映画評「焼肉ドラゴン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・鄭義信 ネタバレあり 「月はどっちに出ている」「愛を乞う人」「血と骨」で三度キネマ旬報脚本賞を獲っている鄭義信の初監督作品である。原作は彼自身の戯曲で、勿論脚色も担当している。 空港近くの朝鮮人コミュニティー(大阪空港横の伊丹市中村がモデル)が舞台で、大阪万博一年前…
コメント:0

続きを読むread more