映画評「1987、ある闘いの真実」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年韓国映画 監督チャン・ジュナン ネタバレあり 韓国サスペンスは馬力はあるが、(韓国大衆映画の例に洩れず)ギャグを盛り込んでトーンを一貫させない為に力が抜けてしまう。世評の高かった「タクシー運転手」もそのため僕の眼には泥臭かった。が、光州事件と同じく全斗煥大統領の軍事独裁政権時代に起きた…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「判決、ふたつの希望」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年レバノン=キプロス=フランス=ベルギー=アメリカ合作映画 監督ジアド・ドゥエイリ ネタバレあり 合作ではあるが、レバノン映画は珍しい(私的には、2007年製作「キャラメル」以来か?)。レバノン映画史上初めてアカデミー賞外国語映画賞のノミネートになったという。 レバノン。パレスチナ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジュリアン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年フランス映画 監督グザヴィエ・ルグラン ネタバレあり ベネチア映画祭で監督賞、セザール賞(フランス版アカデミー賞)で作品賞を獲っているが、近年日本人が幾つかの不幸なDV→児童虐待事件を知った後見ると物足りなく感じる作品であろう。 暴力的な夫ドゥニ・メノーシェと離婚した中年夫人レア・…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「セントラル・インテリジェンス」

☆☆(4点/10点満点中) 2016年アメリカ=中国合作映画 監督ロースン・マーシャル・ターバー ネタバレあり 駄弁が煩わしくその結果やたらに長くなっているためにうんざりさせられた「バッドボーイズ」シリーズ(特に続編)を少し思わせるバディもの。刑事映画ではないが、最終的には似たようなところに落着する。 高校時代は総代を務…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「生きてるだけで、愛。」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・関根光才 ネタバレあり 本谷有希子の同名小説を、本作が長編劇映画デビュー作に当たる関根光才が映画化した純文学である。 合コンで知り合ったゴシップ雑誌編集員・津奈木(菅田将暉)と3年間同棲を続けている寧子(趣里)は、躁鬱病で鬱を発症して現在過眠症に陥っている。そこへ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「クワイエット・プレイス」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ジョン・クラシンスキー ネタバレあり 廃墟となって品物だけが残された店。その中で家族と思われる5人の男女が手が足音を立てぬよう歩き、話で会話をしている。何事なのか。やがて店や家々に貼られている新聞や張り紙により、隕石と共に地球に辿り着いた視覚のないエイリアンが音を頼りに…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ウイスキーと2人の花嫁」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年イギリス映画 監督ギリーズ・マッキノン ネタバレあり 1941年にスコットランドの孤島で起きた事件を、地元の作家コンプトン・マッケンジーが際物として小説化し、49年に洒落たコメディーを割合得意とするスコットランド系米監督アレクサンダー・マッケンドリックが映画化した。そのリメイクである。前…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「輝ける人生」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年イギリス映画 監督リチャード・ロンクレイン ネタバレあり 年を取り、死ぬこともたまに考えるようになったから、老人たちを主題にした作品には、出来栄え以上に心が動かされてしまう。7月に観た邦画「体操しようよ」は映画としては可もなく不可もない程度であったが、相当甘くなってしまったし、本作はそ…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「英国総督 最後の家」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年イギリス=インド=スウェーデン合作映画 監督グリンダ・チャーダ ネタバレあり インドとパキスタンの歴史をある程度知っている人が一番楽しめる作品である。  高校で世界史は1970年頃まできちんと習った(日本の学校は現代史を教えないとよく言われるが、わが母校ではそんなことはなかった)が、…
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スターリンの葬送狂騒曲」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年イギリス=フランス=ベルギー=カナダ=アメリカ合作映画 監督アルマンドー・イアヌッチ ネタバレあり 西洋の本来の定義では、トラジディ以外は全てコメディであるから、本作は紛れもないコメディである。そこまで定義を広げなくても、本作の実在人物のみっともないドタバタぶりは諧謔要素満点である。陰惨…
コメント:0

続きを読むread more