映画評「海と毒薬」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1986年日本映画 監督・熊井啓 ネタバレあり およそ30年ぶりの再鑑賞。遠藤周作の原作はそれより10年くらい前に読んでいた。原作は戦中に起きた九州大学生体解剖事件に取材しているが、人物配置はフィクショナル。テーマは人間の“罪と罰”である。 1945年の九州。大学の医学部長の地位を巡って第…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more