映画評「この世界の片隅に」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
2016年日本映画 監督・片渕須直
ネタバレあり

こうの史代という漫画家のコミックを、片渕須直がアニメ映画化した。個人的に高く評価した「マイマイ新子と千年の魔法」の監督だ。レベルは高かったのに鑑賞された方が少なくキネマ旬報でも殆ど無視された作品だが、こちらは早めに評判になってキネ旬で1位になった。こつこつ作って来た甲斐があったと思う。今後は黙っていても以前に比べればヒットするだろう。

WOWOWにも民放地上波にも出て来ず、どうしたのかと思っていたら、NHKが買っていた。封切られた翌年の2017年に観られれば理想的であったが、民放でなくて実に良かった。評判通りの秀作。

昭和8年からお話はスタート。ヒロインすず(声:のん)は本人の説明から推して大正14年生まれと思う。
 それなりの尺を割かれて描かれる少女時代の後、昭和19年に彼女は憎からず思っている幼馴染がいるにも拘らず、勧められた縁談を承諾して、広島から呉市の海軍で働く文官・周作(声:細谷佳正)に嫁ぐ。
 呉は軍港で有名な街だから、米軍に押し込まれた時に激しい攻撃に遭うのは避けられない運命だが、絵を描くのが好きなすずはよく働きつつもぼんやりしたズッコケ娘なので、戦時中にもかかわらず周囲に笑いを振りまく、そこへ夫と訳ありの関係になった義姉・径子(声:尾身美詞)が娘・晴美(声:稲葉菜月)を連れて舞い戻ってくる。
 気の強い彼女はすずに嫌味を言い、その為にすずは脱毛症を患ってしまうが、晴美とは年の離れた姉妹のような親しい関係を築く。
 が、昭和20年空爆が激しさを増した折、手を繋いでいた晴美が時限爆弾で落命し、すずも絵を描くのに必要な右手を失ってしまう。程なく実家のある広島に原子爆弾が投下される。怪我から復帰した彼女は、両親が亡くなった後原爆症を発症した妹を漸く見舞う。
 夫と帰る道中飢えた孤児の少女と出会い、家に連れ帰る。

今まで余り観たことのない類の作品と思う。
 悲惨さは終盤を別にすると殆どなく、ぼけっとした妙齢女性のズッコケと秘められた青春の苦悩のうちに戦争の真の暗雲は静かに胚胎し、それが晴美の死とそれに対するすずの後悔により突然表面化する。

かくして本作は、立派な反戦映画たる資格を持つのだが、その牧歌的なムードは所謂反戦映画には余りないものである。敢えて言えば「禁じられた遊び」(1952年)に近い。

食糧難をしのぐ工夫など戦時の銃後風俗として非常に興味深いものが多く、そこから僅かに離れたところに存在する別世界のような花街の様子は戦争の複雑な様相を映し出す。

映画はヒロインの喜怒哀楽を通して“生”そのものを描く。“生”を寿ぐと言っても良い。それは彼女が失った右手が知っている過去を思い出すシークエンスにおいて、鮮やかに、アニメならではの圧倒的な見せ方により、示される。本作の白眉である。

その前の、晴美が死んだことに対するすずの思いを表現する一連の画面も実に秀逸。それまでは計算されつくした画角や色彩設計(特に白)などで正攻法に勝負していた映画が突然アート的に表現することに度肝を抜かれる。アート的なのは、絵に対する意識が強いすずの内面だからである。

やがて作者は、”生”のよすがを人間の絆に見出していく。晴美を失った事実に慣れた径子はすずに優しくなる。すずと周作が戦争孤児を連れて帰る真意は不明だが、単なる人情に加えて、一つは栄養不足で子供を授からない自分達の為、一つは晴美に代わる子供を径子に与える為の両方であるにちがいない。エンドロールにおける孤児の変遷が誠に微笑ましい。

映画を観終えて残るのは戦争の悲劇だけでなく、”生”の素晴らしさである。それがなかったら祖先は戦争を逞しく生き抜くことなどできなかったであろう。
 まだ幼い軍国少女であった晴美の死が悲しくてたまらないが、それでもこの映画は、余りに悲し過ぎて二度と観ることが出来ない「火垂るの墓」(僕の周囲に同じことを言う人が実に多い)と違って、何度も観たい気にさせる。

事務所とのゴタゴタで改名したのん(元・能年玲奈)のアテレコが抜群。

母方(昭和3年生まれ)の伯母が大正12年、伯父が大正15年生まれ。丁度ヒロインと同じ世代。もうみんな亡くなってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浅野佑都
2019年08月08日 23:39
 邦画、アニメの当たり年だった2016年中でも、僕が断トツに気に入った作品であり、プロフェッサーにも早くからご紹介した作品と思います。

今回、ようやくプロフェッサーの評論を読ませていただき、「優れた映画評論は対象作品の味わいをより深淵に誘う」という僕の持論を改めて強く思いました。
僕の読んだ本作品の評価、レビューの中で最も踏み込んだ記述だと思います。

>彼女が失った右手が知っている過去を思い出すシークエンス

少女漫画的な絵柄と牧歌的なムードのため、一部に、ヒロインがのんびりしすぎだとか、「本当の戦争はこんなに甘くない」等の批判も

これはもちろん、観客に受け取りやすく加工されたフィクションであり、創作の技巧でしょう。
小姑や夫の両親にしても、本当はもっと醜い現実があるが、ヒロインの脳内変換で
映画全体のほんわかした印象を保っている。
創造の源である右手を失ってから立ち直るまでの、あの陰湿な空気感こそが戦争の実相であり、客観的な現実に近いということなのでしょう。

そうした銃後の日本でも、人々はたくましく生き、終盤、アニメの中で(今は広島平和公園となっているかつて在った街の)家々に明かりが灯る。
名シーンの多いこのアニメの中でも秀逸(「蛍の墓」の現代の高層ビル街の夜景と重なる)と思います。

「マイマイ新子と先年の魔法」も大きくアベレージを超えたアニメで、流石は、宮崎駿にその才能を認められ、『魔女の宅急便』の監督候補にもなっただけはありますね。
浅野佑都
2019年08月08日 23:47
 甲子園で、わが群馬代表校が初戦負けしてしまいました!
近年の代表校の力からいっても、三回戦か、あわよくばベスト八くらいまでは楽しめる、と思っていたのですが・・・
僕の甲子園も、今年は終了のようです(笑)
モカ
2019年08月09日 17:32
物心ついた頃、戦後18年とか19年と言われていましたが、それでも戦後生まれにとっては戦時は遠い知らない世界のように思っていました。
私も、先日NHKで観ましたが、つくづく戦後74年の長さをかみしめました。遠くへ来てしまったなぁ・・・と。
私の父が大正12年生まれ、母が大正15年生まれです。
両親に限らず、戦争経験者たちは多くを語りませんでしたが、時たま、ポツリと話してくれたことを今思い出しています。
戦時に中国大陸にいた父は「戦争とは不潔なものだ。川の向こう岸に死体が一杯あってもこちらの岸の水を飲まないといけないようなもんだ」と言い、母は学生勤労奉仕?で三重の工場に行かされて、対岸の名古屋が空襲で火の海になったのを見たことや、戦争末期には、生物の時間は「校庭で食べられる虫を探してこい」と言われてものすごく嫌だった話とか・・・ 
奈良で戦争末期に幼稚園児だった叔母はB29が頭上を大阪めがけて隊列組んで飛んでいくのを何度も見たと話していました。 奈良は空襲に合わないだろうということで疎開児童がたくさんきていたらしいですが、お世話していた人が当時を思い出して「ほんとに可哀そうだった」とも言ってました。(食べ物がない。親と離される。親が空襲で死んでいるかもしれない、etc) 
さすがに私の世代になると進駐軍にガムを貰った、なんてことはありませんが、大阪の道頓堀の橋の上では傷痍軍人さんをたくさん見かけました。(夫は京都生まれなので四条の橋の上で見たらしいです)足をなくて松葉杖をついていたり、両腕が残っている人はアコーデオンを弾いたりしていました。足のない人はゴザに座ってました。子供心にどうやって家に帰らはんのかな、と心配してました。多分、東京オリンピックまでにはそんな光景もなくなってしまって、あの人たちはどこへ行ったんでしょうね。(偽物さんもいたらしい)
 私は天皇陵の多いところで育ったんですが、昭和30年代はまだ戦争を引きずっている人が結構いたのか、御陵さんの前で姿勢を正して深々とお辞儀をしていく男性をよく見かけました。
同じ年の友だちで進駐軍に接収されていた跡地の小学校に行ってた子の話ですが、どこにもつながっていない13階段が放置されていて、子供たちが「肝試し」と称して上まで行ってタッチしてくる遊びをしていたとか。
ほんとに怖かったと言ってましたが、まさか戦犯の処刑をそんなところではやってないはずですが、子供が「進駐軍」、「13階段」でそんなことを連想する時代だったんですね。
映画の感想にはなってませんが、色々思い出してしまいました。
オカピー
2019年08月09日 22:39
浅野佑都さん、こんにちは。

浅野さんの仰ったように素晴らしい作品でした。だからこそ、浅野さんの満足できるよう頭を絞りましたが、思ったように書けませんでした。
 良い作品の映画評は本当に思ったように書くのが難しいものです。

>本当の戦争はこんなに甘くない
最近新聞で何かの作品に学生が同じような批判をしたことについて、「東大生がそんなこと(作品は事実そのものを描くものではないこと)も解らないのか」とお怒りになった識者の記事がありましたよ。
 こういうことを仰る人は想像力の欠如を感じますね。セミ・ドキュメンタリーを求めるリアリズム派とリアルなCGによるファンタジーを求めるミーハーはどちらも想像力不足という共通性があると思います。持論です。
 悲惨を強く感じさせようとする映画で悲惨を感じるのはつまらない。マイルドな描写に想像力が刺激されて悲惨がぐっと強く感じられることは絶対あるでしょう。

>小姑や夫の両親にしても
小姑はヒロインの頭を禿げさせるほどきつい人であったとは描かれていますが、両親については優しい人々に描かれていますが、実際には色々あったと想像するのが適当でしょうね。

>僕の甲子園も、今年は終了のようです(笑)
群馬県は近年強豪県に入りますから、実力が出せれば3つくらいは勝てたと思いますが、投手がまっとうすぎる投球をしましたね。四球が一つもなかったのが良し悪しでした。高橋光成のような投手はさすがになかなか出て来ない。

群馬県が負けた時は、東京・埼玉を応援します。続いてその他の関東勢。それもダメなら凄い選手のいる高校。今年は星稜高校が面白そうです。
オカピー
2019年08月09日 23:03
モカさん、味わい深いエッセイのようなコメント有難うございました。

>戦争経験者たちは多くを語りませんでした
そうですね。
母親は奉公先の東京で空襲に遭いました。その時の話をたまにした時に、焼夷弾などという事が出るとドキッとしたものです。映画の登場人物を通して聞くのと違う生々しさがありましたよ。

もっと色々と聞くべきでしたなあ。

父親は、空襲などには遭いそうも僻地に住んでいましたから、そういう恐ろしい目には遭ったことがないようで、聞いたことがあるのは、終戦の一日前に空襲に遭った高崎の方面が赤かったということくらいでした。

大正15年生まれの伯父は兵隊になりましたが、多分遠方に行く前に終戦したのでしょう。

父方の祖父は戦争で爆音により片耳を悪くしました。しかし、婿であったため、24(満22)で祖母が亡くなった後、家を出た為、細かい話は一切聞いたことはないです。学校から宿題にでもなれば聞いたのだけど、終戦からそれほど経っていない僕らの時代はそういう宿題はなかったですよね。
モカ
2019年08月11日 20:24
だらだらと書いてしまってお恥ずかしい次第です。
私ももっと聞いておけばよかったと後悔しています。

母にそんなに戦争が嫌だったのに何で皆で反対しなかったのか、と聞いたことがあるんですが(60年代の子供なので)、そんな事を口に出せる時代ではなかったとの事です。

隣組制度や愛国婦人会やら、相互監視社会で密告(政治的なことから闇物資の購入疑惑まで)も普通にあったようです。
学校教育の場は軍の統制下にあったから、女学校といえども軍国少女育成の場でナヨナヨなんぞしていたらぶっ飛ばされかねない雰囲気だったようです。

この程度の聞き覚えでも伝えていかないといけませんね。
オカピー
2019年08月12日 11:31
モカさん、こんにちは。

>そんな事を口に出せる時代ではなかったとの事
映画等で観たり読んだりする限り、そのようですね。
 余りそういうことを強調すると自虐史観などと言われますが、特段の政治的思想を持っていない一般の方々がこぞってそう仰るのだから、自虐と逃げるのは歴史修正ですね。

>愛国婦人会
ネトウヨを支持する(と言うかご本人がネトウヨか)婦人たちは、まるで愛国婦人会のようだ、と仰る識者もいます。

>密告
全体主義国家ではどうしてもそうなる。現在では北朝鮮、かつてのソ連・東欧諸国。
 こういう国家に再びしてはいけないですね。さすがに一応民主主義的な社会を知った国がそこまで逆行するとは思いませんが、愛知ビエンナーレの事件などを見ると、やや後退気味。