル・ラドフォード
ネタバレあり

ブルーレイには同じ傾向の作品を数本保存する。多いのは監督集、俳優集だが、これは先日アップした「スモーク」が入っている1990年代名作集に入れた作品。「スモーク」で再確認したいことがあった取ったついでに、こちらも見ることにしたという次第。

1952年頃、チリの外交官で詩人のパブロ・ネルーダ(フィリップ・ノワレ)が共産主義を禁じたチリ当局に追われ、イタリアはナポリ沖に浮ぶ孤島を避難先とする。女性を中心に絶大な人気がある為たくさんの手紙が到着し、頭を抱えた郵便局長が専任配達夫を募集すると、漁師の息子のくせに漁が嫌いなぐうたら青年マリオ(マッシモ・トロイージ)がやって来る。
 詩人が人気者であることに惹かれたマリオは、最初は打ちとけなかったが実は気の良い大詩人と親しくなり、隠喩のことを教わるなどするうちに、食堂の娘ベアトリーチェ(マリア・グラツィア・クチノッタ)を恋し、詩人の詩を引用することでその恋をものにする。

恩人たる詩人は二人の婚姻の証人となるわけだが、それ以前のベアトリーチェの母親の過大な心配ぶりや、神父の共産主義者への反発などが実に楽しく描かれる。険しき道かと思いきや、根が実に素朴な人々だから、神父は詩人が十字を切るのを見ただけで認めるし、母親も結婚してみればそれほどのことはない。収入が少ないのは気に入らないらしいけれど。

やがてチリの政権が変わり、無罪放免となったネルーダは幾つかの品々を残して故国へ帰っていく。
 ぐうたら青年は大して変わっていないようにも見えるが、その後のエピソードを見るとそんなことはない。共産党員になるのが良いか悪いかはともかくとして、彼の視点は自分以外の者にも行くようになり、その結果が共産主義者でもある詩人と同じ共産党員という道で、それ故に不幸にも彼は集会で勃発した当局の介入により不慮の死を遂げる。

僕の作劇観からすると彼の最後は余分なような気がするわけで、インテリの中年詩人(映画では老人だが、実際のネルーダは48歳くらいだ)と教養のない(とは言っても、村では字の読める数少ない人ではある)素朴な青年との友情を、砂浜や食堂など孤島の印象的な情景のうちに、感じ取ってほのぼのとするのが理想であろう。
 また、彼が詩人に送ろうと、島と音の数々を集めるモノクロのシーンが実に良い。
 青年の死という落着は余り感心しないが、詩人が自分よりぐっと若い故人を偲んで砂浜を彷徨する最後の場面は感慨を呼ぶ。

ダンテの「新生」でおなじみのベアトリーチェという名前はイタリア文学好きにはたまらないものがあって、作品の中でも色々と文学者の名前が絡むので、個人的にはちょっとした得点源。

この時代のフィリップ・ノワレは姿や表情からにじみ出るものが多分にあり、その様子を見るだけで感動させられる。一方のマッシモ・トロイージは闘病中の出演だったようで、文字通りクランプアップの直後(12時間後という)に亡くなった。彼もネオ・レアリズモ的な好演だ。

お医者様でも草津の湯でも恋の病は・・・と言うが、このところ聞く色々な報道を統合すると、新型コロナの致死率は相当低い。しかし、免疫力の低い人にはインフルエンザより怖い病気であることに変わりない。特効薬・ワクチンの開発も進み、予想よりぐっと早く年内には大量生産できそうだという希望の持てる情報をTVが伝えていた。一日も早く実現することを祈る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年04月24日 10:41
昨日に続いて今回もコメントを。
2008年に観て、その後は観てないので後半の主人公の死については忘れてました。

>彼が詩人に送ろうと、島と音の数々を集めるモノクロのシーンが実に良い。

離島の青年と世界的詩人との交流を描いた佳作ですが、僕が思い出すのもこのシーンですね。

今は休眠状態の「豆酢館」の豆酢さんもご贔屓の作品と承知しています。
モカ
2020年04月24日 17:15
こんにちは。

これも良い映画ですね!

F・ノワレを見るとなぜだかフワフワ系のお菓子が食べたくなります。 シュークリームとかマシュマロとか・・・
この方は若い時からもっさり系フランス男子の典型みたいでしたが、年々不思議な存在感がでてきた特異な例ですね。
「地下鉄のザジ」の伯父さんや「ぐうたらバンザイ」のぐうたらおやじなんかはもっさりした味わいがちょうど良かったですが。
ロミー・シュナイダーの夫役の時はちょっとビックリ(笑)

マッシモ・トロイージはマストロヤンニと共演した「バールに灯ともる頃」が良かったです。


>その結果が共産主義者でもある詩人と同じ共産党員という道で、それ故に不幸にも彼は集会で勃発した当局の介入により不慮の死を遂げる。
 
  イタリアは大戦後の西側ヨーロッパのなかでは共産党勢力が一番強い国でしたし、日本でいうと60年安保前後の時代設定なので、どうしても政治的背景を無視できないところがあるんでしょうね。

 

 

モカ
2020年04月24日 18:22
訂正です。

フィリップ・ノワレはP・ノワレと書かないといけませんでした。
謹んで訂正させていただきます。

コロナ関連の訃報に接していると、気のせいか体調が悪くなってきて喉のあたりが変になってきました・・・
2週間くらいコメントしなかったら、どうかなったということで・・・
オカピー
2020年04月24日 21:32
十瑠さん、こんにちは。

>後半の主人公の死については忘れてました。

僕も忘れていました。多分、交流に比べて、余りうまく機能していないんですよ。

>今は休眠状態の「豆酢館」の豆酢さんもご贔屓の作品と承知しています。

僕が勝手に妹分とした豆酢さん、どうしていますかなあ。
オカピー
2020年04月24日 21:48
モカさん、こんにちは。

>F・ノワレを見るとなぜだかフワフワ系のお菓子が食べたくなります。
>シュークリームとかマシュマロとか・・・
>P・ノワレと書かないといけませんでした。

そう思います。マシュマロ俳優ですね。

>「ぐうたらバンザイ」のぐうたらおやじ

おおっ、「ぐうたらバンザイ」をご覧になっていますか。ちょっとした傑作でしたよねえ。保存版が作りたい!

>マッシモ・トロイージはマストロヤンニと共演した
>「バールに灯ともる頃」が良かったです。

「特別な一日」のエットーレ・スコラの作品ですね。

>イタリアは大戦後の西側ヨーロッパのなかでは共産党勢力が一番強い国

共産主義は宗教に否定的ですが、実はカトリックや仏教と親和性が高い。ジョン・レノンの「イマジン」は共産主義のように思われていますが、実は仏教ですよね。

>気のせいか体調が悪くなってきて喉のあたりが変になってきました・・・

花粉症はありますか?
僕は、数年前から夏前から始まるイネ花粉に悩まされていますが、今年は遂にスギ花粉にもやられるようになったらしく、3月から咳も大して出ないのに喉が痛くなりました。イネも相変わらずですと、7月初めくらいまで続くことになる。

気のせいと言えば、風邪も引いていないのに、コロナ狂騒曲に触れる余り、本当に頭が痛く感じる時がありますよ。

気のせいと思いますが、お大事に。
モカ
2020年04月25日 15:11
こんにちは。

>共産主義は宗教に否定的ですが、実はカトリックや仏教と親和性が高い。ジョン・レノンの「イマジン」は共産主義のように思われていますが、実は仏教ですよね。

 マル経自体は資本主義を解釈する一つの方法として残っていくんでしょうが、(ソ連崩壊以降、大学の経済学部でもマル経の教授は失業状態とか?)共産主義を信じる人(今現代世界にどれだけいるのやら)にとっては宗教のようにも思えます。
 キリスト教と同じで原点からかけ離れていって為政者に都合のいいように改変されて残っていくのかもしれませんね。中国みたいに。
 「イマジン」が仏教だとしたら原始仏教でしょうか?
  インドに行ったのと、洋子さんの影響でしょうか・・・

「ぐうたらバンザイ」大好きです。 ポスターを張ってます。
 ポスターを見るたびに「ぐうたらバンザイ」な気分になります。
 DVDは図書館にあるんですけど、今は図書館も閉鎖中ですね。
 買い物にいく犬が可愛かった~ こんなご時世にはあんなワンコに代わりに買い物に行ってもらいたいです。
 同じ監督の「わんぱく戦争」も面白かったですね。
 オカピー君(偉そうにすいません)はまだ小さかったから知らないかもしれませんが、主題歌とかもすごく流行りました。
たしかNHKのみんなの歌で流してたんでした。

花粉症
 ヒノキに反応してしまいますが今年はなぜか発症しませんでした。 ここ2,3年ドライマウスに悩まされていましたが、マスクが効いたのか最近気にならなくなりました。
 それにしてもマスクがない!
 国が配らなくてもいいから、福井県のようにみんなに普通にいきわたるように各自治体が対処してもらいたいものです。
 
オカピー
2020年04月25日 21:15
モカさん、こんにちは。

>マル経
>共産主義を信じる人(今現代世界にどれだけいるのやら)にとっては
>宗教のようにも思えます。

全くその通りと思います。
所謂共産主義者は殆どいないでしょう。
 保守派の人々にはそれを信じず、選択性夫婦別姓やジェンダー論を家族は破壊するコミンテルンの陰謀だと言っている人がいますが、いつの時代のこと? ソ連が出来た当初の根拠のない悪口を未だに引きずっています。実はスターリンは家族法を二階作って家族の絆を強化しています。相当インチキですけどね。

>「イマジン」が仏教だとしたら原始仏教でしょうか?
>インドに行ったのと、洋子さんの影響でしょうか・・・

ジョンに関するドキュメンタリーを見た時、「イマジン」の歌詞は小野洋子の原案で、彼が少しいじっただけと言っていました。
 世間では「イマジン」は「般若心経」に似ていると言われています。例えば、no ~ が多いということ。実際ジョンは「般若心経」にも傾倒していたそうな。
 「イマジン」が「般若心経」に似ているかどうかはともかく、僕も、一般的に仏教の本(たまには経典も読みます)を読んだ時に「イマジン」みたいなだなと思ったことがあります。

>「ぐうたらバンザイ」大好きです。 ポスターを張ってます。
>DVDは図書館にあるんですけど、今は図書館も閉鎖中ですね。

わが図書館にもありましたよ。自粛が終ったら早速借りましょう。
NHK教育でやっている「一〇〇分でde名著」で現在やっている「ピノキオ」の“ぼくは働くのに向いていない”という台詞に通底しますね。

>同じ監督の「わんぱく戦争」も面白かったですね。

イヴ・ロベールは大好きです。
 どこかの名画座で「わんぱく戦争」は見ましたが、主題歌が流行ったこと は、仰るように、オカピー君知りませんでした(笑)。

>それにしてもマスクがない!

台湾の仕組みも実に良いですね。日本は後のことを考えすぎるので、何事も遅いし、時にピント外れ。
 僕も助手席に乗る人の為にマスクを探してみましたが、ありませんでした。甥っ子がドラッグストアに勤めていますが。