映画評「ファントム・スレッド」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2017年アメリカ映画 監督ポール・トーマス・アンダースン
ネタバレあり

ポール・トーマス・アンダースン監督と言えば、記号を大量に使った「マグノリア」(1999年)のインパクトが強いが、この作品にもひねくれた面白さがある。

1950年代ロンドン。オートクチュール(仕立服)デザイナーのウッドコック(ダニエル・デイ=リュイス)が、ホテルのレストランで自分の理想とする体型を持つ接客婦アルマ(ヴィッキー・クリープス)を発見して早速誘い、自宅で採寸してそれを確認、家に招き入れる。
 腺病質なまでに神経質な彼は、実はマネージャー的な姉シリル(レスリー・マンヴィル)の叱咤激励に支えられてい、そこへミューズ的なアルマが割り込んでくる形。しかし、実際に衝突するのは神経質極まりないウッドコックと見かけ以上に勝気なアルマなのである。
 彼女は家を飛び出す代わりに、家政婦と一緒にキノコ狩りをしたことで閃き、毒キノコを料理に混入する。弱体化すると素直になり他人に頼る彼の傾向を知っていたのである。かくして彼女は、遂に、ウェディング・ドレスを作る仕事に結婚できない呪いを感じる彼との結婚を果たす。
 その後も二人は頻繁にいがみ合うが、しかし、彼女は大晦日のパーティーに出かけるなど彼の嫌がることを敢行、次第に彼の精神を弱らせ依存性を増させ、征服するのである。

主題をまとめれば以下の通り。WOWOWの名物番組【W座からの招待状】での特別公開録画で一般の人が仰ったことが非常に的を射ていると思ったので、ここに採用させて戴きます。
 曰く、毒キノコにより彼自身の毒が消され、平凡な男(夫)になる(毒を以って毒を制す)、と。最後の乳母車がそれ(平凡さ)を象徴する。

アンダースンの諸作は、謂わば雑味のある純文学。純文学というには夾雑物があるが、それでも人間というややこしい存在を見詰める点において現代アメリカ文学に通ずる味わいを強く感じさせ、大衆文学とは一線を画す。雑味があるから現代文学なのかもしれない。今回オリジナル脚本で勝負した彼は小説を書いても一流になれるような気がする。

「マグノリア」の大量のカエルについて説明がないという不満を洩らす人がいるが、キリスト教圏のインテリならその由来に気づく。彼の作品を観る人であるならば、それがピンと来るくらいの教養がほしい。「イナゴの日」(1973年)のイナゴも同じ。その記号的な意味を説明したら、身も蓋も無くなってしまうだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モカ
2020年03月16日 17:24
こんにちは。

>雑味があるから現代文学なのかもしれない。今回オリジナル脚本で勝負した彼は小説を書いても一流になれるような気がする。

 予備知識なしでみたのでオリジナル脚本だとは知りませんでした。
 小説化したら”新潮クレストブック好み”になりそうです。

 この監督の作品は今まであんまり好みじゃなかったんですが、これは好きですね!
最後まで途切れない静かな緊張感にドキドキしながら、この話はどこに収まるのかと思って観ていたら、「そう来るか!」の展開で、やはり一筋縄ではいかない人達でした。
 DDLとPTA (笑) コンビの集大成でしょうか。

 初期DDL、「マイ ビューティフル ランドレッド」や「存在の耐えられない軽さ」あたりは好きだったんですが、アカデミー賞を取ったりした頃から、上手いのはわかるけど、なんだかくどいなぁ・・と敬遠していましたが、今回は素直に平伏しました。 
さすが”サー”です。(アルバート・フィニーみたいに爵位を辞退したらもっと素敵なんだけど・・・怒れる若者たちが出発点のフィニーとは時代が違いますか・・・DDLは良いとこの子ですしね)

 ところでこのタイトルは邦訳するとどんな感じがふさわしいのでしょうか? ご教示くださいませ。
オカピー
2020年03月16日 22:37
モカさん、こんにちは。

>れは好きですね!
僕は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」が一番好きですね。好きか嫌いかで言えば「マグノリア」は嫌いで、ホラーとも言えそうな本作のほうが見やすいですね。

>DDLとPTA (笑) コンビの集大成でしょうか。
デイ=リュイスがこれで引退という噂もあり、出来栄えから言って、そう言って良いのでしょうね。

>「マイ ビューティフル ランドレッド」
今回WOWOWがDDLの特集で、これを放映しましたが、同性愛は苦手なので保存版つくらず。「マイ・レフトフット」も回避。人の不幸は余り見たくない。

>このタイトルは邦訳するとどんな感じがふさわしいのでしょうか? 
また難しいことを(笑)。しかし、考えるのは大好き!
thread は通常″糸”を思い起こしますが、この作品の場合は、服やドレスの意味でしょう。phantom は幻か幽霊かで迷いますが、母親のドレスを作ったことにより被った呪いのようなものを主人公が考えていたことを指していると考えれば、″妖気”が近いかな。
 で、出た一案は、「妖気を抱くドレス」。もっと端的に言うと、「洋服」ならぬ「妖服」なんてのはどうでしょう。
浅野佑都
2020年03月17日 07:52
 >現代アメリカ文学に通ずる味わい
僕の若い頃に、村上春樹がしきりに雑誌「ポパイ」などでレイモンド・カーヴァーを推してまして、SFジャンルから自然にアメリカ現代文学へと移行。
特に、柴田元幸氏の翻訳が好きでして、オースターやブコゥスキーから、ドン・デリーロなども齧りました。(アーヴィングは好みじゃなかった)

>ダニエル・デイ=リュイス 
引退記念作品として注目しました。
高いレヴェルの知性を感情と深く結びつけた演技のできる俳優は、彼のほかには1~2人しか僕は知りません。
オスカーを貰い過ぎて、周囲が同じような役柄ばかりをオファーするようになったのは否めないかと・・。
もっと、例えばマーベルの主人公なども演じさせたら面白かったのに・・。

>「ファントム・スレッド」に邦題
もともとは徹夜続きで働くお針子が、疲労のあまりに幻覚を見てしまうことを指しての慣用表現らしいですが、これはシンプルな作品タイトルでよかったです・・
物語の核心部分まで晒してしまうようなサブタイトルを付ける昨今の映画会社の慣習から、絶対、「ファントム・スレッド(運命の赤い糸)!」
 なんて付けてくると思ってましたからね(笑)。
ただ、ちょっと味気ないのでプロフェッサーの「妖服」なんていいなあ・・。
ヒッチコックの「めまい」や「レベッカ」の味わいがありますね、「青髭」も入ってるか・・。

 ありていに解釈するなら、母親の遺髪をコートに織り込んでいる主人公にとっての、母親こそ「ファントム・スレッド」なんでしょうなぁ・・。
ただ、ヒロインがねぇ‥超一流のデザイナーを虜にさせるほどの美女とは僕にはどうしても‥ま、好みの問題でしょうが、キャリー・マリガン(小柄ですが)あたりだったらなぁ(笑)・・。


浅野佑都
2020年03月17日 08:05
追記
>D・D・L
生涯でわずか21本しか出てないのですね‥ってことは彼の出演作はほとんど観ている!
「父の祈りを」もよかったなぁ・・。
モカ
2020年03月17日 20:55
こんばんは。

>妖気を抱くドレス」。もっと端的に言うと、「洋服」ならぬ「妖服」なんてのはどうでしょう。

  なるほど! 配給会社泣かせのタイトルですね~
 

DDLって「日曜日は別れの時」に子役で一瞬ですが、出てきますよ。 
「とっても可愛い男の子が渋い渋い良い俳優になりましたねぇ」
 (ここ淀川調で読んでください)
あと、「ガンジー」でも通行人で、確か一言くらいセリフがあって、ガンジーに絡む町のチンピラ役でした。

 この映画の雰囲気はアメリカ文学というよりはイギリスっぽい感じがするんですが、そんなことないですか?
 DDLが出ているからイギリスっぽく感じるんでしょうかね。
 最近のアメリカ物をあまり読まないのでよくわかりませんが。
 Pオースターは何冊か読みました。「ムーンパレス」が面白かったです。映画にしても面白いと思いますけど何故かなりませんね。
オカピー
2020年03月17日 21:43
浅野佑都さん、こんにちは。

>レイモンド・カーヴァー、オースター、ブコゥスキードン・デリーロ

村上春樹自体を読まないし、日本の文学においてやっと1970年代が視野に入ってきたくらいで、欧米文学ではまだそこに達しない。
 この中では、脚本作「スモーク」が、気に入っているウィリアム・サロイヤンの「わが名はアラム」を思い起こさせる感覚があるオースターに興味あり。
 高校の先輩に当たる佐藤良明氏がよく訳しているトーマス・ピンチョンが今一番読みたいアメリカ現代文学者ですね。

>アーヴィングは好みじゃなかった

映画版で判断する限り僕の好みでもないですが、一応一作くらいはかじっても良いでしょう。古典文学を愛する僕には、アーヴィングと言えばワシントンなんですけどね(笑)。

>柴田元幸氏

現代文学ではないですが、コンラッドの「ロード・ジム」で読んだことがあります。しかし、物凄い翻訳の数ですよねえ。

>>ダニエル・デイ=リュイス 
>例えばマーベルの主人公なども演じさせたら面白かったのに・・。

マイケル・ファスベンダーが彼の系列のような気がします。既に「X-メン」に出ていますね。

>疲労のあまりに幻覚を見てしまうこと

「W座からの招待状」でもこの意味に触れられていたような気がしますが、本作の内容には必ずしも合わないので、主人公側から考えてみた場合、あんなタイトルしか僕は出て来ないです。

>キャリー・マリガン

僕の好みでもありますが、多分デザイナーにとって大事なスタイルにより選ばれたのでしょうね。

>「父の祈りを」もよかったなぁ・・。

地味ですが、素敵な作品でしたねえ。ジム・シェリダン監督は好きで、「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」も同じくらい気に入りました。
オカピー
2020年03月17日 21:58
モカさん、こんにちは。

>DDLって「日曜日は別れの時」に子役で一瞬ですが、出てきますよ。

ほーっ、そうですか。
この映画はもう一度観たいなあ。

>この映画の雰囲気はアメリカ文学というよりは
>イギリスっぽい感じがするんですが、そんなことないですか?

そんなことありますね(笑)。まず、舞台が英国ですし、「DDLが出ているから」ということも確かにあると思います。
 亡くなった女性(この映画では母親)との思い出が登場人物を影響を残す辺り「レベッカ」のムードがあり、一般的に感じられるアメリカ文学の乾いた味とは違う情緒があります。

雑味や、ひねくれ方が、アメリカ現代文学的と思ったわけですが、まあ余り読んでいない(映画を通して知るのみ)僕が言うのも何でしたね(笑)。