映画評「旅路」(1958年)

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1958年アメリカ映画 監督デルバート・マン
ネタバレあり

本館でリタ・ヘイワースの画像問題を出した時に少し話題になったのが本作。不本意にもお話をよく思い出せなかったので、運良くライブラリーにもあった為、久しぶりに再鑑賞することに致した次第。

英国の海辺に近いホテルが舞台。上流階級の高慢な老婦人グラディス・クーパー、その娘で内気なオールドミスのデボラー・カー、彼女と親しみ合っている自称少佐(実は中尉)デーヴィッド・ニーヴン、アメリカ人のバート・ランカスター、その前妻で彼を振り向かせようとホテルを訪れる有名モデルのリタ、ランカスターと恋仲になった女主人ウェンディ・ヒラーらが織り成す群像劇である。

原作はテレンス・ラティガンの戯曲で、ジョン・ゲイとの共同で自ら脚色している。

貴族的に高慢な母親にかき回されるニーヴンとデボラーの同病相憐れむような恋愛感情と、ランカスターとリタの焼け木杭の感情とが、部分的に重なり合いつつ軸を成しているのだが、最重要なのはニーヴン。グラディス・クーパーの老婦人は劇場で痴漢行為を働き嘘を付いてきた彼を徹底的に排除しようとホテルの住民に働きかけるのだが、夜が明けて落ち着いた人々はホテルを出る前に朝食を摂る彼に挨拶をし、娘は生れて初めて母親に逆らう。
 つまり、老婦人は「十二人の怒れる男」のリー・J・コッブのような立場に追い込まれるわけで、他人に対する誠実というテーマが浮かび上がる。
 このホテルに生きる人々は多く、何かをとりわけ人間を怖れているのだが、しかし、最後に孤独をかこつのは高慢な老婦人なのである。

人間の嫌な部分や弱い部分を焙り出しながらもしっとりとした後味を残す文芸的なお話で、同種の「グランド・ホテル」(1932年)のような華々しさはないが、滋味では甲乙つけがたいと言って過言ではない。

演技陣では、アカデミー主演男優賞受賞のニーヴンと助演女優賞受賞のウェンディ・ヒラーが出色の出来栄え。アカデミー会員の選択は正しかったと思う。しかし、実際の出番はヒラーのほうが多く感じられるので、主演・助演の区分にはやや疑問を感じる。大人の事情というやつだろうか?

ニーヴンの行為が解りにくい(映画では痴漢以前。僕は一応痴漢と判断した)のは、やはり、ヘイズ・コードの影響か? 何しろ、性犯罪者が女性と接触せず、銃撃で女性を殺す(連続女性射殺事件の犯人が性犯罪で追われる珍妙さ)という見せ方しかできなかった時代ですから。同時に、1958年はコードに軽く逆らう映画がぼつぼつ出始める頃でもあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

浅野佑都
2020年02月27日 21:55
 ああ、この作品はやっつけ的な邦題で損をしてますよね・・。
「旅愁」とか、この作品以前の過去の名作と似たような感じで印象が薄れる気がします・・。
原題通りに、シャンソンの名曲にもありますが「それぞれのテーブル」にしたほうがずっと良かったのに(内容を表していて日本人受けしますよね?)
58年制作なので、カラーで観たかった作品でもありますね。

本館に使用された写真も、丁度、この頃のリタでしょうか・・。
この頃は、寄る年波のせいもあり、落ち着いたマダム風になってしまっていて、少し前の小悪魔的な感じはもうないですね・・。
僕は、「ギルダ」の彼女が一番好きです・・。
「L・Aコンフィデンシャル」で、キム・ベイシンガーが、リタにそっくりの娼婦という設定の役でオスカーを取りましたが、確かに感じはよく似ていたかな?
基本的にたれ目な女性に惹かれるようです(笑)
プロフェッサーはあまり御贔屓でないかもしれませんが、僕には、塀の中の男たちよろしく”巻き戻しても観たい女優”の一人です(笑)

猛威を振るうといっていいのか・・。車社会の群馬に住んでいるとそこまでの危機感は無いですが、東京に行くと、地下鉄では通学の児童を含むほとんど全員がマスクをしていて異様な光景です・・。

安部さんが、学校の休校を要請したことも異例でしょうが、感染した死亡者の年齢を個別に見れば、体力のある普通の人にとってはインフルエンザよりも与しやすいのではないでしょうかね?
子どもで重篤になった事例は無いようですし、日本だけでなく、イタリアも騒ぎすぎような気もします。
浅野佑都
2020年02月27日 22:16
 続きます。
こういう時に、僕みたいな過剰反応と水を差す者は叩かれるのでしょうが(笑)
従来通り、高齢者や持病を抱える患者にだけ徹底した対策を講じて、個人の防衛に任せるの何の不都合もないのでは?

私事ですが、僕の母が昨日から持病の腎臓の検査入院していますが面会は禁止。必要なものは看護師に預けて帰る毎日です。

ただ、この新型ウィルスも、何らかの意味を持って出現しているはずですからね。
終息したときに検証するためには、騒ぎすぎるのは良くないと思いますね・・。
オカピー
2020年02月28日 18:26
浅野佑都さん、こんにちは。

>「旅愁」とか、この作品以前の過去の名作と似たような感じ
日本人の悪い癖で、一つの作品が当たると、それに便乗したような邦題が数年に渡って流行る。「旅愁」「慕情」「旅情」と来て「旅路」。
 で、本作はホテルが舞台であっても、定住者が殆どなので“所謂”旅”ではないので、内容とも齟齬しています。

>本館に使用された写真も、丁度、この頃のリタでしょうか・・。
>少し前の小悪魔的な感じはもうないですね・・。

いや、本館の画像はもっと前です。
 しかし、50年代後半以降の彼女は、仰る通り、そういう妖婦的な印象がすっかり潜まっていますね。

>プロフェッサーはあまり御贔屓でないかもしれません
図星です。
 千昌夫同様、金髪は好きですが、キャロル・リンリーのような清純派がタイプです。彼女の近影を見て相当幻滅しましたが。それを考えると我が邦の吉永小百合は凄い。
 Wikipediaを覗いたら、ポール・マッカートニーと同じ年に生まれたキャロル、昨年9月に逝去されていました。知らなかった。

>体力のある普通の人にとってはインフルエンザよりも
>与しやすいのではないでしょうかね?

とにかく、まだ罹患した数が少ないので断定はしにくいのですが、僕も大体浅野さんと同じ意見です。
 世間が騒ぐ理由は簡単で、正体が解らないことと対応する薬がないこと、この二点だけです。致死率がインフルエンザより高いのもほぼそこにあるような気がします。抗HIV薬等で一定の効果が出れば騒ぎは早々に収まるでしょうね。

僕がタクシーの代りをしているおじさんが、日本で最初の死者が出た時に「一人死んじゃった」と静かに騒いでいたので、「インフルエンザ絡みで死亡する人は年間1万人くらいいる(厚労省発表)のだから、それほど騒ぐに及ばない。とにかく、正体が掴むことが肝要」と話しておきました。
 今後毎年発生するようにならない限り、インフルエンザのような特効薬は多分作られないでしょうけどねえ。

>この新型ウィルスも、何らかの意味を持って出現しているはずですから
AIDSが発生した時、バランスを取る為に神様(自然)が人口減少を計っているのだろうと、僕は考えましたよ。誰かに怒られましたが(笑)。