映画評「彼岸花」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1958年日本映画 監督・小津安二郎 ネタバレあり 小津安二郎監督初のカラー映画。内容は「晩春」以降小津が特に好んだ結婚する娘に対する親の心情であるが、これほど父親が出ずっぱりの作品もないのではないか?  理解のあるふりをして娘には恋人くらいいたほうが良いと言っていた父親・佐分利信は、長女…
コメント:2

続きを読むread more