映画評「野性の証明」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1978年日本映画 監督・佐藤純彌
ネタバレあり

高校生の時に俄かに森村誠一ブームが起きた。三つの並行描写が最後に一つに収束していく様が実に見事だった「人間の証明」が評判を取ったのだ。すぐに映画化されたが、小説を読んだ後では実につまらなかった。そして「野性の証明」も読んだが、前作に及ばずという印象。逆に映画版は「人間の証明」より面白かったものの、生意気盛りの大学生の僕はさほど買わなかった。

今回重い腰を上げて(笑)再鑑賞したところ、これがなかなか行ける。メッセージ性などに拘らずに見せたいものを見せるという心意気がよく伝わって来るのだ。佐藤純彌監督=高倉健主演の作品としては「君よ憤怒の河を渉れ」と同じ系列のバイオレンス・アクションである。また、今や大貫禄の女優になった薬師丸ひろ子の映画デビュー作でござる。可愛かったなあ。

岩手県の山村で自衛隊特殊工作隊が訓練中。折も折、村人13人のうち12人が殺される事件が起きる。残った一人の少女・頼子(ひろ子ちゃん)を特殊工作隊を辞めて保険会社に勤めている(高倉)が引き取り、福島県羽代市で暮らしている。彼女は事件のショックで記憶を失っている。
 羽代市は実力者・大場一成(三國連太郎)に仕切られている状態。暴力団やチンピラを配下に置き、役所、警察、新聞もほぼ彼の言いなりである。味沢は、保険金支払いを要求されている死体なき交通事故に関して殺人の疑いを持って調査をしている。彼が接近した地元新聞の女性記者・越智朋子(中野良子)も同様の疑いを抱き、協力して遂に死体を建設現場から発掘する。
 しかし、その為に大場から圧力を受けた保険会社は彼を解雇し、朋子は彼のバカ息子により殺される。山林で訓練中に出くわした女性・越智美佐子(中野良子二役)を死に至らしめた自責の念で味沢はその妹・朋子を守る責務を自分に課していたのだが、その役目を果たせず、頼子を連れて姉妹のいる千葉に越そうとするが、大場一味に止められた為に激しく格闘に発展、バカ息子を人質に逃避を図る。
 味沢を殺人犯として執拗に追跡する岩手県警の北野刑事(夏八木勲)は、結果的に彼に協力して呉越同舟の逃避行を続ける。そこへその存在を明らかにされては困る特殊工作隊がヘリコプターや戦車を駆使して彼らに攻撃をしかけて来る。

細かい突っ込みどころはさておいて、二つの巨悪を並列させたのが結果的に失敗で、工作隊からの避難・抵抗に傾注しすぎて、本来はかっちりと終息させてほしい大親分大場側の描写が消化不良気味、鑑賞者としてはすっきりしないのだ。欲をかきすぎた為の破綻と言うべし。

しかし、本作はお話の整合性や完成度に拘るべきタイプの作品ではなく、非日常の視覚を楽しむ作品である。特に終盤工作隊からの逃避を長丁場で見せるスペクタクルは、本物のヘリコプターや戦車を大量に駆使して迫力満点。破壊されるところはSFXであるが、CGのない時代にミニチュア等が大活躍、それが実に上出来で、半世紀に及ぶ映画ファンである僕を嬉しがらせてくれるのである。

ついでに言うと、頼子の“大好きな父親”に対する変化し続ける思いが当時の高倉より高齢になった僕の胸を打つ。以下の如し。
 味沢が大場の子分に斧を振り下ろすのを観て頼子が記憶を取り戻し「この人が父を殺した」と北野刑事に証言、それ以降は彼をまともに見ようとしない。追い詰められた味沢がトンネル内でトロッコに乗る頼子に「ヘリコプターの音が止んだら行け」と言ってトンネル外に出て工作隊のヘリコプターと対峙する。ところが、そこへ頼子が「お父さ~ん」と叫びながらトンネルから出て来るのである。彼女は、“父親”が実父を殺したのは自分を護るためであったと気付いたのであろう。
 これらの流れに滲み出る、疑似親子たる二人の親子愛に僕は感動を禁じ得ないのだ。相手が巨大すぎてこの親子が抗うことができない不条理に覚える虚脱感が物凄い。

母親がごく初期の胃がんで(興味深い症例だったらしく何故か東京の)警察病院に入院中に薬師丸ひろ子が虫垂炎か何かで入院、患者たちがざわついたそうだ。僕は退院する日にたまたま病院にいたが、姿は見られなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント