映画評「キートン将軍」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1926年アメリカ映画 監督バスター・キートン、クライド・ブラックマン
ネタバレあり

Allcinemaにおける本作の上映時間は106分だが、75分が正式であると思う。サイレント映画の上映時間は実際より長く表記されることが多い。アルフレッド・ヒッチコックの作品でもそういう現象が見られる。サイレント時代は現在より遅い回転数で映写機が動いていて、その記録が採用されているのではないかと僕は想像する。

それはさておき、ブログ開始当初バスター・キートンの短編映画を幾つか紹介したが、長編映画は一本もしていない。そこで本作。

本作はキートンの代表的作品で、公開当時は酷評されて観客の動員数も芳しくなかった。しかし、1970年頃の映画評論家が選ぶ映画史上の傑作20選に入っていたし、新作映画が強いIMDbでも現在ベスト200に入るなど、映画通の多くが認める傑作というのが現在の定評である。

南北戦争中にあった実話からひねり出したお話で、鉄道の車掌という身分の為に南軍に入隊できず愛する女性マリオン・マックに嫌われてがっかりのキートンが、北軍の作戦により奪われたこれまた愛する機関車“将軍号”を奪還しようと、トロッコや自転車で追いかけた後、次に協力する兵士を乗せた筈の機関車を使って結果的に一人で追いかける。

それまでも十分楽しめる内容であるが、ここからが断然面白い。何気なくこなしているので特に若い人は見落としがちながら、この間彼は実際に走行している機関車の上を終始走りまくるのである。半世紀前のジャッキー・チェンであった彼はスタントマンは使わない。この時代のコメディアンは彼は限らず大概そうなのだ。アクションは全体の流れを見せる為にカットを刻まず、しかもロング(引き)で撮るから誤魔化しが利かない。本当の本物だ。

機関車だから燃料用に丸太が必要で、色々と丸太を活用しているのが面白く、僕が一番気に入ったのは逃げる北軍が妨害の為に線路に投げ捨てた丸太を機関車から一早く下りて拾ってエプロン部分に乗ると、目の前に迫ったもう一本の丸太を丸太で排除するという場面。余りの素早さとタイミングの絶妙さにゴキゲンになってしまう。大砲をめぐるドタバタも可笑しい。

機関車に一人乗っている間は燃料をくべ、障害物をどかし、時にはポイントを切り替えるという八面六臂の大活躍。涙が出て来るような、しかし実際には転げまわる程おかしい奮闘ぶり。

さて後半。敵軍の列車が止まる。彼も降りてとある一軒家に忍びこんでいるとそこへ、偶然乗り込んでいたマリオンを拉致した北軍の将軍たちが入ってきて作戦会議。キートン氏、マリオンを奪還すると共に急ぎ戻って南軍幹部にこれを伝えることになる。今度は北軍から逃げる立場として、マリオンと協力して妨害工作をする。

ヒロインが助けられるだけの女性でなくなかなか逞しく、キートンが意外に乱暴に彼女を扱う辺りもレディ・ファーストに反する行為でなかなか興味深い。終盤は一連の列車場面が終り、川を挟んでの北軍対南軍の激しい戦い。ここではキートンのやることなすことが結果オーライ的に自軍に奏功して勝利をもたらすというお笑い。それ自体は笑劇として定石的な扱いながら、次々と繰り出すスピーディーな見せ方で飽きさせない。

今回が3回目の鑑賞だが、やはり面白い。食わず嫌いでキートンを観ていない人には是非一度観て貰いたい。

レディ・ファーストというのは、女性を尊重する精神の表れではない。本来は夫の影を踏むなという儒教精神と同じ発想であり、開拓時代のそれは男性優位社会に満足した男性の“上から目線”の態度なのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モカ
2019年07月09日 22:48
私、若いころは「チャプリン」が食わず嫌いでした。
なんだかお涙頂戴でウェットなところが新派演劇的に見えて、キートンのほうがドライでかっこいいと思ってました。
上目遣いチャプリンより無表情のキートン派。
後日、キートンが笑わないのは幼少期の生育歴によると聞きました。舞台芸人だった親の舞台で放り投げられたり、色々痛い思いをしてもがまんして表情に出さなかったらしい、とか知ってしまうと、何とも、何とも・・・痛々しい。
今は両方とも好きです。
この映画も面白かったけど、家がグルグル回ったり、倒れてきたりする家ネタの短編も記憶に残ってます。信じられないアクションやってますよね。 骨折は日常茶飯事だったとか。
図書館に結構あるので、また借りてみます。
オカピー
2019年07月10日 21:00
モカさん、こんにちは。

1970年代にチャップリンとキートンの代表作が次々とリバイバル公開された時にも、“チャップリンは古びるけど、キートンは古びない”という意見が多くありました。恐らくモカさんの仰るウェットで人情的な部分が、彼らをして、そう言わせたのだろうと思います。
意見の趣旨はよく分ったものの、彼らにはチャップリンが体制であり、その体制的な感じに反発しているのではないかと感じ、その思潮には乗らんと踏ん張りましたよ(笑)
個人的には僕はどちらも好きでした。確かにキートンがニコリともしないのは可笑しかったですが、その背景を知ると悲しいものがありますね。

>家ネタの短編
「キートンの文化生活一週間」ですね。あれは傑作で、本ブログでも取り上げています。
モカ
2019年07月11日 13:48
チャプリンとキートンがそのように比較されていたとは知りませんでした。
初期のチャプリンやキートンの映像の動きが速いのは、わざとやってるんですか? 友人とチャプリンを観ていたとき、その話になって、
私は技術的な問題かと思っていたんですが、友人は元の速さの映像で観てもダラダラしていて面白くないから速くしてあるんじゃないか、と言ってましたが。
「ショコラ 君がいて、僕がいる」はご覧になりましたか?
チャプリンを彷彿とさせる役者さんだなぁ、と思って観ていたら
実の娘の息子、お孫さんでした。 血は争えませんね。
オカピー
2019年07月11日 22:13
モカさん、こんにちは。

>初期のチャプリンやキートンの映像の動きが速い
1910年頃まではカメラを手で回していたのでスピードがそこそこいい加減だったわけですが、彼らがデビューした頃は機械化されていたはず。
当時は18コマ/秒でしたので、現在の24コマ/秒の映写機で映写すると全編速くなってしまいます(技術上の問題で、古い映画を現在映写する場合は18コマの映写機を使うのでしょう)が、モカさんが仰っているケースはそうではなく、一部ですよね? その場合は通常に撮影したものからコマを幾つか抜いているのです。所謂コマ落とし。18コマから3コマ抜けば約17%、4コマ抜けば約22%速く見える計算です。

その目的はコメディーの場合、可笑し味を狙ったものです。
昔―のカー・アクションでもよく使われていました。現在の僕らが見ると、動きがぎくしゃくしますけどね。


>「ショコラ 君がいて、僕がいる」はご覧になりましたか?
>実の娘の息子、お孫さんでした。 血は争えませんね。

まだ観ておりません。
欧州映画ですから、消極的に構えていると観られないかもしれませんが、WOWOWに出てきたら間違いなく観ます。楽しみになりました。
モカ
2019年07月12日 14:02
丁寧に解説していただいてありがとうございます。
モダンタイムスのベルトコンベアーのシーンとかだと、狙った早回しだとわかるんですが。ドタバタコントのシーンのバックにエスカレーターが映ったら通常の2倍速くらいで動いてて、えっ?何これ? 
となったわけです。
そういえば、第一次世界大戦の頃のニュース映像とかでも人はぎこちなくセカセカ歩いてますよね。私、昔の人は歩き方が現代人と違うんだ~と、割と最近まで思ってました。馬鹿ですね!
オカピー
2019年07月12日 18:12
モカさん、こんにちは。

>通常の2倍速くらいで動いてて

それはコマを半分抜いているのですね。
そこまで速いとなると、笑い狙いであることが明らか。


>第一次世界大戦の頃のニュース映像
>昔の人は歩き方が現代人と違うんだ~と

そんなことはあるまいて(笑)
これが、昨日言ったコマ数の違いですね。
用心棒
2019年07月13日 22:53
こんばんは!

定年退職を迎えてからの楽しみとして、チャップリン、キートン、アーバックルらの短編を集めていますが、なんだか定年はいつの間にか65歳になり、かなりの確率で70歳までなりそうなので、いつになったらゆっくりと見られるのやらという感じですwww

ぼくはこれのタイトルを『キートンの大列車強盗』として覚えていましたが、『キートン将軍』『キートンの大列車追跡』もありますね。

画面の使い方が興味深く、救出に向かうときの方向と帰還するときの方向が反対向きになっているのは理にかなっていますし、芝居のルールを順守しています。構成その他も名作と呼ばれるにふさわしい編集で、古典的傑作ですね!

話は変わりますが、いつの間にか、テーマ物記事の項目が投稿数が多い順に変更されていますね。結果オーライですが、運営の応対は行き当たりばったりのドタバタ感が何とも言えませんwww

ではまた!
オカピー
2019年07月14日 17:17
用心棒さん、こんにちは。

>定年
65歳まで最低でも働いてもらって年金への出費を少しでも減らしたいのが政府の本音でしょうが、70歳まで働きたい人はさすがに限られるのでは?
資力に余裕があるならば、さっさと辞めれば良いと思いますよ。60歳以降は雇うと言っても給金は下がるでしょうし。

>タイトル
1974年くらいにリバイバルされた時は『キートンの大列車追跡』だったと思いますが、僕はその前に『キートン将軍』として記憶していました。『キートンの大列車強盗』は内容に合っていない気がします。

>救出に向かうときの方向と帰還するときの方向
全く別のシーンであるからイマジナリー・ラインといった問題にはならないでしょうが、解りやすさを考えると反対であるべきですよね。

>テーマ物記事の項目が投稿数が多い順に変更
言われて気付きました。昨日変わったのかな。