映画評「わんぱく王子の大蛇(おろち)退治」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1963年日本映画 監督・芹川有吾
ネタバレあり

ブログ友達の浅野佑都さんに紹介されたので、図書館の蔵書検索を調べてみる。とうも県内にはないらしいので、手に入ったばかりのアマゾン・ギフト券でDVD(ブルーレイ化はされていない)を買い、観てみた。浅野さんの仰る通りの出来栄えと思う。

お話はほぼ原作の「日本書紀」通りだが、東南アジアや西洋の趣味が入っているところもある。

東南アジアの如く、主人公の少年王子スサノオ(声:住田知仁)が住んでいるのは虎のいる島である。母親イザナミ(友部光子)が死んで行ったという黄泉の国(本作中にこの言葉は出て来ないと思う)を目指し、子分の兎アカハナ(声:九里千春)を連れて、夜の国を司る兄ツクヨミを訪ねる。王子は先方の臣下たちが攻撃的に思えたので少々暴れてみる。が、結局兄は母の居場所を教えてくれない。
 そこで火の国(日本書紀とほぼ同時期に記された風土記の残る肥前だろう)に立ち寄って住民タイタン坊を配下に加え、姉アマテラスのいる高天原へ行き、その言に従って労働に生を出すが、文字通りの我田引水が祟って人々(神々?)の不興を被り、絶望したアマテラスは岩戸に隠れてしまう。
 人々の尽力で姿を現したアマテラスに反省の弁を述べたスサノオは見送られて出発、出雲の国に到着する。そこでは八つの首を持つ大蛇ヤマタノオロチが、八番目の生贄として美姫クシナダ(声:岡田由紀子)の命を狙っている。それを知ったスサノオは大蛇の退治に乗り出す。

ここで活躍するのが、ヤマタノオロチと似ているヒュドラからの連想か、ギリシャ・ローマ神話のペガサスのような白い空飛ぶ馬アメノハヤコマ。タイタン坊という言葉もギリシャ神話からかもしれない。

お話は日本書紀を子供向けの冒険談に仕立てたもので、その点同時代的にも新しさは期待できないものの、ひたすら冒険するという純度の高さを僕は高く評価したい。とりわけ、アメノハヤコマを駆ってスサノオが活躍する場面の描写が力強い。

最後に、彼が母の言った“平和の国”がヤマタノオロチを退治して訪れた出雲、この現世であることに気付くというところは後年作品の成長物語に通ずるところがあるが、変な説教臭がなく素直に接することができる。

絵は、グラデーションを用い精緻を極める現在の作品と違い、ベタに塗り込んで敢えて平板化している感じで、ウィキペディアの表現を借りればグラフィティ的。この平板化・シンプル化された視覚が、純度の高いお話にマッチしているという以上に、高い純度という印象を強めてさえいないだろうか?
 毎週放送されるものと同じ土俵で語れないのを承知で言うと、1963年に始まる「鉄腕アトム」など同時代のTVアニメとは滑らかな動きで歴然の差があり、同時代のディズニーに優るとも劣らない(元来僕はディズニー・アニメの独特な動きを余り好まない)。

「七人の侍」「ゴジラ」で映画ファンにもよく知られる伊福部昭の音楽もダイナミックだ。元来のクラシック作曲家らしい実力を随所に発揮、日本的なものから時にストラヴィンスキーを思い起こさせる音楽まで千変万化で実に楽しい。

今年代替わりの際に、天皇家を天照大神の子孫とNHKが断言してしまったことが結構話題になった。余りに一部保守に迎合しすぎている。一部保守層が牽強付会的な解釈(僕は一々反論できる)でNHKを左と決めつけていたが、最近は右派的にすぎる(これもそう単純ではないのだが)。この間は民放局がどこかの神社を2600年前(弥生時代ではないか)設立と断言していた。科学的根拠のない断言をこうも安易にTV局が連発するのは異常だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

浅野佑都
2019年09月26日 20:05
>平板化・シンプル化された視覚が、純度の高いお話にマッチ

 僕の一番言いたかったことでして、天馬アメノハヤコマ(キャラクター的には最も好きです)に象徴される埴輪のようなシンプルさが物語を生き生きとさせています・・。外国の絵本などではなく、日本神話を題材に選んだのも成功の一因でしょうね。

>同時代のTVアニメとは滑らかな動きで歴然の差

比較的新しい大友克洋の「AKIRA」がセル画数15万枚、宮崎駿の「崖の上のポニョ」が12万枚で、86分のこの作品で25万枚という贅沢さだったそうです・・。

>伊福部音楽のダイナミックさ
映像と音楽の幸せな結婚ですね!
アイヌ音楽が出自で、インド舞踊など古代のミニマルミュージックに堪能な彼の作風は、人の根源的な記憶の琴線に触れるものがありますね・・未来というよりも過去。
伊福部音楽が使われ成功した「ゴジラ・キング・オブ・モンスター」(2018)は、神性、歴史、文明への怒りなどのテーマはあっても、終始、怪獣プロレスに重きを置いた印象で作品としては見るべきものはあまりありませんでした。
翻って、3・11に触発され、現代的で科学的なアプローチを貫いた『GODZILLA ゴジラ』(2014年)に伊福部音楽が使われず、映画の出来栄えもせっかくの素材の良さを生かしきれなかった印象なのは、そういう理由もあろうかと思います・・。

好きな戦いのシーンで、大蛇が一つずつ首をもたげるのですが、上記の「ゴジラ・キング・オブ・モンスター」でもキングギドラの同様の登場シーンがあります。
キングギドラの初登場が64年の「三大怪獣地球最大の決戦」ですから、もしかすると円谷英二が怪獣の登場の仕方を本作品から参考にし、ハリウッドでも踏襲商品たのかもしれませんね(笑)


 ところで、眉根を寄せて怒りの形相をあらわに「あなた方を許さない」と糾弾した16歳のグレタちゃんに話題が集まっていますが、プロフェッサーはどう思われたでしょうでか。

僕は、日本でも世界でも彼女に対する批判のほうが大なのは残念ですが、もともと、この企画は茶番だと思いますね・・。
グレタちゃんの真摯な言葉に拍手しているのは、だれでもない先進国首脳たちですからね・・。
彼らが本当に聞く耳を持ってるならば、拍手ではなく沈黙で答えたはずですから・・。
モカ
2019年09月26日 22:04
浅野さま オカピーさま こんばんは。

こちらは東映チャンネルで今月放映されました。
一番年かさの子が6歳なのでどこまで理解できているかは分かりませんが、食い入るように見ていました。小さな子も楽しめるように可愛い動物たちがでてくるところも気配りが行き届いてますね。
私の子供の頃にみた「安寿と厨子王丸」と同じ動物が出てました。あの動物たちがいなかったらあんな可哀そうなお話はとてもじゃないけど見ていられなかったと思います。

仰るようにあの馬の造形が素晴らしいですね。筋肉隆々じゃなくて可愛らしいけれど、天駆ける姿は神々しくて。

3歳児のほうは相変わらず「パンダ コパンダ」です。
この夏、視聴回数二桁はいってます。意外と一作目の方が人気です。
 私も気が付くと「パンダ コパンダ コパンダ~」と歌っています。この曲、70年代、気鋭のジャズピアニストだった佐藤允彦作曲で作詞は当時の妻の中山千夏だったんですね。

良い情報をありがとうございました。 


オカピー
2019年09月27日 22:57
浅野佑都さん、こんにちは。

>外国の絵本などではなく、日本神話を題材に選んだのも
>成功の一因でしょう

宮崎駿も、外国のものよりオリジナル(と言っても彼は外国のものの引用・応用も多いのですが)若しくは日本のものを原作にした方が良い感じに仕上がる傾向があると思っています。


>86分のこの作品で25万枚という贅沢さ
それは凄いですね。

>アイヌ音楽が出自
エスニックの要素が野趣となっているのか!

>円谷英二が怪獣の登場の仕方を本作品から参考にし
そういうことはあるでしょうねえ。

>16歳のグレタちゃん
彼女の勇気には感銘しましたし、発言内容にも一々納得です。

僕も中学生くらいから環境問題に関心を持っていました。専ら森林の保存が眼目でしたが、実際に二酸化炭素を吸収する為樹木を植える計画もあるから、僕の関心も的外れではなかったようです。

やっと中国が環境に関心を持ち始めたと思ったら、肝心のアメリカが、自国ファースト=経済ファーストのトランプにより、元の木阿弥のパリ協定脱退。2100年には理想的に行っても1m海水面が上昇、最悪5mと言われています。5m上昇したら東京など随分埋もれてしまいますよ。
 台風などの大規模化などやゲリラ豪雨などの頻繁など、僕らが生きているうちにも益々ひどくなりそうですねえ。群馬は台風に関しては恵まれていますが、大雪の可能性が以前よりぐっと増えていますよね。


>彼らが本当に聞く耳を持ってるならば、拍手ではなく沈黙で答えた
>はずですから・・。

僕も全く同じ事を感じました。拍手に対して笑顔を見せなかった彼女も同じ思いでしょう。
オカピー
2019年09月27日 23:19
モカさん、こんにちは。

>こちらは東映チャンネルで今月放映されました。
それは良かったですねえ。
幅広く観るにはやはりWOWOWだけでは足りないなあ。

>小さな子も楽しめるように可愛い動物たちがでてくる
幼い子供に関しては半世紀前も現在も変わらないですね。

>3歳児のほうは相変わらず「パンダ コパンダ」です。
目に浮かぶようですねえ。
大人にも楽しめる佳作です。僕は二作目を買っていますが^^