映画評「きみの鳥はうたえる」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2018年日本映画 監督・三宅唱
ネタバレあり

21世紀になり再評価された北海道函館出身の作家・佐藤泰志の芥川賞候補作品の映画化である。
 彼の映画化作品を観るのはこれで4本目で、いずれも函館市(若しくは函館市をモデルにした架空の都市)が舞台だが、本作の場合、原作では東京とのこと。時代は1970年代で、タイトルのアイデアとなったビートルズの「アンド・ユア・バード・キャン・シング」が重要な要素となっていたらしい。
 残念ながら、本作では現在に舞台が移され、出て来る音楽もラップ。個人的にベースのリフが格好良いこの曲(LP「リボルバー」所収)を愛聴するだけに、そこに全く触れられていないのは、残念でござる。お話は割合単純。

書店に不真面目な態度で勤める若者・柄本佑が、萩原聖人の店長と関係を結んでいる女子店員・石橋静河と懇ろになり、やがて彼が友達・染谷将太とルームシェアしているアパートにまで頻繁に遊びに来るうち、彼女は染谷君と付き合うと言い出す。

というお話の後半は、ヌーヴェルヴァーグにて光り輝く傑作「突然炎のごとく」(1961年)みたいな感じで、男女関係の面倒くささが自ずと現れる綴り方はヌーヴェルヴァーグよりもっと後のフランス映画的である。
 佐藤泰志の映画化作品の中では、悲劇性がなく一番明朗ではあるが、それでもねちねちとした感じは彼らしいし、同時に僕好みではない。低回的なお話は本を読むに限る。

カメラは、構図がよく計算され、リチャード・リンクレイター風に二人の男女をドリー・バックで捉えるところも魅力的ながら、もっと叙景を多くし、登場人物の心情をその景色に沈潜する方向で行ってくれたら、佐藤の映画化作品の中で一番気に入っている「海炭市叙景」(2010年)のような手応えも感じられたのではないかと思う。

原作の書かれた時にはなかった携帯電話が頻繁に使われ、舞台を移すのはなかなか難作業ではなかったかと推察される。同時に、先日「熱いトタン屋根の猫」(1958年)でかなり徹底的に原作戯曲との比較をしたばかりでこんなことを言うのは何だが、愛読者におかれては原作との単純な比較はやめて欲しい。
 仮に原作に感動し、映画にそれがなくても、そこを比較すべきではない。比較するなら、原作と主題を変えたのに同じ話にした為、或いはその逆のパターンである為、その間に齟齬が出ている、といった分析的な比較をすべきなのである。
 本作の場合、男女関係なるものはかなり普遍的なので、原作が舞台とした1970年代(若しくは80年代初め)から時代をシフトしても成り立っているかもしれないが、時代性・時代ムードを考えた時に原作の持っていた本来の意味がだいぶん失われている可能性は否定しきれない。未読につき、正確なところはペンディング。

子供時代に好きだったテンプターズの「エメラルドの伝説」のサビにおけるベースは、「アンド・ユア・バード・キャン・シング」から戴いていると思う。そう言えば昨日からWOWOWがショーケン特集をやっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浅野佑都
2020年03月23日 11:39
僕らはビートルズには世代的にひと汽車遅れの上、高校になってから本格的に聴き始めた僕は、遅れを取り戻そうと日々レコードを聴きまくり、彼らについて書かれた様々な文章を読んで知識を増やそうと必死・・。学校の勉強なんてそっちのけで正に、NO BEATLES, NO LIFE でしたね。

一番好きなアルバムは「アヴィロード」ですが、一番、衝撃を受けたのは「リヴォルバー」ですね。

>ポールのベース
フィンガー5の「恋のダイヤル6700」も「タックスマン」から引っ張っていますね(笑)
>「エメラルドの伝説」
名曲ですよねえ!ザ・タイガースの「廃墟の鳩」(鳥がらみで・・)に匹敵するかと思います。
>「アンド・ユア・バード・キャン・シング」これも隠れた名曲。ジョンは「ゴミ箱行きだ!」とか言ったらしいが”トンデモ八分歩いて十分”です(笑)。

モカさんの言われる“ハザマケンジ~♪” の部分のたたみかけるようなストリングス・アレンジが絶妙で、曲の持つ孤独感、切なさを余すところなく表現した「エリナー・リグビー」といい、アルバムタイトルに恥じないものでした。

コロナ対策で数日前の東京新聞では「米大統領、沈静化は『7月か8月』」となっているのに、他のメディアでは「感染拡大が7月か8月まで続く」という表現で真っ二つ・・。

原文では、「COVID-19 could ‘wash through’ by July or August」ですので、キーワードは「wash through」だと思います。

手元の辞書によると、「wash through」は「洗い流す」なので「through」と明言しているのだから、7月から8月までに「沈静化するだろう」とトランプは言ってると思いますが、プロフェッサーいかがでしょうか?

それにしても米国は思い切った対策をするもんですね!
日本もケチ臭いこと言わずに、いっそのこと消費税0パーセントにした方が良いと思いますが(笑)
モカ
2020年03月23日 16:00
こんにちは。

ビートルズネタには映画そっちのけで盛り上がりますね。
それにしても「きみの鳥はうたえる」って「ハザマケンジ」並みの英語力ですね! 
空耳には事欠かず、思い違いに勘違いを是正しないままに年老いてしまいました。

昨日の「Baby In Black」は 「アイムアルーザ」と「ロックンロールミュージック」に挟まれて「どうしたらええねん!?」という悲鳴に聞こえる、前後名曲に挟まれてしまった「名曲」ですね。
(意味不明?)

私は素っ頓狂な衣装を着ている(着せられている?)GSより
サベージの「いつまでも いつまでも」とかフォークルとかが好きでしたね。

モカ
2020年03月23日 20:14
補足です。

「きみの鳥はうたえる」 これは英語力というより、日本語のセンスがないですよね。 
大体鳥が歌うのは当たり前? 囀る? 鳥はラブソングを歌ってるんですよね? 鶏のコケッコッコーは違うか? (笑)
 カラスも違いますか? この辺の奴らはゴミを見つけたら仲間を呼んでますね。

さっき、自分で書いた事で思い出してyoutubeで「帰ってきた酔っぱらい」を聞きましたが、間奏で入るピアノが「Good Day  Sunshine」のピアノで、最後のお経が「A Hard Day's Night」なのが面白い!
未だに色あせない面白さでセンス良いです。

オカピー
2020年03月23日 23:00
浅野佑都さん、こんにちは。

>フィンガー5の「恋のダイヤル6700」も「タックスマン」から
>引っ張っていますね(笑)

あれほど複雑怪奇な音符構成ではないですが、何となくそれらしい雰囲気がありますね。

>「エメラルドの伝説」

素敵でしたねえ。この曲のベースは「タックスマン」と考えられないこともなく、1966年頃のポールのベースは本当に面白い。やはり「アンド・ユア・バード・キャン・シング」だろうけど。

>「アンド・ユア・バード・キャン・シング」これも隠れた名曲。

その通りです。この曲と「シー・セッド・シー・セッド」は、通学時に自転車を漕ぎながらよく歌っていました。

>東京新聞では「米大統領、沈静化は『7月か8月』」となっている
>原文では、「COVID-19 could ‘wash through’ by July or August」で

throughは終わりを示し、そこにby(までに)ですから、東京新聞が正しいでしょう。
「感染拡大が7月か8月まで続く」というのは、一種の意訳なんでしょうが、やや広げ過ぎた解釈ですね。

>いっそのこと消費税0パーセントにした方が良いと思いますが(笑)

下げる場合は、0%以外はダメですね。設備を変えるのが準備と費用が大変なことになります。

ところで、予防薬として、僕が10年以上服用している錠剤カモスタットが浮上してきました。また、入院時に点滴したナフォモスタットにはそれ以上の効果があるようです。これが正しければ、僕は何もせずに、予防していることになるようデス。
オカピー
2020年03月24日 12:52
モカさん、こんにちは。

>ビートルズネタには映画そっちのけで盛り上がりますね。

少なくとも現在の映画より、近い世代として共通する知識やら経験があるからでしょう。

>昨日の「Baby In Black」は 「アイムアルーザ」と「ロックンロール
>ミュージック」に挟まれて「どうしたらええねん!?」という悲鳴に
>聞こえる、前後名曲に挟まれてしまった「名曲」ですね。

何となく意味は解りますよ。地味なので、多分人気のない曲ですが、僕の後輩が「好きな曲」と言うのを聞いた時、良いセンスしてるじゃんと思ったものです。余り歌いませんけどね^^

>サベージの「いつまでも いつまでも」とかフォークルとかが好きでした

作られたバンドというより、オリジナルという感じでしょうか。
サベージはご紹介の「いつまでも いつまでも」しか知らないですね。
フォーク・クルセイダーズは世間的に知られている曲は一通り。

僕は、曲では、タイガースかテンプターズが好きでした。オックスも曲は良かったな。

>「帰ってきた酔っぱらい」を聞きましたが、
>間奏で入るピアノが「Good Day  Sunshine」のピアノで、
>最後のお経が「A Hard Day's Night」なのが面白い!

そうでしたね^^
 この曲は、昨年末、近所のおじさん(モカさんと同世代)にNHK「チコちゃん」の声がボイスチェンジャーで作られていると話した時に「昔そんな便利なものはなく、テープの早回しでやったんだよねえ」と比較したものです(おじさん、ぼーっと生きて来た人なのですっかり忘れていたようですが)。
 1966~67年はビートルズが色々いじった(テープの早回し、逆回転、ボーカルの左右移動など)時代に当り、彼らも刺激されたんでしょうね。

>「きみの鳥はうたえる」
>これは英語力というより、日本語のセンスがないですよね。

原作からそういうタイトルなのですが、ぼくはこの生硬さ・ぎこちなさは、若者の生硬な考え、ぎこちない生き方を作者が表現したのではないか、と推測しているのですよ。 
モカ
2020年03月24日 16:19
こんにちは。

>ぼくはこの生硬さ・ぎこちなさは、若者の生硬な考え、ぎこちない生き方を作者が表現したのではないか、と推測しているのですよ

 なるほど、言われてみれば意味不明なろころが意味深ともとれますね。

 ご近所のぼーっと生きてこられたオジサマに共感しますね~
 どうもポスト団塊のわが世代はぼーっとしたのが多いです。

 帰ってきた酔っ払いは北山修の家で録音したとの事ですが、テープレコーダーでは色々遊べましたね。
モカもオープンリールのテープレコーダーとラジカセで「一人ザ・ピーナッツ」に挑戦したことがあります(笑)
ピーナッツは双子故に声が似ているので下のパートの音が取れなくて失敗しましたが。
(GSより、ザ・ピーナッツが好きなんです。)
 
沢田研二は苦手だったなぁ・・・顔が・・・あの手のきれいな顔の男はだめです。並ぶとこちらの粗が目立つので(笑) 
  (並びませんけど)

私の中学時代がGSの全盛期でしたが、同時にビートルズやストーンズが破竹の勢いで進化していたので、どうしてもGSは阿保っぽく見えましたね。
なかにし礼の歌詞が少女漫画的というか、ベタベタに甘かったのもマイナスポイントで、”エメラルド”とか”花の首飾り”とかの言葉使いが女の子の受けを狙ってるみたいで、聞いてるこっちが気恥ずかしくなったもんです。
もろにマーガレットや少女フレンドの世界観ですもん。
 (男子小学生はその辺、気にならなかったんでしょうね)

ところが、京阪神在住の団塊マダムで隠れジュリーファンがたまにいて、よく聞くとメジャーデビュー前の京都や大阪のライブハウスでストーンズのカバーなんかをやってた頃が素敵だったとのことで、マダム達の青春の思い出らしいです。 

あ、モップスは汚くて好感度高かったです!
ブルーコメッツがサックスを吹いて歌も歌ってたのもカッコ良いいなぁと思いましたが、当時はあんまり人には言えませんでしたね。なんだかんだ言ってもスーツよりはフリルヒラヒラのほうがまだしも・・な時代だったので。

意外なことに中学時代、クラスでGSの話でそこまで盛り上がることはあんまりなかったような・・・仲間内では「モンキーズで誰が好きか」がメジャーな話題でしたね。(モカちゃんはピーター派)
ビートルズのテレビ放映がある日(来日時)は担任にお願いして視聴覚教室で見せてもらったりしていたので、やっぱり洋楽パワーのほうが強かったのかもしれません。

ショーケン、スパイダーズファンがいて、あとはフォーリーブス! フォーリーブスファンは未だにジャニーズから抜けられず”嵐”やら、モカは名前も知らないグループのコンサートに行ったりしてるらしいです。 「三つ子の魂百まで」です。

蛇足ですが、 「Baby In Black 」 は What can i do~ に絡めて書いたんですけど、分かってもらえました? (笑)


オカピー
2020年03月25日 12:50
モカさん、こんにちは。

>モカもオープンリールのテープレコーダーとラジカセで
>「一人ザ・ピーナッツ」に挑戦したことがあります(笑)

おおっ、それはそれは。
 うちは、冷蔵庫より早くテープレコーダーを買った珍しい家。というのも兄貴が好きでして、当時専ら録音していたのはTVアニメの主題歌ばかりでしたが、おかげで実際には見ていないアニメの音楽も未だに歌えます。

兄貴が僕より理系的頭脳を発揮したのは、4チャンネル用イコライザーを使って、即席ドルビー・システムを構築したこと。つまり入力時に高域を10dBずつアップし、出力時に10dBずつ下げる。そうすると、音は変わらずテープヒスだけが減る。それをカセットデッキに残す。
 当時カセットデッキには既にドルビー搭載でしたが、オープンリール・デッキにはなかったもので。
 これは頭が良いと思いましたね。

>言葉使いが女の子の受けを狙ってるみたいで、
>もろにマーガレットや少女フレンドの世界観ですもん。
>(男子小学生はその辺、気にならなかったんでしょうね)

イエ~ス。僕がホームズよりルパンが好きになったのも、恋愛的な意味でのロマンティシズムが圧倒的だったからですし、姉が読んでいた少女コミック(主に「なかよし」「りぼん」)を鬼のいぬ間に密かに読んでいたくらいですから。当時は「りぼん」のほうが質が高いと思いましたね。

>あ、モップスは汚くて好感度高かったです!

モップスのコミカル・ソング「月光仮面」は、ブルース・ロックから始まるところが可笑しい。途中で転調しデタラメになりますが。
「朝まで待てない」はいかにもGS的ですが、欧米のサイケデリック・バンドの曲に匹敵するちょっとした傑作ですね。これ以外GS最盛期には受けなかったという記憶があります。

>ブルーコメッツがサックスを吹いて歌も歌ってたのもカッコ良いいなぁ

年齢層が多少上ということもあり、他のGSとは一線を画していましたね。貧乏家庭だった我が家は選びに選んで「こころの虹」というシングルを買いましたが、B面が「すみれ色の涙」。こちらもよく聴いたので、後年岩崎宏美がカバーした時に「おおっ!」と思いましたよ。

>「Baby In Black 」 は What can i do~ に絡めて書いたんですけど、
>分かってもらえました? (笑)

すみません。気付きませんでした(恥)。
モカ
2020年03月26日 17:20
こんにちは。

冷蔵庫や洗濯機の頭に「電気」とつけてしまう最後の世代。
氷の塊を入れる冷蔵庫や2本のローラーに濡れた洗濯物を挟んでクルクル回して絞る洗濯機(電気)が原初の記憶に残っています。

お兄様、すごいですね。その手の話はチンプンカンプンです。

WHAT CAN I DO 念押しをするしつこさ(笑)こちらこそお恥ずかしいです。
一般には地味だとして評価が低い「FOR SALE」ですが、好きですね~ 特にA面が。 ザ バンドの「カフーツ」とこれは地味だけどA面が良い2大レコードと認定しております。
(分かる人には分かってもらえる日がきっとくる・・・)

では、本屋さんに行ってきます。
オカピー
2020年03月26日 21:18
モカさん、こんにちは。

>冷蔵庫や洗濯機の頭に「電気」とつけてしまう最後の世代。
実は、昨日読み返した時に「『電気』をつけなかったな」と思ったですよ。しかし、モカさんの世代に比べると、「電気」を付けないですかね。

>お兄様、すごいですね。
僕とは正反対の全くの理系でして。

>「FOR SALE」ですが、好きですね~ 特にA面が。
そうですね。最初の3曲がたまらなく好き。

>ザ バンドの「カフーツ」とこれは地味だけどA面が良い2大レコード
「カフーツ」も題名のみ知る。残念ながら、これは図書館にないです。
 主に不労所得で生きている僕は、この度のコロナ・ショックで資産が目減りしており、CDを買う余裕がなくなってしまいました。早めのコロナ終息を祈るのみです。
モカ
2020年03月27日 10:40
こんにちは。

>「FOR SALE」
そうですね。最初の3曲がたまらなく好き。

 同感です。でも最初の4曲にしましょう!
〆はロックンロールということで・・・ (笑)
ネット社会の良いところはこんな重箱の隅をつつくような物事で何百キロも離れたところに住む人と共感できるところですね。
 「カフーツ」も厳密には最初の2曲とB面最後の曲があれば十分です。

 最近は、”ウィルス” って ”パソコンが感染するもの” みたいな感覚になっていましたが、世界規模で考えたら、いつか映画でみたような光景が繰り広げられつつありますね。特にイタリア。
 ダスティン・ホフマンが防護服を着て活躍する映画がありましたね。 
オカピー
2020年03月27日 21:11
モカさん、こんにちは。

>〆はロックンロールということで・・・ (笑)
他人の曲ということで避けましたが、ジョンのボーカルは思いのたけをぶつけるような曲で特に凄味を発揮する。この手ではシュレルズのカバー曲「ベイビー・イッツ・ユー」も好き。共に名唱と思います。

>ネット社会の良いところはこんな重箱の隅をつつくような物事で何百キロ
要は、物事は使う人次第ということですよね。

>ダスティン・ホフマンが防護服を着て活躍する映画がありましたね。
「アウトブレイク」
二月に取り上げましたよ。
 あの映画で一番勉強になったのは、致死率が高い病気ほど広まりにくい、ということ。逆にその病気が空気感染等になって広まるようになったら大変(それがあの作品の後半の状況でした)。

今回の新型コロナは、薬なりワクチンなりが出来れば封鎖などしなくても問題にならない病気ですが。ある程度効果のある既成薬を特定して欲しいですね(わが持病である膵炎の薬が効くかもしれないと言われています)。
 イタリアは初期に軽症の人にベッドに置きすぎたのが完全に失敗で、こんな様(ざま)になりました。映画で見るように、死ぬ直前に聖職者が患者に接近する為に聖職者の死亡も多いと聞きましたよ。