映画評「グッバイガール」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1977年アメリカ映画 監督ハーバート・ロス
ネタバレあり

この頃監督のハーバート・ロスは絶好調で同じ年に「愛と喝采の日々」を撮り、前年には「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」という優れたホームズのパスティーシュも作っている。本作はまた脚本を書いた劇作家ニール・サイモンの代表作でもあろう。

今回の放映版は、僕が映画館で観た時と同じ高瀬鎮夫氏の対訳。僕は彼の訳が非常に好きなのだが、放送自粛用語等の理由で後年の訳に変えられることが多いので、嬉しかった。

娘クイン・カミングズの父親である夫に続き役者をする内縁の夫にも去られて落ち込む子連れ中年ダンサーのマーシャ・メイスンの前に、その彼から権利を譲り受けたという役者リチャード・ドライファスが現れ、立場上の不利をつかれて、結局同居する羽目になる。
 少々勝気なマーシャと口八丁のドライファスの相性は悪いが、何故か娘は彼に好感を覚えているらしい。やがて、マーシャがなけなしのお金を強盗に取られ、ドライファスが精魂を傾けたリチャード三世役が酷評を受けると、互いに同病相憐れむ関係になり、それが愛情に発展していく。
 しかし、彼は映画監督からオファーを受けシアトルにロケに出かけると言う。またも同じ事の繰り返しかと彼女が嘆いていると、彼が公衆電話から電話をかけてきて「ギターのケアをしておいてくれ」と言う。

つまりハッピー・エンドなわけだが、何と言っても嬉しいのは、出会いが雨の日であり(しかも彼は一度追い出された後電話をかけてくる)、この幕切れでそれに対照的に呼応させる定石的扱いの巧さである。定石は下手にやるとつまらなくなるが、うまくはまると感動を大きくするのだ。

勿論一流劇作家であるサイモンならではの台詞の掛け合いに面白さがあり、ロスの演技指導よろしきを得て二人の演技の呼吸が良く、台詞劇として大いに楽しめる。

アカデミー主演男優賞を受賞したドライファスは「ジョーズ」「未知との遭遇」を経て本作に出演、彼にとっても絶頂期であり、本作の演技は勿論充実。サイモンの奥さんに一時収まったマーシャ・メイスンも好演。Allcinemaの一部に彼女の演技が大味という意見が散見されるが、多分大味に見えるだけで実はきちんとしているのだと思う。僕は演技分析が苦手で、ある程度まで行くと巧拙の差がよく解らない。撮影時10歳のクイン・カミングズも好調で、この頃この手の生意気な子供が出て来る作品が流行ったような記憶がある。

味わい深い人情ロマンスの秀作と言うべし。二人の掛け合いを見ているうちに、純ロマンスではないけれど我が邦の「夫婦善哉」(1955年)を思い出した。このカップルの数年後かもしれませんな。

この十年ほど前にサイモン脚本で、ジェーン・フォンダとロバート・レッドフォードが新婚夫婦役で共演した恋愛喜劇「裸足で散歩」なんてのもあるです。男女のいがみ合いという点で共通点があるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

浅野佑都
2019年09月18日 17:48
これは、封切で当時の彼女と観て、・・。
好きな場面はたくさんありますが、やはり、ロマンチックな屋上のサプライズ!でしょうか?
その後、多くの映画がこのシーンを真似ましたね・・。

プロフェッサーの映画評は相変わらず的確で、最近の町山智浩氏より以降の、「よく練られた脚本」と「俳優の素晴らしい演技」のことしか書かない(知識がなくて書けない)映画評論家たちとは一線を画しています。
(町山氏自体は、彼が雑誌「宝島」に投稿していたときから純粋に読み物として面白いと思っています)

僕は、プロフェッサーのような技術的な映画知識が全くないのですが、数だけは長年、多くの作品を観ているので、寄りと引きのバランスはどうか、カメラは程よく動きがあるか、編集は歯切れ良いかといった、本当にごく当たり前のことはわかります。イーストウッド作品などは、その当たり前のことが神業レベルで結実してるのですが・・。

町山氏はともかく、テレビやネットの映画ライターたちにいたっては、専門知識にも一般常識にも無知で、作品の意味を取り違えていたり、勝手な解釈で首を傾げさせたりします・・。
彼らの中には、あろうことか、シーンナンバーやテイクの情報が書かれたガチンコが何のためにあるのかさえ知らない者冴えいます・・・。

 愚痴はともかく、演技に関してはやはり、ドライファスは上手いですね。登場シーンではずぶ濡れの冴えない中年男が、中盤以降はセクシーに見えてくる。
10歳の娘に『可愛いじゃない?。誰も拾ってくれない犬みたい。』と母性本能を抱かせる売れない役者を好演しています。
マイク・ニコルズ監督でデ・ニーロ主演という企画も当初あったようですが・・デ・ニーロでは格好良すぎる・・前衛演出家にでたらめな演技指導をされ、部屋で男泣きする場面などはデ・ニーロもいいかも。

>Allcinema マーシャ・メイスンの演技が大味

わかってませんね、その御仁(笑)
彼女の軽いタッチの演技だから良いのに(笑)
キャンディス・バーゲンやド・ヌーブのようなゴージャス美女では嘘っぽくなる。
まあ、才色兼備で非の打ちどころなくても、男運が悪いことで人生のバランスを取ってる女性も中にはいますが(笑)

この年は、ほかにも「ジュリア」や「アニー・ホール」「ミスター・グッドバーを探して」などがananやノンノといった女性雑誌に取り上げられ、宛ら女性映画元年といった印象でした・・。
オカピー
2019年09月19日 09:30
浅野佑都さん、こんにちは。

>ロマンチックな屋上のサプライズ!
翌年作られた埋もれた名作「ふたりでスロー・ダンスを」にも屋上のシーンがあったような気がします。
 確かにそれ以降屋上でなんたらかんたらという場面を多く目にするようになりました。

>町山智浩氏
特に僕らの知らないアメリカ文化の知識を繰り出して、解析することにかけては他の追随を許しませんね。
 「猿の惑星」シリーズが三作目から黒人の抗議活動の寓意になっていったことなどは解り切っていて「な~んだ」という感じですが、色々と参考になります。

>イーストウッド作品などは、その当たり前のことが神業レベルで結実
遅咲きの天才撮影監督トム・スターンの力が大きいと思いますねえ。
現在の撮影監督では、ロジャー・ディーキンズと双璧でしょう。

>10歳の娘に『可愛いじゃない?。誰も拾ってくれない犬みたい。』
生意気だけど憎めない少女ですね。本当は凄く可愛らしい。
 と、ドライファスの演技とは関係のないコメントですが、当時のデニーロではこの軽妙さが出にくい感じがします。
 アカデミー賞もちょろいもんよというコメントもありましたが、こういう軽みの演技に主演賞を与えたアカデミー会員のセンスに僕は感動しましたよ。アル中・薬中・精神病患者等を熱演した人が主演賞を撮ることが多かったですからね。

>マーシャ・メイスン
「夫婦善哉」に主演した淡島千景が好きなのですが、マーシャと女優としての立ち位置が似ているような気がしまして。彼女を思い出して「夫婦善哉」に思い至ったというのが近い。共に軽みがあって良い女優です。
 マーシャは今TVドラマによく出ているようですよ。

>宛ら女性映画元年
翌年には「結婚しない女」(邦題は原題とニュアンスが違いますが)なんてのも出ましたね。女性映画という表現にフェミニストの批評家が反発していた。40年経ってもこの辺りは余り変わっていないです(苦笑)。
モカ
2019年10月06日 22:18
こんばんは。

これは図書館で借りることができました。
こんな面白い映画があったんですね。全然知りませんでした。
紹介してくださってありがとうございました。
オカピー
2019年10月07日 17:37
モカさん、こんにちは。

それは良かったです。
 僕は手当たり次第に見て来たので、観ていない秀作というのが少なくて困っています。
モカ
2019年10月08日 18:49
こんにちは。

最近、昔ほど面白い映画がないと思うのは歳のせいじゃなくて、実際そうなんだと思います。特にアメリカと日本がだめ、特に日本がだめですね。誰のせいなんでしょう?

今、スターチャンネルで「チェルノブイリ」の放映が始まって、まだ #1,2 しか見ていませんが、すごいですよ。
当節は映画よりドラマのほうがパワーがあるようですね。



オカピー
2019年10月08日 23:04
モカさん、こんにちは。

>特にアメリカと日本がだめ、特に日本がだめですね。
>誰のせいなんでしょう?

同意です。
現象から言えば、メジャー映画のターゲットが若者になっているかですね。それも映画ファンではない若者。
だから、アメリカではアメリカン・コミックとYA小説の映画化(それもシリーズ化されるケースが殆ど)、日本ではコミックの映画化が多くなっていますね。
日本の場合は、TV局が映画に乗り出してから、徐々につまらなくなりました。今やTV界が映画界の中心ですから、なおさらです。


>当節は映画よりドラマのほうがパワーがあるようですね。

上の文章と矛盾するようですが、TV用映画(所謂ドラマ)の質が、製作費が大きくなるなどの理由もあり、上がっていますね。