映画評「アルカトラズからの脱出」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1979年アメリカ映画 監督ドン・シーゲル
ネタバレあり

僕は悪名高い犯罪者を収監する刑務所のあったアルカトラズ島をこの映画によって知った。それ以来のほぼ40年ぶりの鑑賞。「終身犯」などもこの刑務所が舞台だったらしいが、その時には意識しなかった。

1960年、脱獄常習犯フランク・モリス(クリント・イーストウッド)がサンフランシスコから2kmほど離れた小島にあるアルカトラズ刑務所に送られる。
 所長は変質的にまで陰険でやりきれなく、ある囚人に命を狙われるということもあり、隣の独房に入って来た青年バッツ(ラリー・ハンキン)や前の刑務所仲間のアングリン兄弟(フレッド・ウォード、ジャック・ティボー)と協力し合い、刑務所の古さを利用した脱獄計画をじっくり進めていく。
 通風孔をくすめたスプーンで広げ、図書係が持ってくる雑誌を利用してダミーの頭をこしらえ、レインコートを盗み出す。そして、いざ実行する段になってバッツが躊躇して遅れるなどの不都合があるが、脱出には三人あれば十分、一致協力して夜陰に乗じて監視を潜り抜ける。

三人の死体が発見されないことから脱獄は成功したものと思われる、という内容である。
 恐らくこの脱獄事件の結果であろうか、その1年後の1963年に刑務所は廃止される。つまり、モリスは発意して2年ほどかけて実施したことになる。

バッツの躊躇の理由など細かいところに多少疑問の残るところがあるとは言え、アクションが中心になりがちな脱獄ものの常識とは逆に地道な準備模様を軸に展開したところが今でも新鮮で、重大なピンチを次々と潜り抜けるという直球タイプとは少し違う積み重ね型とも言うべきサスペンスが秀逸である。

Allcinemaに“それぞれが独房にいたのにどうやって抜け出たか説明がなくすっきりしない”という投稿があるが、モリスが事前に他の3人に通風孔の説明をしている。つまり3人以外も同じ方法で穴を広げ、そこから逃げたのは自明。現に、掘る描写こそないものの、やっと決意したバッツが広げた通風孔から逃げる描写もあり、投稿者が見落としたにすぎない。

スティーヴン・キングはこの作品を観て「ショーシャンクの空に」(原作名「刑務所のリタ・ヘイワース」)を書いたのではないか。図書係の存在など似たところあり。

石の上にも三年ならぬ、獄の中にも二年。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント