映画評「女囚さそり 701号怨み節」

☆☆★(5点/10点満点中) 1973年日本映画 監督・長谷部安春 ネタバレあり 梶芽衣子主演としてはシリーズ最終作である。シリーズ中一本だけ観たことがあると記憶していたのはこの作品だった。 またまた警察に捕えられたさそりこと松島ナミ(梶芽衣子)が護送中に警官の油断をついて早業で襲い、逃亡する。彼女を痛めつけることを業務…
コメント:2

続きを読むread more