映画評「座頭市逆手斬り」

☆☆★(5点/10点満点中)
1965年日本映画 監督・森一生
ネタバレあり

シリーズ第11作。脚本が浅井昭三郎につき第9作「関所破り」に似た感じの内容なのは歓迎できないが、あの作品ほど物語は破綻していないように思う。

博打で捕えられた座頭市(勝新太郎)が隣の牢の男・水原浩一に“人殺しで捕えられた自分が無罪であることを証明するよう土浦の親分に頼んでほしい”と言われる。無視しようと思ったのに、矢場で偽坊主・藤山寛美と知り合ったことから結局土浦の親分・原田詃に会って告げる。
 ところが、この原田氏、銚子の大親分・石山健二郎とつるんで水原を嵌めた張本人。大親分は市が当地へやって来た目的を知って事前に暗殺しようと刺客を何度も繰り出すが果たせず、逆に脅されて証文を取られてしまった為、それを使われまいと最後に総勢で市に襲い掛かる。

第9作はそもそも物語自体が成り立たない感じだったが、今回はそこまでひどくないものの、定食屋として案内された場所が原田親分のアジトだったり、土浦で救って貰った恩を異様に返したがっている妙齢美人・滝瑛子が(後を追いかけていたにしても)事ある毎に都合よく市の前に現れるなど調子の良すぎるところが目立つ。

強い殺し屋が不在で、刺客の質より量(多勢に無勢)で勝負している感が強く、アクション映画として見せ場が少ないのも弱体。三十六人斬りの荒木又右エ門よろしく数十人を相手にする最後の見せ場は勝の素早い動きに圧倒され、銚子らしくマグロ用か何かの網が敵の小道具として出て来るのが少し興味深い。

何作か前から純喜劇要素が入るようになり、第10作では三木のり平、今回は藤山寛美を出演させているが、喜劇色が強すぎて僕は余り買わない。銚子の人間なのに関西弁なのはシュールと言うべきか。調子に乗って座頭市に成りすまし、その結果暗殺されそうになるところを本物に救われて教訓を得るという辺りに可笑し味はある。

森一生監督は日本映画ファンの間で割合評判が良いが、省略を活用しない人なのでこういう切れのないお話を演出させると鈍重な感じが出て来て、寧ろ感心しないことが多い。

調子が良いのは、銚子が舞台であるせいと、脚本家が仰っていました(大嘘)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2019年12月08日 06:10
おはようございます。

2年前にCATVの時代劇チャンネル等で座頭市シリーズを色々録画して見ました。しかし、第7作「座頭市あばれ凧」と第8作「座頭市血笑旅」は放映してくれない。TSUTAYAにも置いてない。不思議なものです。

さて、この「座頭市逆手斬り」。他のブログを見ても評価が低いです。射的屋で座頭市が百発百中と言うのも「やりすぎ」だし。まあしかし僕なんぞは単細胞なので藤山寛美の偽座頭市を楽しんで見ました。

>「サイコ」では空撮のカメラが部屋の中に入って行く

さすがヒッチコック監督!

>もう89歳ですって。元気ですね。

やはりイーストウッドは強い男です。

>調子が良いのは、銚子が舞台であるせい

うまい!おーい山田君。オカピー教授に座布団一枚!
オカピー
2019年12月08日 21:36
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>第7作「座頭市あばれ凧」と第8作「座頭市血笑旅」は放映してくれない
WOWOWが全作品放映したところを見ると、人権上の制限とかそういうことではないとは思いますが。
 一方で、このシリーズの放映に関してはWOWOWは英断して音声を一切いじりませんでしたし、もしかしたら何かあるのかもしれませんね。

>射的屋で座頭市が百発百中と言うのも「やりすぎ」だし。
まあ超人だから(笑)、僕はさほど抵抗はなかったですよん。

>藤山寛美の偽座頭市
後年のTV[水戸黄門」でも調子のよい偽黄門などが出て来るので、その先駆けでしょうか。
 勝新太郎は「兵隊やくざ」でもそうだったように、喜劇色を混ぜるのが好きなのでしょうね。既にスターでしたから、多分彼の意向が入っていると思います。
蟷螂の斧
2019年12月09日 06:09
おはようございます。

>WOWOWが全作品放映したところを見ると

なるほど。CATVで放映された作品には放送禁止用語がバンバン出てきますし、局の好みでしょうか?

>事ある毎に都合よく市の前に現れるなど調子の良すぎるところが目立つ。

射的よりも、このあたりがオカピー教授の気に入らない点ですね。脚本の弱さ?

>調子のよい偽黄門

その他にも偽者が登場する作品が多いでしょうね。特撮でも。

>既にスターでしたから、多分彼の意向が入っていると思います。

三船敏郎、ジミー・ウォング・・・etc.その後、どんどん大物が出て来ました。
オカピー
2019年12月09日 17:37
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>脚本の弱さ?
浅井昭三郎氏の脚本は、人間の行動原理(行動心理学と僕は言ったりもしますが)に合わないところが多く、お話が成立しない作品(お話の為のお話)が多い。
その点第一作も担当した犬塚稔のほうがちゃんとしていますよ。

>三船敏郎、ジミー・ウォング・・・etc.その後、どんどん大物が出て
この間その三船敏郎が出て来るのを途中まで観ましたが、順番通りに見ると決めていたので、「こりゃ違う」と気づいて止めました。監督は岡本喜八なので、東宝風座頭市はどういうものか飛ばして観たいものですが^^
蟷螂の斧
2019年12月10日 07:50
おはようございます。

脚本家、心理学。そこまで詳しいオカピー教授。恐れ入りました!

>監督は岡本喜八なので、東宝風

観客動員数を意識した監督の使い方?

>石山健二郎

ドリフの映画にも出てました(笑)。

>滝瑛子

座頭市関所破り(1964年)にも出演した美人。

オカピー
2019年12月10日 22:16
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>心理学。そこまで詳しいオカピー教授。恐れ入りました!
脚本家の分析はともかく、心理学と言っても、人間の根本的な行動を見れば良いので、そう難しいことではないと思います。
 例えば、「関所破り」。悪党一味がかつて罠にはめた男が帰って来ると知り、何とか殺そうとするという、本作と似た設定でした。しかし、あの映画の場合、殺せる可能性の高かった、罠に嵌めた直後に殺してしまえば、そんな面倒なことをしなくても良い、という問題がありましたね。

>観客動員数を意識した監督の使い方?
岡本監督が脚本にも絡んでいますので、新機軸を目指したのかもしれませんね。
 岡本監督は、大物中で大物ですから、よく起用できたものです。勝新太郎という名の威力もあったでしょうねえ。
蟷螂の斧
2019年12月11日 06:00
おはようございます。

>罠に嵌めた直後に殺してしまえば、そんな面倒なことをしなくても良い

「黄金銃を持つ男」でもそう言う場面がありましたよね。空手道場の闘いの前。

>岡本監督は、大物中で大物ですから、よく起用できたものです。

さすが!勝新です。

>数十人を相手にする最後の見せ場は勝の素早い動きに圧倒され

勝新の殺陣。素晴らしいです。
「兵隊やくざ」シリーズに出てくる素手の殴り合い。あるいは投げ飛ばす場面。そういうのは兄貴の若山さんの方が上だという意見もありますが、果たして・・・?
オカピー
2019年12月11日 22:10
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「黄金銃を持つ男」でもそう言う場面がありましたよね。
僕は既にすっかり忘れていますが(笑)、「関所破り」の場合はそれが主題でしたから大問題でした。しかし、勝新が断然格好良かったので、内容よりはぐっと良い点をつけましたよ。

>そういうのは兄貴の若山さんの方が上だという意見もありますが、
>果たして・・・?
「眠狂四郎」第一作でも素晴らしいアクションを見せましたね。あのアクションを見れば、その意見も解るような気がします。
蟷螂の斧
2019年12月13日 05:50
おはようございます。

>「眠狂四郎」第一作でも素晴らしいアクション

少林寺拳法の達人。当時の芸名は城健三朗。
また演技力も勝新よりも若山さんの方が上だという人もいます。

>「関所破り」

安田公義監督作品。平幹二朗が、悪玉側の用心棒役で座頭市と対決。
中田ダイマル・ラケットも出演。僕は割りと楽しんで見ました。
オカピー
2019年12月13日 21:31
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>また演技力も勝新よりも若山さんの方が上だという人もいます。
勝新がアクションから離れられなかったのに対し、ある程度年齢が行ってから若山富三郎はドラマへの出演が多くなりましたね。「悪魔の手毬唄」や「衝動殺人 息子よ」が印象深いです。
蟷螂の斧
2019年12月14日 07:09
おはようございます。

>「悪魔の手毬唄」

昔好きだった女性に未練が残ってる磯川警部役を演じていましたね。

>「衝動殺人 息子よ」

泣かせる映画でした。息子と同じ病院で死去。

若山さん。
NHKドラマ「イキのいい奴」近所の仕立屋さん役がすごく良かったです!

オカピー
2019年12月14日 20:40
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>>「悪魔の手毬唄」
>>「衝動殺人 息子よ」
前者はよくTVに出ますが、後者は随分ご無沙汰です。邦画専門チャンネルあたりなら観られるかもしれませんが。

>NHKドラマ「イキのいい奴」近所の仕立屋さん役がすごく良かったです!
40年余りTVドラマは観ていないもので、タイトルも知りません。
最近は「相棒」を映画評でも書きなから見ていますが、相変わらず他のドラマは観ません。
しかし、ドラマの方が映画以上に時代を共有できる可能性があるわけで、今となってはドラマを無視してきたを少々後悔していますよ。