映画評「スモーク」(1995年)

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1995年アメリカ=日本=ドイツ合作映画 監督ウェイン・ワン
ネタバレあり

四半世紀ぶりくらいの再鑑賞である。ブルックリンのタバコ屋に集まる人々の小話を集めた内容で、連作短編集の趣き。

オーギー(ハーヴィー・カイテル)の経営する煙草店に頻繁にやってくる作家ポール・ベンジャミン(ウィリアム・ハート)が、ボケっとして車にはねられそうになったところを、少年ラシード(ハロルド・ベリノー)に助けられる。作家はこれを契機に数日間、訳ありらしい彼を宿泊させる。
 少年は泥棒が落とした5000ドルを着服してポールの書棚に隠すと共に、15年前に逐電した父親(フォレスト・ウィテカー)の自動車修理屋に正体を告げずに働き始める。
 オーギーの前に18年くらい前に別れた恋人ルビー(ストッカード・チャニング)が現れ、彼の間に出来たと称する娘(アシュリー・ジャッド)が妊娠していると言って無理矢理引き合わすが、既に堕胎した不良娘は母親に対してにべもない。後段で娘が彼の子供かどうかは50%の確率なのだというのが真相と判る。

最後にオーギーがポールに彼が定点写真を撮り始めた由来を語る。クリスマスの日、店の万引き犯を追って辿り着いたある盲目の老婆の家から、恐らく孫が掠めて来たのであろうカメラを一台盗んでくるのである。
 小犯罪がクリスマスに織り成す小話なのだが、何ということもないお話なのに良い話と感じてしまうのは、トム・ウェイツの唄をバックにモノクロで綴られる描写が滋味溢れるからである。
 彼の定点写真の中に銀行強盗で不慮の死を遂げたポールの妻も収まっている。この場面も非常に印象深い。

原作兼脚本ポール・オイスターは短編の名手オー・ヘンリーの現代版を意識したのではないだろうか。とぼけていると同時にしっとりした味わいがあって連作的なところは、ウィリアム・サローヤンの連作短編集「我が名はアラム」に通底するものがある。ヘンリーとサローヤンこの両者を併せたような印象を持つ次第。
 映画の中に出て来る作家は勿論オースターの分身だが、実際の彼と妻とは死別ではなく離別。

映画としてはジム・ジャームッシュの呼吸・感覚に近い印象。香港出身のウェイン・ワン監督のホームランでした。

この映画の良さが解る人は、大人じゃよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

モカ
2020年04月17日 14:02
こんにちは。

私は過去4半世紀に10回くらい見ています。
という事で若干補足させてくださいね。

>クリスマスの日、店の万引き犯を追って辿り着いたある盲目の老母の家から、恐らく甥が掠めて来たのであろうカメラを一台盗んでくるのである。

 万引きした少年を追いかけて老婆の家に辿り着いたのではなく、その時は捕まえられなかった少年が落としていった財布をしばらく手元に置いていたんだけど、誰と過ごす予定もないクリスマスに財布の中の住所を頼りに返しに行くのです。

 >小犯罪がクリスマスに織り成す小話なのだが、何ということもないお話なのに良い話と感じてしまうのは、トム・ウェイツの唄をバックにモノクロで綴られる描写が滋味溢れるからである。

 「何ということもないお話」ということはないです。(笑)
 未見の方が読まれるかもしれないのでサクっとしか書きませんけど、先にダイナーに行ったオーギーがポールを待っているとき読んでいた新聞にその少年の顔写真が載っているんですよね。
 新聞をみたオーギーの顔が一瞬曇りますけど、ポールがやってきたので新聞を置いて気を取り直して微笑みます。
 ここ大事です! 
 ここからがこの映画の真骨頂です。
 この最後の場面までのカメラは、人の内面にわざと踏み込み過ぎないような録り方をしているような印象があるんですが、ここで始めてカメラが二人の顔をクローズアップしていきます。
 オーギーが語り終えてからの二人の名優の表情をカメラが代わる代わる大写しにする、その表情がもう堪りません。
 そこで言葉少なく語られる二人の会話も秀逸です。

 トム・ウェイツはもちろん良かったですけど、そのあとの画面が暗転してエンドクレジットと共に流れるジェリー・ガルシア・バンドの「煙が目にしみる」がまたいい味だしてました。
 
 劇場で見終えて灯がついた時、同行者が一言、「あぁ、たばこが吸いたい!」

 これの後日談の「ブルー イン ザ フェイス」も良いですね。

 HBOの「チェルノブイリ」でソ連の核物理学者をやっているジャレッド・ハリスを、「こんな人知らんなぁ」と調べたらなんとオーギーのタバコ屋で箒を持ってウロウロしていたちょっとおつむの弱そうなあのお兄ちゃんじゃありませんか! 
 他にもいくつか出演作は見ていたようですが、まるで気づきませんでした。
 おまけにリチャード・ハリスの息子ですって!
 なるほど、一筋縄ではいかない顔力をもつ親子です。

浅野佑都
2020年04月17日 21:16
 モカさんほどではないですが、数年に一度はクリスマスの日を選んで観ているので、封切と合わせて6、7回くらい。


映画のトリビアみたいな詳細な解説は好きではないのですが、ちょっとだけお付き合いください・・。

オーギーが一大プロジェクトと見栄を張り、同じ場所同じ時間に撮りためた4000枚のアルバム写真も、(本音では)変わらぬようで少しずつ変化する街並みに、過去の女に未練たらたらの自身の姿を重ね合わせた儀式にも思えました。

冬山で遭難した登山家の息子が、数十年後に、現在の自分よりも若い凍り付いた父親と遭遇する話は、老け役が多いフォレストウィテカーとハロルド・ベリノーの実年齢が2歳しか違わないのも、偶然とは思えぬメタ・キャスティング。

タバコ屋から雑誌を万引きし、追いかけられて路上に財布を落とした黒人の若者は、強盗で手に入れた大金をラシードに持ち逃げされたギャングの手下で、ポールの部屋に押し入ったときに登場しています。

そして、オーギーがダイナーでポールにクリスマスストーリーを話し始める直前、眉間にしわをよせて目を落としていた新聞には彼が警官に射殺されたに記事が顔写真とともに・・。

つまり、これは、最初から最後まですべてオーギーの”嘘”のお話なんでしょうね・・。非業の最期を遂げた黒人青年を不憫に思い、彼を持ち上げるストーリーを急遽こしらえた。
嘘とわかっていながらオーギーを受け入れた盲目の老婆のように、ポールがニヤッと笑いながら深く詮索しなかったのは、事情をうすうす察したのでしょう。
棘のある真実を覆い隠す優しい嘘・・互いを思い遣るシンパシーが胸を打つ映画でした。
オカピー
2020年04月17日 22:56
モカさん、こんにちは。

>万引きした少年を追いかけて老婆の家に辿り着いたのではなく、

いかに“うっかり八兵衛”の僕でも、語りと映像で二回も紹介されれば、抜かりはありません^^
 要は、僕のレトリックでして、“追う”というのは文字通り追うというのではなく、少年を物理的に追うのとその後の出来事を追う(辿る)という意味の掛詞でして、かなり乱暴にその中間を省いたというのが真相です。本作に限らず、色々な映画でこの手をやっています。どうもすみません。

>「何ということもないお話」ということはないです。(笑)

これもレトリックで、滋味溢れるという表現を導き、対照的にすることで表現の効果を最大限に高める為に用いたものです。実際にも「ロミオとジュリエット」のような大悲劇でもないし、小咄という単語と同じ意味で捉えて貰えることを期したものです。

>オーギーがポールを待っているとき読んでいた新聞に
>その少年の顔写真が載っている

うっかり八兵衛は書く時にこれを失念しておりました(-_-;)
しかし、思い起こすと、あの表情は写真と彼の話の関係性(つまり話の真偽)を物語るのでしょう。

>ここで始めてカメラが二人の顔をクローズアップしていきます。

そう、これはなかなか印象的ですね。

>エンドクレジットと共に流れるジェリー・ガルシア・バンドの
>「煙が目にしみる」がまたいい味だしてました。

皆がそういうものだから、時々ひねくれてしまう僕は、書かないことにしました。

>これの後日談の「ブルー イン ザ フェイス」も良いですね。

こちらは持っていないですね。ドラマの続編はソフトとして弱いのかな。

>ジャレッド・ハリス
>ちょっとおつむの弱そうなあのお兄ちゃんじゃありませんか! 

あれはジャレッド・ハリスでしたか。色々と出ていますよ。
リチャード・ハリスの息子というのは聞いたことがあるような気もしますが、忘れていました。
オカピー
2020年04月18日 08:08
浅野佑都さん、こんにちは。

>過去の女に未練たらたらの自身の姿を重ね合わせた儀式にも思えました。

にゃるほど(何故か突然ネコ語)。

>老け役が多いフォレストウィテカーとハロルド・ベリノーの実年齢が
>2歳しか違わないのも、偶然とは思えぬメタ・キャスティング。

ベリノー(若しくはベリーノ)の年齢を調べたら「卒業」のダスティン・ホフマン状態だったのでびっくり。

>強盗で手に入れた大金をラシードに持ち逃げされたギャングの手下で、
>ポールの部屋に押し入ったときに登場

にゃあるほど。それは気づかなんだ。映像記憶の強い人は一回で解ってしまうんだろうな。

>最初から最後まですべてオーギーの”嘘”のお話なんでしょうね・・。

最初は真偽が解らなかったのですが、モカさんから新聞の存在を指摘されてピンと来ました。だからポールが「嘘も才能だ」みたいなことを言う。

>嘘とわかっていながらオーギーを受け入れた盲目の老婆のように

ああ、あのおばあちゃんの表情は、オーギーの嘘に気付いたけれど・・・という表情でしょうね。だって孫は大柄でオーギーは小柄ではあるし、しょっちゅう会っているのではないにしても、盲目の人は概して勘が良い。尤も、あれはポールがNYタイムズに書いた“お話”にすぎませんが。
2020年04月18日 14:13
ラストにクリスマスのエピソードが出てくるので毎年その頃に「My Back Page」に登場させる作品です。

>連作短編集の趣き。

同じような事を僕も書いています(笑)
観る度に味わいが増す、そんな映画ですね。
モカ
2020年04月18日 14:49
こんにちは。

私が中途半端な書き方をしたので結局浅野氏がネタバレ全開させてしまわれましたね。(笑)
 「コメント欄にネタバレあり」ですね。

強盗犯が押し入る場面と新聞の紙面は1回目の鑑賞では「あれ?」とは思いましたが確信できず、ビデオ鑑賞で一時停止してやっと確認できました。

 まぁ、本当の話かどうかはどっちでもいい事で、予告かなにかの惹句にも「一人でも信じる人がいればそれは真実である」(だいたいこんな感じ)と書いてありましたね。
大切なことは煙のような物、とも・・・

物語ってそういうもんだと思います。
子供時代の読書って本当だと思って読むから(作り話なのは了解済だけど)あんなに没頭できたんだと思います。

皆が良いというのはトム・ウェイツじゃないですか?
なので敢えてガルシアも良いよ、と言ってみましたが・・・
オカピー
2020年04月18日 21:01
十瑠さん、こんにちは。

>観る度に味わいが増す、そんな映画ですね。

僕の想像以上に、繰り返し見ている方が多いようです。
確かに、何度も観ると一々の場面、一々のショットの意味がよく解ってきますね。強く感銘を催させるタイプの作品ではないでしょうが、じわじわと感動が湧き上がって来ますね。
オカピー
2020年04月18日 21:18
モカさん、こんにちは。

>「コメント欄にネタバレあり」ですね。

四半世紀前の作品なので、仕方がないでしょうね。

>まぁ、本当の話かどうかはどっちでもいい事で、

左脳人間はそれを確認したくなるのです^^
しかし、それが感動や評価に影響があるというものではありません。

>皆が良いというのはトム・ウェイツじゃないですか?

半分くらいは嘘でした^^;
 というのも、僕の私淑する双葉十三郎先生が、トム・ウェイツに続いてかかる「煙が目に染みる」で良い気分になり、モカさんの御主人同様に、観終わった後3本吸った、と仰るものですから。僕にとって師匠の意見は、100人の意見より参考になるので、これに関しては模倣みたいになってはまずいと思いましてね。
 ただ、僕はアメリカの取引先社長に言ったように、"I haven't smoked any single piece."ですから、この映画を観た後煙草を吸いたくなるという心境はちと解らないのですが。
モカ
2020年04月20日 10:41
おはようございます。

>I haven't smoked any single piece."ですから、

 pieceをpeaceに置き換えても通じますか? 
 両切りはdouble cut だけどフィルター付きはsingle cut とはいいませんか。 
 私は何を言いたいんでしょうか? ご放念下さいませ。(笑)
オカピー
2020年04月20日 21:52
モカさん、こんにちは。

>pieceをpeaceに置き換えても通じますか?

日本人なら通ずるのではないですか^^
 
>両切りはdouble cut だけどフィルター付きはsingle cut とはいいませんか

あはは。よく解りません^^